CBDやCBDオイルはどのような臭い?気になる場合の対処法も解説!

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDやCBDオイルは独特な臭いがしますが、どのような臭いなのか、臭いの原因や臭いが気になり摂取することが難しい際にどうしたらよいのかなどを説明します。

フルスペクトラムのCBDとCBD単体(アイソレート)の違い

フルスペクトラム

・大麻などに含まれる化合物が全て含まれている柚出物
・CBDやテルペン、ビタミンだけでなく所持していると違法となるTHCも含まれているのが特徴
・THCは人を(ハイ)にさせる作用を持つ

CBDアイソレート

・大麻草などからCBDを99%以上の濃度で分離した純粋なCBDの結晶粉末
・CBD以外の成分が含まれていない
・CBD以外の成分をすべて取り除くことにより作られる

フルスペクトラムを簡単に説明すると、大麻草には自然発生する100種類以上のカンナビノイドと呼ばれる成分などが含まれていて、それらすべてが含まれている製品を指します。フルスペクトラムの中には、精神活性作用を持つごく僅かのTHCや抗炎症作用があると言われているテルペンなども含まれています。これらの相互作用によってCBDの治療効果が高められる(アントラージュ効果)と告げられています。また多くの植物成分を含むことで、フルスペクトラムのCBDによってアレルギー反応を起こす方もいます。

それに対し、CBD単体(アイソレート)は約99%以上の配合成分の濃度でCBDが含まれている純粋なCBDの結晶粉末になります。CBD単体(アイソレート)はCBDクリスタルとも言われCBD以外の成分は含まれておらずフルスペクトラムのCBDのようなアントラージュ効果は期待できません。テルペンやTHCを取り除いて製造されています。

また、フルスペクトラムのCBDのようなアレルギーを引き起こす可能性も低いので、アレルギーの持病がある人も安心し使用できます。CBD単体(アイソレート)がアレルギー反応を逆に抑えるという報告もあります。

フルスペクトラムのCBD製品は臭い?

フルスペクトラムのCBDは臭いによってフルスペクトラムのCBDを摂取しにくいという人も多くいます。CBD単体(アイソレート)が無味無臭なのに対し、フルスペクトラムのCBDにはなぜ臭いがあるのでしょうか。麻特有の臭いがあると表現されることが多くあります。

この大きな差はフルスペクトラムのCBDとCBD単体(アイソレート)の大麻草の植物成分をすべて含んでいるか否かでした。このことから、臭いの原因の一つになっているのが、フルスペクトラムのCBDに含まれている大麻草の植物成分が原因になっていることが分かります。またテルペンも臭いを発生させている原因の一つです。

また、臭いをマスキングするためにフルスペクトラムのCBDはミントやレモンなどの香りづけされている物もありますが、中には香りづけされていない物は麻の香りがすると覚えておくといいでしょう。CBDは様々な健康な身体への改善が期待できるのはもちろん、なにより摂取のしやすさは定期的摂取する以上外せない点ではないでしょうか。

CBDオイルの臭いがあまり好きではない場合にはどうすればよい?

どうしてもCBD製品やCBDオイルの臭いが気になり摂取できない際には次のことを試してみてください。

キャリアオイルを変えてみる

CBDオイルのベースになる植物由来の油がキャリアオイルでベースオイルとも呼ばれています。もしCBDの臭いが気になる場合は、キャリアオイルがCBDの口当たりや臭いを和らげてくれることがあり、別の種類のキャリアオイルの製品に変えて臭いが気にならないCBDを見つけるといいでしょう。

製品を変えてみる

CBDの臭いは製品によっても様々で、CBD製品を試してみて臭いが気にならないCBD製品を選ぶことをおすすめします。

風味付けされているものを選ぶ

独特な味や匂いを和らげるためにCBD製品には風味づけされているものがあります。フレーバーの例として、ピンクグレープフルーツ、ココナッツ、ペパーミント、チョコレートミント、レモンライム、はちみつ、アップルシナモンなどがあります。

これらは、フルスペクトラムのCBDの麻の臭いを隠してくれるので、CBDの使用がしやすく、フレーバーのCBDオイルが発売されているので自分にあったフレーバーを探しましょう。

食品や飲み物と混ぜてみる

臭いをマスキングするために風味の強い飲み物や食品にCBDオイルを追加するのも良い方法と言えます。CBDオイルは食品や飲み物に混ぜて使用しても問題ないので、普段口にする食品と一緒に摂取してみるのもいいでしょう。

ただし、食品に混ぜて摂取する方法は経口摂取になるため、他の投与法に比べて吸収率(バイオアベイラビリティ)が下がってしまうというデメリットがあります。

違う摂取方法を試してみる

吸入摂取で臭いが気になる際は、舌下摂取など違う方法でCBDを摂取してみましょう。摂取方法を変えることで臭いが気にならない摂取方法があるかもしれません。

CBDの濃度を薄いものにする

CBDの濃度を薄いものを使用すると、においの原因になっている植物成分やテルペンの濃度も低くなり不快な臭いが減る傾向があります。CBDオイルが高濃度の際は濃度の低いものを試してみるのがいいです。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]