CBD ヨガ

相性抜群? CBDやCBDオイルと瞑想やヨガを組み合わせるメリットとは?

CBD CBD ヨガ
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

みなさんもヨガの経験があるという方は多いのではないでしょうか?ヨガや瞑想の健康効果は有名で心身ともにリラックスできると言う点が人気の一つです。

CBDにもリラックス効果がありますが今回はCBDとヨガや瞑想の組み合わせについてご紹介します。

CBD CBDオイルとは?違法ではないの?

CBDとは大麻草から抽出されるカンナビノイドという有効成分の一種で、CBDオイルはキャリアオイルと呼ばれるオイルにCBDが混合し販売されている製品になります。

THC(テトラヒドロカンナビノール)にはハイになる作用もあり、日本では有害成分に着目して取り締りを行っていることで知られています。CBDは違法ではないのでしょうか?

日本で販売、製造されているCBD製品は、大麻草の茎や種子から抽出していてる成分なので、CBDは日本において違法ではありません。大麻取締法には大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除くとあります。

またTHCにはCBDとは違い依存性や精神活作用があり、健康に悪影響が及ぼすので厳しく取り締まりが行われています。CBDにはTHCの作用がなく、健康や美容など様々な効果が期待されています。

そして世界中で治療や病気にCBDを活用するために、様々な医学研究が行われています。既に海外ではCBD医薬品とし承認されたCBD製品もあります。ですが日本では今現在CBD医薬品はありません。

相乗効果?ヨガや瞑想とCBDの関係性とは?

ヨガの発祥はインダス文明から始まったとし、瞑想から始まる心身の精神力・能力・体力などを強くするとされています。

ヨガは運動の一種で、日本ではお馴染みだと思います。また医療行為とはみなされない補完療法のひとつとして、国内外では研究が進んでいます。今は世界的にも盛んなハタヨガというヨガが確立され、ポーズ・呼吸法・瞑想から成り、瞑想はヨガの構成要素のひとつとなっているのです。

CBDやCBDオイルの美容・健康作用

⭐︎身体          ★心
・さまざまな痛み     ・リラックス
・アンチエイジング    ・ストレス予防
・シミやシワ       ・集中力
・ニキビ         ・不安軽減
・高血圧の暖和      ・活力
・肩こり         ・安眠

ヨガは全身の運動にもなるため、腰痛の暖和や体力・柔軟性の向上効果があると報告されています。

またヨガや瞑想は、リラックス効果やストレス暖和の効果があり普段の生活も向上させるとも言われています。ヨガは健康な人にとって、ストレスによる心身の不調を改善し役立つことがあるとされており、ストレス性疾患の方にも補助療法とし効果が期待されています。

また研究では、国から補助を受けて行われたことで、ストレス関連疾患に対するヨガ利用ガイドが作成されているのです。なので世界中で、ヨガや瞑想には、うつ症状、不安、不眠などのストレスからくる症状の改善効果が期待されており人気になっています。

そして一方CBDは、アメリカで行われたアンケート調査で、リラックス効果やセロトニンの分泌、ストレス解消といった効果があると期待され、数多くの人がCBDの使用をして不安やうつ症状を改善したと結果が出ています。

ストレス解消やリラックス効果がヨガとCBDは非常に類似していることが分かります。またヨガや瞑想とCBD摂取は、親和性が高い事で相性が良く相乗効果が高く得られると考えられます。

ヨガや瞑想と組み合わせる際のおすすめのCBD摂取方法は?

ヨガや瞑想とCBDの相乗効果を効率よく得るためにはどのようなCBDの摂取方法が良いのでしょうか?

現在は様々なCBD製品が販売されております。CBDオイル、ベイプ、クリームなど種類も多く、摂取方法も舌下摂取、経口摂取、軽皮摂取、吸入摂取などがあります。

中でもヨガや瞑想と組み合わる際はCBDオイルの舌下摂取はおすすめです。

CBDオイル

摂取方法:舌下摂取
CBDの吸収率:13〜15%
効果が現れるまでの時間:15分〜1時間
効果持続時間:4〜8時間

舌の裏にCBDオイルを数滴垂らすと成分を吸収する方法で、成分が直接血流に乗って全身に渡り、消化や肝臓での代謝の影響を受けず、速やかにCBDの持つ効果が発揮されます。

では、その他の摂取方法ではどうなのでしょうか?

CBDカプセルやCBDグミ

摂取方法:軽口摂取
CBDの吸収率:6〜20%
効果が現れるまでの時間:30分〜2時間
効果の持続時間:カプセルは4〜6時間 (グミは最大12時間)

軽口摂取は舌下摂取と違い、消化管や肝臓を通り、臓器の影響を受けます。なので成分の吸収率が低く、血流に乗って全身き渡るCBDの量が舌下摂取に比べると少なくなります。

なのでヨガや瞑想の組み合わせには向かなく、効果が現れるまでに時間がかかり、十分に効果も感じることはないと言えます。

CBDバームやCBDクリーム

摂取方法:経皮摂取
CBDの吸収率:13〜50%
効果が現れるまでの時間:最大2時間
効果の持続時間:5時間以上

経皮摂取は肌にCBDクリームを直接塗る方法です。痛みを感じやすい部分にCBDを塗ることで、痛みを暖和する効果に繋がります。

ですが、経皮摂取は脳や中枢神経系への作用が得られないため、ストレス解消やリラックスについて相乗効果を期待する方はこちらの方法はおすすめではありません。

CBD VAPE

摂取方法:吸収摂取
CBDの吸収率:34〜56%
効果が現れるまでの時間:数秒〜10分
効果持続時間: 30分〜1時間

ベイプ(吸入摂取)は舌下摂取同様、効果が現れる時間が早いため、リラックスやストレス解消効果を得たい人におすすめです。ですが、ベイプは持続時間は短いのでマイナスポイントではあります。

以上のことから、CBDとヨガや瞑想を組み合わせる際は舌下摂取がお勧めです。CBDとヨガや瞑想の組み合わせを是非一度試してみてはいかがでしょうか。

いつCBDオイルを摂取すれば良い?

上記でヨガや瞑想と組み合わせる際にCBDの舌下摂取をおすすめしました。最も効果がある摂取のタイミングは、舌下摂取した場合の効果が出るまでの時間を必ず知っておくことが大切です。

CBDを舌下摂取ふると、15分〜1時間程で効果が感じ始めます。なので、1時間前にCBDオイルを摂取すると、ヨガや瞑想を行なっている間にCBDの効果が得られ、最大限に相乗効果が実感できると考えられます。またCBDの過剰摂取は副作用の原因にもなってしまう可能性もあるので、自分自身の摂取量を確認し組み合わせ使用することをお願いします。

そしてヨガや瞑想は周りの人と比べず、自分自身に集中することが大切なのでゆっくり始め、無理せず体も痛めない程度にしましょう。もし体調の変化や異変などがあった場合はすぐに使用をやめ医師に相談するようにしてください。

CBDやヨガや瞑想は私たちの健康や生活の質の向上に役立つと注目されており、性別や年齢に関わらず誰でも始めやすくなっているのも魅力の一つです。是非一度、リラックス効果やストレス解消のためCBDやヨガをチャレンジしてみてはいかがでしょうか。効果はきっと得られると思います。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]