海外で大人気のCBDオイル【効果・効能・使い方】を初心者にもわかりやすく解説

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 90view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

世界中で注目されているCBDオイルはみなさんご存知でしょうか?そもそもCBDは違法ではないか?など、さまざまな有用性が期待できるといわれているがどんな時に使用するのかなど疑問がたくさん。今回はCBDの効果や効能、使用方法をご紹介していきます。

CBDオイルとは?

CBDとは、植物の麻(ヘンプ)から採取される、カンナビジオールという物質のことで、ヘンプは、ヘンプシードなどの食用やコスメなどにも使われているが、必須脂肪酸が多く含まれており、ヘンプオイルは、スーパーフードとしても人気で使用しています。

医療用大麻の合法成分としてもアメリカから中心に世界的注目を集め研究が進んでいるのです。

日本でも合法?本当に違法ではない?

CBDの安全性と有効性について、世界保健機関(WHO)も認められており、日本では大麻取締法により成熟した麻の茎や種子由来のCBDであれば合法で、販売されているCBD商品は厚生労働省麻薬取締部や税関などの関係各所から正式に許可を得た商品のみを流通しているので、安心して使用できます。

日本ではCBDは合法です。ご安心ください。

CBDの効果と効能は?

THC (人に高揚感を与える成分)を含む大麻とは違い、CBDには精神活性作用はない。CBDを使用している人々がどんな状態かもさまざまで、CBDを摂取される量や濃度によっても異なります。

効果が期待されているのは主にリラックスなどの不安や心配を取り除くことや、ストレス不眠などの効果を期待できると世界中で注目されています。

CBDの種類

CBDには3種類あり、日本で流通しているのは、ブロードフルスペクトラムとアイソレートです。アイソレートにブロードフルスペクトラムを混ぜて作られた製品もあります。

CBDを生成する上での酒類をご紹介していきます。

フルスペクトラム

効果が非常に感じやすく麻特有の味や風味がある。THCが0.3%以下含まれているので日本で違法な成分であるTHCが含まれているため日本では入手できなくなっています。

ブロードフルスペクトラム

効果を体感しやすく麻特有の味や風味が若干ある。こちらはTHCが検出限界以下のため日本では合法なので、優先的に効果を出したい人におすすめ。

アイソレート

効果を実感しにくいが味や風味がなく無味無臭。国内産のものはアイソレートが多い。THCが検出限界以下のため日本では合法。ドーピングチェックのあるアスリートなど検出限界以下ではあるがTHCが心配な人向け。

CBDの商品はバリエーションも豊富で吸収率や体内に留まる時間や取り入れやすさに違いがあり大きく以下のカテゴリーに分けられている。

オイルタイプ

効果を優先するならば吸収率に優れているオイルタイプ。取り入れやすさは劣るので、習慣化しにくいという声もあるが、素早く体に吸収されエネルギーとして働くことが知られているので体の内側をケアしたい人向け。

カプセルタイプ

オイルに比べて吸収率は劣るが、取り入れやすさには優れている。

アメ・ガム・グミタイプ

バランスが良い。毎日続けることができ、味もの変化もあり初めての方でもおすすめ。

ヘアケアやスキンケアタイプ

毎日使うスキンケアやヘアケアはお手軽に使用できるので、習慣化しやすいです。吸収率は低いが、バームなどはピンポイントで気になる箇所へアプローチでにるので、お肌の悩みなどを持った方にはおすすめです。

CBDの選び方について

上記のようにCBD商品は数が多いため、購入する場合に悩む人も多いでしょう。そんなあなたにCBDの選び方のコツやポイントをお届けします。

まず気にするポイントですが…

⑴ 企業を知る

・第三者検査機関よる審査を通っているかどうか
CBDメーカーはTHCや農薬の有無を確認するために、第三者機関で成分分析を行っているので審査を通っている会社なら安心して取り入れられる。後は販売先を見る。大手セレクトショップや百貨店などのCBDアイテムは厚生労働省麻薬取締部などの関係各所から正式に許可を得た商品のみなので、安心して使用できる。

⑵初めての方はオイルタイプから使用

1番早く効果を実感したいのならオイルタイプ!吸収率が高い為、エネルギーが体に吸収されるのも早いので初心者でも使いやすいのでおすすめ。

CBDオイル使用方法


CBDオイルはいくつかの摂取方法があるのをご存知ですか?数分から数時間かかるとも言われており、とくに舌下摂取はもっとも効果が実感しやすいとも言われてます。飲み込んだ後はお水など飲料を使用するのはOKです。

舌下摂取

舌の下で1分間間置いとくことで、口腔の毛細血管から直接血流に流れ取り込まれます。もっとも即効性がある方法で効果は実感しやすくなっています。30分から1時間以内に効果を感じる方が多く2から4時間継続。

経口摂取

こちらは口の中ですぐ飲み込む方法になり、効果が出るのは舌下摂取とは違い、約1時間以上かかりますが、肝臓で代謝されるために低濃度で効果は長時間で吸収率も上がり4から6時間継続。

経皮吸収

体の皮膚に塗り吸収する方法になり、効果を感じるのには、2時間ほどかかる。効果は4から6時間に継続。

CBDを摂取するタイミングと量

CBDオイルは多すぎるとダメなので、初めは1.2滴を使用。個人差もあるため、効果に満足できない場合は量を増やす、減らすなど、日々変えてみて一日一日、自分自身の1番いい量を調整するのがいいでしょう。そうすることで体の変化も確実にあらわれます。

次にタイミングについてですが、目的や日々の生活により人それぞれですが、基本的に朝昼夜の3回か昼夜の2回がいいタイミングと言えるでしょう。ですが、摂取で眠気が起こる場合には、車の運転は必ず控えて下さい。

CBDオイルの摂取量やタイミングは自分自身体の調子が良くなるよう日々向き合って摂取していくことが、CBDと付き合いだと思ってます。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]