CBDオイルを摂取後に運転して平気?薬物検査には引っかからない?

  • 2022年9月4日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 63view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

CBDには有害な効果があることから世界中で多くの人が使用しています。CBD製品は大麻草の成分から作られているため、使用している人にとってCBD使用後に運転しても問題ないのか?

薬物検査で引っかからないのか?大きな関心事の一つです。CBDが運転に与える影響や日本や世界の規制ついて紹介していきます。

CBDとTHCの違いとは?

CBD
・日本では合法
・非精神活作用
・副作用は少ない
・うつ、不安
・リラックス作用
・不眠症
・中毒性、依存性なし

THC
・精神活作用
・副作用
・ハイにさせる作用
・食欲増加
・催眠
・中毒性、依存性あり

上記のようにCBDとTHCにはこういった作用の違いが現れます。

THC (テトラヒドロカンナビノール) とCBD (カンナビジオール) は大麻草等に含まれる成分の一種で、みなさんが良く聞くマリファナはTHCを多く含みハイにする作用があります。

研究によりCBDはTHCのように精神作用や依存性による作用はないと証明されています。

CBDもTHCも似た化合物だが、効果は異なります。CBDは有用な効果があり、また安全性が高いため日本を含む多くの国で使用が認められています。

ですがCBDの摂取後に眠気などを感じた人もいると思います。CBDの使用後に運転しても支障はないのでしょうか?

CBDやCBDオイルを摂取した後に運転しても平気?

CBDは大麻草の成分の一種で、使用している方にとってCBDを摂取した後に運転してもいいのか疑問ですよね?

CBDはTHCのように”ハイ”になるというような精神作用はなく、CBDを摂取した後でも運転することは可能です。ですがCBD製品には注意すべき点がいくつかあります。

THCとは異なりますが、CBDにはわずかの精神作用が存在します。また低血圧や下痢などといった副作用があり運転に支障が出る事もあると報告があります。

そして、精神作用は個人差もあり摂取量でも異なりますが、CBDの摂取量として少量であれば覚醒させる作用があるのに対し摂取量が多くなると脳に様々な影響を与えてしまうことが考えられるのです。

CBDには、セロトニン受容体を活性化させる効果があります。そうすることにより、不安を和らげますが眠気を誘うこともあります。

そしてCBDには、カンナビノイドの働きをかける物質であるアナンダミドやアジノシンの取り込みを抑える事で効果を持続し抗不安作用を表すのです。

CBDの副作用として血圧の低下や歩く時に目眩がしたり、立ちくらみ、下痢など症状が起こる人もいます。症状が強い場合は運転に注意が必要です。

CBD使用により運転に影響がでるような変化は副作用として必ずしもでるわけではありません。ですが摂取量を守り使用している方はCBDによって運転に支障がでるとは考えにくいです。

副作用が現れるかは個人差もあるので、あらかじめ最低限の摂取量を確認することをお勧めします。

また車を運転する前に、CBDの副作用が出ていないのか確認も大切です。もし運転に影響が出るような眠気や下痢、胃腸の痛みなどの作用を感じるのであれば運転するのはやめましょう。

日本でCBDやCBDオイルを摂取した後に運転するのは合法?海外では?

上記の説明でもありましたが、CBDはTHCのような精神作用はないため、CBDを摂取したあとの運転は日本を含め世界中の国で認められています。

しかしCBD製品の中には大麻草からごく僅かの量のTHCが入ってしまうことがあります。CBDとTHCはよく似た化合物なため完全に分離することは比較的難しいとされています。

ヨーロッパでは、CBDにTHCが0.2~0.6%の含有を認めており、イギリスの規制ではCBDオイルにTHCが0.2%未満であることが決められています。

またアメリカでは0.3%以下でしたら合法になります。なので、THCが僅かに混入されていたとしても摂取量を守っている限りTHCによる精神作用や依存性は低いのです。

日本ではTHCの規制が非常に厳しいので、CBD製品にTHCの成分が検出されないことが認められています。製造業者が輸出したCBD製品でも、実際に検査するとごく僅かのTHCが検出されることも事実です。

なので正しい量のCBDを摂取している限りTHCの影響は基本的ないので運転には支障はありません。

CBDやCBDオイルを摂取しても薬物検査には引っかからないのか?

CBDやCBDオイルは日本を含め使用を認められている国では違法薬物ではないため薬物検査の対象にはなりません。

ですがアメリカではTHCが含まれているCBD製品もあるので、摂取量を多く摂ることにより薬物検査に引っかかる恐れがあります。なので必ずTHCフリーのCBD製品を選ぶ事をお勧めします。

CBD製品の中にTHCが混ざっている物を摂取するとどの程度体内にTHCが入り、薬物検査に引っかかるとされているのでしょうか?

THCとCBDを20mg一緒に経口で摂ったとき1〜2時間後に血中濃度が最大の5〜8μg/Lになったという報告が現段階ではあります。

またTHCが0.2%混入しているCBDオイルは100mg当たりに0.2%含まれていると言うことになります。この量を摂取したTHCの最高血中濃度は0.05〜0.08μg/Lと目安にすることが可能です。

イギリスの結果によるとTHCの血中濃度は2μg/Lが限界としています。それを超えることにより、罰金、運転停止になることがあるのです。なのでTHCが0.2%入っているCBDオイルを100 mg摂っても支障はありません。

多くの国や地域では血中濃度に規制がありTHCが影響する運転は違法なので厳しく規制されているのです。もしCBD製品による正確な量を超え多量に摂取してしまうと薬物検査に引っかかることもあります。

時間の間隔を空けずに摂取することも薬物検査に引っかかってしまう可能性は十分にあるので一日の間でも間隔は必ず開けるようにし、使用量を守ることが大切です。

日本では、THCを含んだCBDは違法になるのでTHCが含まれていないTHCフリーと書かれている製品を選ぶことが安心に繋がります。またオレンジ由来のCBD製品はTHCが含まれていないので安全に使用できるでしょう。

⚠︎CBD製品にはTHCが含まれて危険性があること、運転の際は警察官に検査を行われる可能性があるということを心に留めておくといいでしょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]