CBDオイルやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方は?

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDオイルはニキビや湿疹などの皮膚トラブルにの改善に効果があるとされ、経皮摂取によりCBDを取り入れられるCBDクリームや、CBDオイルを舌下摂取することでニキビや湿疹に効果がある言われています。これらの効果について、CBDクリームとCBDオイルの違いや最大限にCBDの効果を十分に発揮する方法をご紹介します。

CBDとは?どんな効果があるの?

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドという有効成分の一種です。大麻と聞くと(ハイ)になる作用のマリファを浮かべる人は多いかと思います。しかし、マリファナの主成分はTHC [テトラヒドロカンナビノール] というカンナビノイドです。日本でCBDはTHCのような精神作用がないため法律で規制されていません。

エンドカンナビノイドシステムと呼ばれる、生体の機能や恒常性を維持することで心と身体にたくさんの効果をもたらすことが知られています。CBDは医療でも注目されており、精神のリラックス効果や、炎症の暖和、痛みや痒みの抑制などこれらの改善に役立つとされています。

ですが日本では残念ながら医療大麻は許可されておらず、CBDを処方薬にすることはできません。そのようなことから近年、CBDを病気のために用いたり、ストレスや疲れの暖和と改善のためにサプリメントとして使用する方は増えています。

CBDは様々な製品が販売され、今では気軽に摂取できるようになっています。CBDを皮膚から染み込ませるものや、口から体内へと摂取するもの、CBDクリームはクリームにCBDを配合させ、皮膚に塗り込むタイプの製品になっています。またCBDオイルはベースとなるオリーブオイルやヘンプシードオイル、MCTオイル等にCBDを配合させ舌下摂取する製品です。

CBDの摂取方法には何がある?CBDクリームやCBDオイルの特徴は?

CBDには様々な製品があることから、使用する摂取方法も変わります。

よく使用される摂取方法はこちら。
・経口摂取
・舌下摂取
・吸入摂取
・経皮摂取

①経口摂取

経口摂取は口からCBDを摂取する方法で、CBDカプセルやCBDグミやガムといった食品類(エディブル)を使用します。気軽に摂取しやすいことから、パーティーやスポーツの場面で使用されることもありますが、効果の持続時間が身体への効率がとても低いのが欠点です。

②舌下摂取

舌下摂取はCBDを口の中の舌下部分に滴下し、しばらくおいてから飲み込むことで、CBDを舌の裏の毛細血管から全身に巡らせる方法です。CBDオイルが全身に作用し、持続時間も高く身体への効率も高いためおすすめの摂取方法です。

③吸入摂取

吸入摂取はVAPEなど電子タバコを使って、気化したCBDリキッドを肺から吸収します。なので身体への効率も高くすぐに効果も現れるのですが、持続時間が短いのが難点です。

④経皮摂取

皮膚にCBDクリームを塗ることによってCBDを体内に取り込みます。経皮摂取は外皮から染み込み、付近の細胞や組織わ毛細血管入り込み作用します。CBDは全身に巡らないため、しみや炎症・痛み・痒みなど、身体の一部に起こっている症状に対して、持続的に働きます。また効果が出るまでに最大2時間かかりますが、効果持続時間ら5時間以上とされています。身体への吸収率(バイオアベイラビリティ)は13〜50%となっています。

CBDオイルやCBDクリームはにきびや湿疹、しみに効果がある?

CBDは肌トラブルである、にきびや湿疹、しみなどの皮膚炎に対して効果的であることが確認されています。CBDカンナビノイドは、摂取すると体内のエンド・カンナビノイド・システム(ECS)に深く関わることが知られています。このようなシステムは、身体の様々な部分や機能、恒常性の維持に関わっているため、CBDはあらゆる効果をもたらします。

ECSに関わるカンナビノイド受容体 (CB1, CB2) は、神経系や免疫系など全身に広く分布しており、CBDなどのカンナビノイドはその働きを活性化します。CBDはどのような肌の悩みに効果があるでしょうか?

