CBDグミは睡眠障害や不眠に効果あり?薬とは何が違うのかを解説します

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 63view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは睡眠障害や不眠をなくす?薬とは何が違う?世界中では多くの人が悩む不眠症や睡眠障害の病気ですが、CBDは睡眠に対する効果があります。睡眠薬を服用する時との睡眠の違い、睡眠の質を上げるメカニズム、摂取方などをご紹介していきます。

CBDで睡眠の質をあげる方法

みなさんは布団に入ってから中々眠れない時間を経験したことわはあるのではないでしょうか?アメリカと比べると日本人の睡眠時間は平均で7時間程とされています。世界ではワースト1位とも検査結果ででています。睡眠のメカニズムを高めることで高血圧、糖尿病、など生活習慣病の予防も高めるのです。

みなさんはご存知ですか?日本では五人に一人が睡眠障害とも言われているのです。たくさんの人が抱える睡眠障害に対してアプローチしてくれると言われ、日本でも注目を集めているのがCBD製品なのです。

睡眠障害、睡眠症などの原因とは?

日本でも5人に1が抱えているとも言われる睡眠障害は普段の生活や社会生活にも支障が出てしまう障害の一つとも言えますよね。原因は睡眠に問題がおこることによって、睡眠障害になってしまいます。症状、原因によっても種類もありますが、多くの人が抱えているのが、不眠症です。

不眠症としては、

・夜中々寝つけない
・睡眠時間が短い
・眠りが浅い
・日中の眠気や注意力散漫

これらは原因がさまざまで異なり

◉日頃からストレスを感じる
◉うつなどの精神疾患
◉生活リズムのみだれ
◉環境変化
◉薬やアルコールの副作用
◉アレルギー、糖尿病などの病気
◉発達障害

このような不眠症の原因はみなさんの日常生活に関わっており睡眠時間の不足は重篤な病気や老化を促進する場合もあるので、不眠症を放っておくというのは危険なことでもあります。

病院に通う不眠症、睡眠障害に悩まされている人は治療も原因もさまざまですが、多くの人は睡眠導入剤で睡眠導入剤はは脳の神経細胞の興奮を抑えることで精神を安定され、脳が眠りやすい状態を作ります。

ですが、良いことだけではなく、睡眠導入剤にももちろん副作用もあります。眠気が残い、頭痛やふらつき、睡魔導入剤がないと眠れなくなり依存症になる原因になったりすることもあります。

睡眠の質を上げるメリットとは?

睡眠の質を上げるメリットとしては、身体の疲労回復、免疫力の向上、ホルモンの促進、精神安定など、メリットはたくさん!睡眠の症状が改善されるのは嬉しいですよね。

睡眠の質を上げるには、普段から十分な睡眠時間をとること、太陽の光を浴びること、リラックスできる環境を作るなど必要になるので心がけるのがいいでしょう。そして今は世界中でも注目されている、CBD製品は睡眠の効果を上げる、睡眠障害を改善するとも言われています。

CBDオイルは不眠症、睡眠障害を暖和するのか?

CBD製品やCBDオイルは不眠症や睡眠障害が暖和するとも知られており、期待がされています。

アメリカでは精神医学・自然療法・鍼治療・ニューロフィードバック・ヨガの開業医の協力で不眠の症状を訴えた72人の人にCBD摂取を行いました。そして結果は、1ヶ月後の短い期間で不安症状は79%の人が、不眠症状は67%の人が改善したのです。

CBDのリラックス効果は睡眠にも大きく影響します。

CBDは不眠以外にも他の症状は改善するのか?

上記で説明の通り不眠の原因はさまざまですが、原因である関節リウマチや発達障害などの他の病気の症状として不眠・睡眠障害が起こることもあります。このような場合にもCBDが役立つ可能性もあり、CBDには、痛みやかゆみ、炎症を抑える、精神安定、などたくさんの効果改善がみられます。

痛みがあり眠りが浅い場合にもCBD製品を摂取することきより、暖和でき、精神もリラックスし、安心して眠れることもあります。このように、不眠・睡眠障害を引き起こすさまざまな病気や症状についても、CBDは効果が期待できるのです。

CBDを睡眠時に摂取するおすすめ方法!摂取する注意点

CBDは大麻草の一種とされていますが、マリファナと違って危ない製品ではありません。そして睡眠障害の薬は睡眠導入剤が多く、依存しやすくなる方もいます。なので、CBD製品は睡眠導入剤のようなリスクが少ないので、睡眠時にCBD製品を摂取したいと考える方は多いはずです。

睡眠時の摂取方法

まず大事なのは自分自身の症状に合わせる事です。睡眠時に身体をリラックスさせる効果を最大限に実感したい人は多いですよね!そんな方はCBDオイルを体内への吸収率が上がるのでバランスの面からCBDオイルを舌下摂取するのが一番良いです。その他には、不安、うつ、精神的症状からの不眠症の方には、舌下摂取の効果が実感されます。

また地肌の炎症や、湿疹、皮膚の痛み、かゆみ、などがあり睡眠障害が起きている方は、CBDバームやクリームなどを経口摂取するのがいいと言えるでしょう。CBDを経皮摂取と舌下摂取を組み合わせることで、痛みや痒みが減り最大限に良い効果が得られるかもしれませんね。

個人差もありますので、自分自身の目的に合わせてCBD摂取をするのがいいです。CBDオイルを使用し、睡眠する方は30分前に摂取するのがおすすめです。効果が出るまでに15分〜1時間ほどです。

睡眠導入剤を利用する方はかかりつけ病院に

睡眠導入剤を使用されてる方はCBD製品と相互作用を起こし副作用が高まり危険な状況になることもあります。そのため、かかりつけ医師に相談し、CBD製品を摂取する事をお願いします。身体になんらかの症状や副作用が出た場合はすぐ使用はやめましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]