話題のCBDは実は有害ってホント?逮捕の危険性は本当に無いの?

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月2日
  • CBD
  • 141view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは世界中でも注目を浴びていますが、今では日本でもCBD製品の市場は拡大する一方です。大麻由来のCBD製品ということで、依存性や毒性などを心配する方も多いと思います。CBDオイルの有効性と注意すべき点について説明します。CBDの副作用や効能も解説します。

CBDオイルの作用は?



・依存性の暖和

・高血圧の暖和
・抗炎症作用
・食欲改善
・関節痛
・不眠症
・不安の暖和
・中毒の暖和
・緊張の暖和

なのど作用があります。CBDは大麻草から抽出される大麻空の一種の成分でカンナビノイドと呼ばれます。CBDオイルは植物から抽出されたCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルと混合した製品でCBDオイルは摂取することで、さまざまな効果をもたらします。

・疼痛や炎症の抑制
・不安の緩和
・精神的
・肉体的緊張の緩和
・睡眠の改善
・食欲の改善

などあります。これらは効果・効能のほんの一部で他にもたくさん効果はあります。

CBDは本当に安全なのか?

大麻の植物から抽出されるカンナビノイドはCBD以外に100種類以上が確認されており、現在研究が進んでいるのもCBDを含め数種類のみで、将来的には治療が難しい病気にも有効である可能性があります。

カンナビノイドにはTHCと呼ばれる向精神作用があり、[ハイ]にさせる種類もあり、THCが含まれる製品の使用は欧米な日本などでは大麻が解禁されていないのでこれらは違法となります。

なので、CBDの毒性や副作用についてはどうなのか説明します。

CBDは危険?副作用は?

CBDオイルには向精神作用はないので、逆に睡眠やリラックス効果、気分を落ち着かせるなど、質の高い改善が期待されます。なので、CBDによって興奮することは現在は報告されていません!

そしてCBDには有害な副作用もほとんどなく、個人差もありますが、副作用としてあるのは、下痢や口の乾きや、食欲の変化、強い眠気などがありますが、摂取しすぎたりしなければ、身体に被害を与えたり、強い副作用など被症例は報告されていません。

CBD依存性について

大麻の多くは”ハイ”になったり、依存性が心配もされていますが、大麻草などから抽出されCBDやCBDオイルには依存性はないのです。なのでCBDオイルには、毒性や副作用もなく、初心者の方でも安全に購入でき使用できます。

CBDは合法であり、副作用や危険性もほとんどないとアメリカの研究では明らかになっています。

過激な摂取には必ず注意が必要

元々肝臓の機能の異常を指摘されている方や、効果を感じないために摂取量を目安の何倍にも増量したい方などは要注意。病気の治療などでCBDやCBDオイルを多量に摂取した患者のうち、一部は肝臓の機能が悪化したことも報告されています。

そして、医療ではこのてんかんの治療には、一日に体重1kgあたり10〜20mgのCBDを摂取し、体重20kgの小児の体重で換算すると、200〜400mgのCBD摂取量となります。私たちが身近に購入できる市販のCBDオイルなどの一回の摂取量はおよそ10〜50mgですので、てんかん治療のCBDの摂取量は、それを大幅に超えていることがわかりますよね。

尚且つ、薬の飲み合わせも注意が必要になります。現在病院などで処方されている多くの薬剤の代謝・排泄に関わっているため、内服薬がある方は医師の指示の元でCBD製品を摂取するようにしてください。摂取する際は量をしっかり守り、摂取し、もし万が一身体に変化や悪化を感じた場合はすぐに使用を中止してかかりつけ医に見てもらいましょう。

CBD製品を買う際に知っておくべきこと

買う前に知っていただきたいことは、CBD製品は、多くの製品が安全とは言えない状態です。業者、製品メーカーによっては、THCなどが混入しているなどの報告もあり、CBD製品の輸入や販売には規制がありません。

そのため、よほど怪しいと判断されない限りは、第三者、厚生労働省や消費者庁による監査が入ることもないのです。もし、万が一購入した製品から、どんなに少量でもTHCが検出された場合、大麻取締法になる可能性はあります!

CBD製品は多種多様で選ぶ楽しみもアリ

そして、CBD製品にはリキッドやオイル、エディブル、ジェル、クリーム、ビューティー用品など幅広い製品があり、同じオイルでもカプセルと液体では法律上別に分類されることも…。なので、このように食品や医薬部外品、化粧品など製品が変われば表示法も変わりますよね?現在は悪質な製品も市場に出回っているため、実際の成分と表示が合っているかどうか見極めが困難になっています。

最後に、世界中で注目されているCBD製品は決して安い物でもないため、なるべくコストを抑えたいと考えることはあると思います。しかし、価格の安い製品にはそれなりに危険もあり、そういった製品はコストが抑えられるということ、第三者の検査機関を通していないなど、安全を証明するためのプロセスを飛ばしている可能性が高まります!

なので、第三者機関による検査が行われていないものはCBDの含有量などが明記されていない製品になるので必ず購入などは避けるようにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]