CBD サウナ

CBDやCBDオイルとサウナはどちらが効果的?組み合わせは良い?

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

世界中では身体の健康目的としサウナとCBDは効果があると注目されています。健康効果としてどちらが効果的であり、そしてメカニズムの違いはあるのでしょうか?

またサウナとCBDを組み合わせて使用することが可能なのか?サウナやCBDを使用する際の注意点などを紹介していきます。

サウナにはどんな効果がある?

みなさんはサウナの効果を知っていますか?サウナには体温を上げたり、血行を良くするなど、様々な健康効果があると言われています。

主なサウナの健康効果

・痛みを軽減する
・酸化ストレスの減少
・心身の緊張をほぐす
・代謝向上
・老廃物を排出
・アンチエイジング

サウナには上記の健康効果があるとされています。

交感神経が活性化し、サウナ後に冷水に入ると脳からβ-エンドルフィンという快感を与える脳内ホルモンも放出します。β-エンドルフィンはマラソン選手のように長く距離を走った後にも分泌される物質です。

マラソンは身体に疲労感を与え敬遠されることが多いので、β-エンドルフィンの効果を実感したくてもその効果をマラソンから得るのは難しいです。

マラソンのように長距離を走る激しい運動をしなくてもβ-エンドルフィンを分泌できることから、ストレスを軽減することができると注目され、サウナブームが広がっています。

CBDはどんなもの?その効果とは?

CBDは健康目的、治療効果があるとし現在では世界中の人々から注目されています。

またCBDは大麻草などから抽出されるカンナビノイドの成分の一種で人を(ハイ)にさせるような精神活性作用はなく、逆に安全性が高い化合物として知られています。

ですが、大麻草の成分としてもう一つ気をつけるのがTHC(テトラヒドロカンナビノール)という化合物です。

THCはCBDと違い人を(ハイ)にさせたり陶酔させたりする作用があます。THCとCBDとは全く違う化合物になります。なので大麻草の精神活性作用はTHCによるものでCBDとは関係がありません。

CBDの効果とは?

CBDには今の研究結果からすると、健康・治療に効果がある可能性があるようです。研究は今でも進められていますが、これから先より詳しい研究結果が出ることが期待できるでしょう。

主なCBDの健康、治療効果とは

・てんかん
・ニキビ
・アルツハイマー型認知症
・筋肉疾患
・不安障害
・疼痛
・癌に関わる症状
・不眠症
・湿疹
・炎症

多くの人が上記の症状に対しCBDやCBDオイルを摂取すると症状の改善が期待できるとCBDオイルを使用する人が増えています。

CBDとサウナはどちらが健康に効果的?組み合わせても良いのか?

CBDとサウナは個人差もありますが、共通しているものがあり、CBDとサウナのどちらも健康効果が期待されています。

ですがCBDとサウナでは作用するメカニズムが違うとも考えらるので、どちらが効果的なのかは人によって異なります。

共通して期待されている効果は、

①疼痛緩和
②ストレスの軽減
③脳に対する健康改善
④美肌効果

以上の4つです。それぞれの効果がどういう仕組みなのか見ていきましょう。

1・疼痛緩和のメカニズム

疼痛緩和のメカニズムは、CBDを摂取することにより脳内の痛みを感じ取り受容体をシャットダウンします。そしてエンドカンナビノイドシステム(ECS)を高めることで疼痛緩和が発現すると考えられます。

ECSとは外部環境の変化によって体内の状況が変わった時に元に戻すシステムのことを指します。

そしてCBDはECSを活性化し、体内にバクテリアやウイルスに感染し炎症が怒った時などに元の健康な状態へ戻し身体のサポートをすると言われています。

またそれに対しサウナの疼痛緩和作用は、脳内のβ-エンドルフィンを増やし、炎症を減らすものと考えられています。

2・ストレスの軽減のメカニズム

CBDはβ-エンドルフィンの脳内の吸収を高め、抗不安作用のあるセロトニン受容体に働きかけることでストレスを軽減すると言われています。

またそれに対してサウナは、脳内のβ-エンドルフィンを増やすことによって幸福感が高められ、ストレス軽減をしていると考えられています。

3・脳に対する健康改善のメカニズム

アルツハイマー型認知症や多発性硬化症、パーキンソン病に、神経保護作用があるとしています。

CBDは神経細胞を発達させることで神経を保護し海馬の修復を助けるといいます。

それに対しサウナは脳の働きを高めニューロンによる伝達も早めます。そして健康な身体になると考えられます。

4・美肌効果のメカニズム

CBDは肌のヒーリング効果を高めるとされていて、CBDの美肌効果はCBDを経皮摂取させたときにCBDの抗炎症作用が肌に働き肌のヒーリング効果を早めると言われています。

またそれに対しサウナはコラーゲンが増えることにより、弾力性を増したりしわを減少させるなど、エラスチンという成分を保つことにより美肌効果が考えられています。

このように、CBDとサウナには共通した効果であってもメカニズムがそれぞれ違うことが分かりましたか?

