CBDオイルは何がおすすめ?選び方から効果や使い方までCBDのプロが伝授します

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 61view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

突然ですがみなさんCBDをご存知ですか?CBDオイルは大麻草から抽出された成分の一種で、カンナビジオールが配合されています。年々日本にも注目が集まっていて、CBDオイルはリフレッシュ効果などたくさんの働きがあります。

しかし、CBDオイルの働き方や選び方も知らない人もいます。なので、詳しく紹介していきたいと思います。

CBDとはリラックス効果がある大麻由来の合法成分

CBDとは大麻草の茎や種子から抽出される一種で、リフレッシュ効果もあるとし、CBD製品では注目されているCBDオイル!大麻って違法では?と思う方も多いですが!CBDオイルは日本においても合法成分なのです。

そして大麻草には100種類の成分が含まれていて、主な成分にはテトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)があげられます。テトラヒドロカンナビノールは中毒性があると言われる違法薬物の成分になり、日本では禁止されています。一方カンナビジオールは合法成分で、リラックス、リフレッシュ効果があるとされています。

なのでCBDオイルは日本では、違法薬物ではなく自然成分が使用できるので合法なのです。

CBDの種類

◉フルスペクトラム(違法)
特徴→ THCなど大麻成分すべてを抽出したCBD。日本で流通はしていない。

◉ ブロードスペクトラム(合法)
特徴→ フルスペクトラムからTHCのみを取り除いたCBD。大麻特有の味や風味が感じる。CBD以外の他カンナビノイド成分とのアントラージュによる複合作用。

◉アイソレート(合法)
特徴→ 純度99%のCBD成分。大麻特有の味や風味は少ない。

上記の通り、THCは違法成分になり、日本では厚生労働省、大麻取締部からカンナビジオールは合法であると認められています。ですが気をつけないといけないのは、海外から輸入されたCBDオイルにはTHCが配合された製品もあります。間違えると違法になるので必ずTHCフリーと記入された製品を選びましょう。

CBDの気になる依存性や副作用は?

研究の結果、大麻として依存性はないです。CBDはTHCのように薬物作用はないので、安全に初心者の方でもお使いになれます。

注意点→副作用が全くない訳ではありません。個人差もありますが、眠気や軽い頭痛が起こる事はありますので、運転前などに使用はお控えくだはい。

CBDオイルやグミや飲み物等どのタイプを選べばいい?

CBDは摂取方法がたくさんあり、どのタイプを選べばいいかわからないですよね。CBDの摂取方法として、(舌下)(吸引)(飲む)(食べる)などの方法があります。

なので自分自身の好きな摂取に合わせることができます。CBDの摂取には、主に以下の方法があります

◉CBDオイル
摂取方法→ 経口摂取。舌の下にたらして飲む方法もあり。

◉CBDグミ・ガム・ドリンク
摂取方法→ 経口摂取。CBDオイルをドリンクに入れて飲んで摂取したり、お菓子のように食べて摂取可能

◉ CBDリキッド・ワックス
摂取方法→ 電子タバコ(ベイプ)により吸引

◉CBDクリーム・バーム・化粧品
摂取方法→ 経皮摂取。皮膚から直接吸収する

これらの摂取方があり、中でも難しいのがCBDリキッドタイプで、電子タバコになっていて吸収率が早いですが、これらは喫煙者が向いてるでしょう。喫煙経験がない方は、CBDグミ・ガム・ドリンクなど経口摂取が簡単に始められ初めての方でもおすすめの製品です。

◆CBDオイルの働きや効果は?

CBD製品による効果は主に、リラックスやリフレッシュ効果があります。薬物ではないため、スポーツ選手にも安心し競技する前などにリフレッシュできる効果も期待されていて、CBDを摂取する選手もいます。

CBDオイルには、リフレッシュサーポート、疲れている時のリラックスサポート、天然由来成分による、元気のサポートなど期待されています。リラックスの感じ方は人それぞれ違います。

CBDオイルはキャリアオイルで・ヘンプ・MCT・オリーブオイルが主に使われています。リフレッシュされたい方は、ヘンプシードオイルを使うのがいいでしょう。

CBDはオイルの種類でも違いが出る

よりリフレッシュし疲れのスッキリを感じたい方にぴったりなのはキャリアオイルです。爽快感やスッキリ感が欲しいならオリーブオイルがオススメ!口に入れた時の味もさっぱりしています。コストを抑え高濃度効果があり、消化や吸収が速いのがMCTオイルです。

CBDオイルを選ぶ時には、CBDとキャリアオイル以外の配合成分も確認しておきましょう!

CBDオイルには、天然の植物成分や、香り成分を配合しているタイプもあり、好みの配合成分を選ぶことで相乗効果により、より高いリラックスタイムを過ごせます。苦みが得意でない方、好みの味や香りでCBDオイルを楽しみたい方にはフレーバータイプがおすすめです。

ドリンクや料理に混ぜても、香りや味が合わない、という方は市販のカプセルに入れての摂取がいいでしょう。

CBDを肌に塗るバームタイプも流行の兆し

CBDオイルは肌に塗って経皮摂取もでき、ロールオンタイプもあり、こちらは吸収スピードが早いので、初心者の方でも使いやすく、気分転換、リフレッシュに使用したい方にはおすすめです。

それと、CBDオイルとヘンプシードオイルは別物になるので購入の際はよく確認してから購入しましょう。ヘンプシードオイルは麻の種子から作られる植物油で豊富な栄養素が含まれており、世界でもスーパーフードとして注目がされています。

ですが、ヘンプシードオイルは、リラックスをサポートするカンナビノイドは含まれていないので、ヘンプシードにはCBDオイルのような働きはや効果は期待できません。
購入時にはCBDの記載があるか確認してください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]