CBDはにきびに作用する

にきびの主な原因は、皮脂が過剰分泌され毛穴が詰まり炎症が起きることです。にきびは十代を中心に悩みの種になっていますが、CBDを使用することに効果があるとされています。またCBDは過剰な皮脂の分泌の防止と、抗炎症作用をもたらすことが2014年ヨーロッパで行われた研究で分かっており、にきびの暖和にとても効果があると考えられています。

CBDは湿疹の原因となる皮膚の細菌感染を抑える

湿疹や皮膚トラブルが起き悪化したりする主な原因には、患部に菌が繁殖してしまうことからくることがあります。CBDなどのカンナビノイドは、2008年にロンドン大学の研究者により皮膚疾患の原因となる黄色ブドウ球菌に対し抗菌作用があることが示されています。

CBDは炎症を伴う痛みやかゆみに作用する

CBDはECSの働きを高めることから、炎症や痛み・かゆみ改善の効果があるとして知られています。炎症性の皮膚炎を抱える21人の患者にカンナビノイドクリームを塗ったところ、8人にかゆみの症状の改善がみられたと2017年のコロラド大学の報告で症例もあります。

CBDは肌の傷痕に作用する

しみや治療後も残る湿疹の痕は、見た目が老けて見えたり汚く見えることから悩む人も多く、治療後の炎症によってかゆみを伴う場合もあり、掻きむしると痕が残り見た目がひどくなります。CBDは長期的に悩みの種となり得る痕に効果をもたらします。

またCBDには抗酸化作用があり、紫外線などの環境要因で発生するフリーラジカルから、皮膚を守ってくれるので、しみの予防や緩和に効果があるのです。2019年イタリアの研究では、CBDクリームが湿疹やアトピー性皮膚炎で痕が残ってしまった皮膚の状態を、改善する効果があるということが分かりました。

CBDオイルとCBDクリームはどちらが良い?

CBDオイルは舌の裏の毛細血管から取り込むことで作用が免疫システムに働き全身に渡ります。またCBDクリームの効果は体内の免疫システムにじかに働きかけることはできません。CBDクリームは湿疹やかゆみを抑え、CBDオイルを舌下摂取することで体内から炎症を暖和し、身体の内側から改善することができます。

最大限の効果を得たい方は、CBDオイルとCBDクリームの摂取を取り組み合わせることもできるのです。CBD製品は摂取方法により数多くのメリットがあるため、摂取方法を工夫してみるのも良いかもしれませんね。

CBDオイルやCBDクリームの摂取量や摂取方法は?

CBD製品を使用するにあたり、注意すべき点はどのようなものでしょう。

CBDクリームの塗り方や塗る量のポイント

CBDクリームは皮膚に塗ることで身体にCBDを取り込みます。あまりに摂取量が少ないと皮膚から成分が染み込まず効果が出にくいという特徴があります。なので、もったいないからと少なめに使うことはいつまでも効果が出ないということもあるのでおすすめしません。

CBDの摂取が初心者の方は、適量な摂取量を把握するために多めに摂取してみて、CBDの実感度合いにより摂取量を減らしたり、増やしたり調節していく方法をおすすめします。CBDは個人差もあるので、自分に合った適切な量を把握するといいです。

手に取る量など決まっていないので、自分自身のさじ加減で決めて、はじめはたっぷり手に取り、1週間おきくらいのペースで量を調節してみていただければ大丈夫です。より良い効果が実感できると、その量が自分自身にとっての最適なCBDの量ということになります。

CBDオイルの飲む量や飲み方のポイント

CBDオイルの飲む量はCBDクリームと同じで、濃度の高いものを多く摂取し、CBDの実感度合いにより摂取量を調節していく方法がおすすめです。CBDが1,500mg配合されている濃度15%のCBDオイルを摂取する際、最初はスポイト半分から一本分摂取するのがポイントです。CBDの効果を実感できるようになったらCBD量が自分の適量ということです。

上記のポイントを踏まえて、CBDクリームやひCBDオイルの適量を見極めることがいいと思います。

CBDオイルやCBDクリームに副作用はある?その対処法は?

CBDはTHCのように依存性もなく、悪影響も少ないと言われています。ですが、CBD製品を使用した中には副作用が出る人の報告もされていて、倦怠感、食欲変化、下痢、強い眠気などがあります。また、すぐに対処できたりするので心配しすぎる必要はありません。

CBDオイルやCBDクリームを使用した際にも副作用が出る可能性はあります。CBD製品に入っている成分により、アレルギー症状が出たりします。CBDクリームによって、かぶれやしみなど、症状が悪化する場合は別の製品を使用することをおすすめします。よほど悪くなる場合は、すぐに使用をやめ医師に相談するようにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]