CBDオイルの感想や口コミを用途別に紹介!気になる副作用も説明

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 76view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDについての疑問やCBDには一体どういう効果があるのか、そして安全性は大丈夫なのかや、使用する上で様々な疑問があると思います。本記事では、CBDやCBDオイルの効果的な使用方法や副作用の可能性、そして世界中のCBD愛用者の口コミについて紹介していきます。

CBDやCBDオイルとは?どのような効果がある?

CBDとは、カンナビノイドという大麻草などで生成されている成分の一種であり、CBDオイルは大麻草などの植物から抽出されたCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルで混ぜ合わせた製品になります。

そのCBDやCBDオイルを摂取することで、体内にあるエンドカンナビノイドシステム(ECS)と言われる成分が、体全身に存在しているCB1やCB2と呼ばれるカンナビノイド受容体に作用し体内の様々な機能を整え体によい効果をもたらします。

その他にもCBDやCBDオイルの効果はかなり幅広く、活性酸素を取り除く抗酸化作用が、臓器や神経を保護してくれたり、ストレスや精神的な緊張の緩和、睡眠障害の改善、疼痛や炎症の軽減など、日常的な心身のケアなどの効果をもたらしてくれます。また日常的な心身のケア以外にもてんかんなどの難病の治療にも使用されています。

CBDやCBDオイルは安全?副作用はない?

現段階ではCBDやCBDオイルは、大麻草などに含まれる成分ではありますが、使用するとハイになるTHCとは異なり、精神を興奮させる作用や中毒性を引き起こすことはないとされ2018年にWHOによっても安全な成分であると公表されています。

そして副作用についてですが、懸念される副作用は軽度で実際に報告されている症状としては、下痢や食欲の増加、強い眠気、口渇、吐き気が挙げられます。ドラッグストアなどで、販売されているサプリメントとも一日に数十ミリグラムまでを摂取する限り、深刻な副作用はほとんど心配する必要はないでしょう。

しかしCBDオイルでも、難治性のてんかん治療に使用されているEpidiolex(エピディオレックス)に関しては、CBDの摂取量と副作用が現れる割合は比例するというデータがあり、500人に1人程度と割合は少ないですが、自殺することを考えたり実際に行動に起こしたりするなど、精神面への影響も強いとされています。

CBDの副作用は無いと言っても過言では無い

ですがその観察された副作用は治療の最初の4週間以内に消失していると報告されています。

また大量のCBDやCBDオイルの摂取は肝臓に負担を与える恐れがあることや、CBDは他の薬剤の作用を強める事があり、現在服用している薬にグレープフルーツやグレープフルーツジュースとの併用を警告している薬がある場合は、その薬がCBDによって分解・解毒を阻害されてしまう可能性があるため、CBDの使用を避けましょう。

安全性が高いとされているCBDやCBDオイルですが、現時点でも研究が続けられている段階です。その為、CBDやCBDオイルの過剰摂取には気をつけるようにしましょう。

CBDオイルの感想や口コミを用途別に紹介します!

ここからは海外のCBDユーザーの実際のレビューや使用してみた感想についていくつか紹介していきます。

睡眠障害の改善

40年間入眠障害を抱え悩んでいた男性の感想:これまで様々な睡眠薬を試しましたが、効果もなく何も改善されませんでした。しかしCBDオイルを服用したところ、CBDオイルだけが睡眠に効果があり現在は2〜3日に一度CBDオイルを睡眠前に摂取しています。

また不安のためから睡眠障害を抱えており、仕事に集中することが出来なかったところ、CBDグミを摂取し始め快適に睡眠が取れ不安もだいぶコントロールできるようになりました。

CBDオイルやCBDグミを摂取し、一年ほど経過しましたが特に副作用は起こっていません。ですが必要以上に摂取した翌朝は、少しふらふらするする感じはあるので摂取量の調整をするようにしています。

リラックスさせる/不安を軽減する

普段から怒りっぽかった男性の感想:CBDオイルを摂取し始めるようになり自身では怒りの感情が70%ほど減ったと体感しています。家族からもCBDオイルを摂取し始めたころから、怒りぽっさがなくなり態度が柔らかくなったと言われるようになりました。

疼痛や炎症の改善

ここでは疼痛や炎症の改善の実例について紹介します。

頭痛の頻度が週に2〜3回と長年偏頭痛に悩んでいた男性が、CBDオイルを使用し始めたところ時たま頭痛はあるものの、頭痛の頻度が月に2〜3回まで改善されたことや、多発性硬化症に患っていた男性が、CBDオイルを使用し始めたところ処方薬であるNSAIDs(鎮痛剤)の必要がなくなったという実例があります。

また肩関節置換手術を予定していた患者が市販のCBDオイルを摂取したところ、痛みが改善されるようになり、日常生活での支障がなくなったことから整形外科医と「痛みのコントロールが出来ている限り手術を延期する」という同意のもと手術をキャンセルしたという逸話もあります。

口コミ高評価で大人気のカレンCBDオイル

様々なCBD製品がある中、どのCBD製品にしたら良いか悩んでいる方も多いはずでしょう。ここからは、口コミで高評価の話題沸騰中のブランドであるカレンCBDオイルについてご紹介します。

・CBDが高濃度配合
・子どもが利用しても安心の国内製造
・リピート率が高く安定した品質を維持

カレンCBDオイルは濃度が高く、安全性も高いのでおすすめしています。

CBDオイルの効き目が実感できない時の原因と対処法

CBDやCBDオイルの効果の現れ方は、使用する人によって異なり目安よりも少ない量で十分効果を感じる人もいれば、中にはそれより多くの量が必要な方もいます。

またCBDやCBDオイルは摂取してすぐに効果がわかる人もいれば、2〜3日もしくは数週間続使用することでCBDやCBDオイルの効果を感じる人もいます。ですので、初めてCBDやCBDオイルを使用する場合は、容器に記載されている目安の摂取量かそれよりも少ない量から開始した方が良いでしょう。

そしてしばらく使用し続けても効果を感じない場合は、摂取量を少しずつ増量すると効果が現れる可能性が出てきます。しかし注意として急に目安の何倍もの量を摂取しないようにしましょう。CBDやCBDオイルの副作用には、眠気が出てくるので仕事などで機械の操作や車の運転をする場合は危険です。

CBDの含有量が少なくありませんか?

また製品のタイプや摂取方法によっては、CBDの吸収率や効果が現れるまでの時間が異なってきます。例として、カプセルを経口摂取している場合は、CBDの吸収が速くなり、そして吸入法を吸収率の高い方法に変更するとCBDの効果が現れるまでの時間が早くなります。

その他でCBDオイルの効き目が感じにくい原因は、製品に含まれるCBDの含有量自体が少ないことが挙げられるでしょう。CBDやCBDオイルの含有量の表記には、mlやmg、%そして5〜10滴と様々で、実際に摂取するCBDの量が分かりづらくなっています。

また場合によっては、そもそもCBDが含まれていない物もあります。その為、CBD製品は全体のCBD含有量(mg)や一回分の摂取量を確認することをお勧めします。

例えば、500mg/30mlの製品と1000mg/100mlの製品を比較すると、オイル1mlあたりに含まれるCBDの量が前者では16〜17mg、後者では10mgとなります。ですので効果を感じない場合は、濃度の高い製品を選ぶと効果がでるまでの時間が短縮されるでしょう。これまでCBDやCBDオイルの効果の現れ方や対処法について紹介しましたが、CBDの濃度が不明な製品や、第三機関による検査が行われているか不確かな商品は避けた方がよいでしょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]