また、CBDとサウナを組み合わせれば単体よりもさらに相乗効果が増すのでないかと期待する人も中には多いはずです。

ですが、CBDとサウナを組み合わせることで効果は強くなると言われていますが、現段階では研究が不十分なため有効性や安全性は保障できません。

CBDとサウナを組み合わせる場合には細心の注意を心掛けましょう。

CBDやサウナを使用する時の注意は?

CBDとサウナを組み合わせる際は、両方の注意点を守って使用することをお勧めします。

またCBDとサウナの研究はまだ不十分なので、様子を見ながら組み合わせの調節して使用しましょう。

CBDとサウナを使用する際の注意点を挙げていきます。

飲酒後にはサウナに入らない

お酒を飲んだ後には血圧が下がっている状態です。血管が拡張するのでサウナに入り体が温まると、拡張している血管がより拡張しサウナの中で血圧が下がることにより倒れてしまい、長時間気付かれずに熱中症を起こした方もいます。

そのため、飲酒後のサウナは、命に関わる事になるので絶対にやめましょう。

食事の直前、直後にもサウナに入らない

サウナに入ると血液が循環し、皮膚の血流が増加します。そして通常より内臓の血液量が減少します。血液量が減少すると胃や腸が消化する際に十分な血液量がなければ消化不良を起こすことも考えられます。

なので、必ず食事の一時間前後はサウナを避けるようにして下さい。

高血圧を患っている方はサウナに入らない

高血圧を持ち悩んでいる方や血圧のコントロール不良の方はサウナは避けましょう。健康状態の3倍以上の人が体調不良が起こる可能性があると言われています。

その他にサウナを避けた方がいいとされるのは心臓病や呼吸器疾患、皮膚疾患を患ってる方々です。

そのため、何らかの疾患を抱えている方は、かかりつけ医に相談してからサウナに入るようにしてください。

サウナへの安全な入り方

健康な方であっても安全にサウナに入るにあたり、これらを守りましょう。

サウナは熱いので徐々に体を慣らしていく

最初から熱い場所に入るのではなく、温水シャワーや湯舟を利用し熱い環境に体を慣らすことから始めましょう。始めから熱いサウナに身を置くことは、血圧が大きく変動する原因にもなります。

長時間サウナに入らない

サウナ後においしいビールを飲むため、我慢しサウナの中に長い時間いることは決して健康的とは言えません。

健康目的に入ったサウナで熱中症にかかり命にも関わることもあるので絶対にやめましょう。我慢しながら長い時間サウナに入ることは熱中症を招く恐れがあります。

サウナ後には必ず水分補給をする

サウナ後に飲んではいけないのは、アルコールの水分補給です。アルコールは水分補給にはならないという点で、利尿作用があるため摂取した水分以上が尿として排出されます。

サウナ後にアルコールを飲みたい人も多いと思いますが、水やスポーツドリンクなど水分補給ができる飲み物を摂取してからにすることをお勧めします。

水分補給することは脱水状態を改善することになります!

CBDだけを使用する際の注意点

CBDの効果には個人差があり、実感される効果や摂取量も人それぞれ違います。CBDを摂取する際には、自分に合った摂取量を探す事が最も効果に繋がります。

初めてCBDを摂取する際は、濃度の高いものを多く摂取し、CBDの実感により摂取量を更に増やしたり逆に減らしていくという方法がおすすめです。

またCBDの効果により調節し、濃度15%で1,500mg配合されている場合はスポイト半分から一本分程度を一度に摂取しましょう。CBDの効果を実感せず途中で摂取をやめてしまうという方も多いと思います。

しかしCBDはサプリメント同様で一ヶ月は継続することが大切です。

CBDは医薬品と相互作用を起こすこともあります。服用している医薬品がある場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談し、CBDを一緒に摂取できるかどうか確かめてからにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]