CBDやCBDオイルで覚醒?睡眠改善?反対の作用が期待できるワケとは

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

最近よく耳にするCBDやCBDオイル、CBDリキッドなどには覚醒を促し集中力などを高める効果があるとされ、注目を集めています。その一方では、不眠を解消する効果が期待されるともいわれています。

ではどうして覚醒と睡眠の両方に効果があるのでしょうか?今回はそのメカニズムについて解説していきたいと思います。

CBDやCBDオイルは覚醒したり集中力がUPしたりする?エビデンスは?

CBDとはカンナビジオール (Cannabidiol) の略称で簡単に説明すると、主に大麻から抽出された成分のことを指します。大麻の中にはTHC (テトラヒドロカンナビノール)も配合されていますが、CBDはTHCのように精神活性作用はなく日本の法律でも違法ではありません。

CBDは精神をリラックスさせるなど様々な心身へのメリットがあると言われているため近年日本でもたくさんの注目を集めている成分です。最近では様々な場所でCBD製品が販売されていて、誰でも気軽に手に取ることができるようになりました。代表的なCBD製品としてココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルに配合したCBDがよく出回っています。

CBDが覚醒や集中力に貢献する理由とは

世間一般では大麻と聞くと精神をハイにしたり、依存性が高いなどマイナスのイメージがあると思います。ですが、上記にも記載した通りそのような作用は一切なくむしろ精神をリラックスさせてくれる作用があります。

その一方で覚醒や集中力を高めるとはいったいどういうことなのでしょうか?CBDの効能の一つとして不安やうつといった気分を解消し、その上気持ちを前向きにする神経伝達物質であるセロトニンの脳神経の働きを高める効果があるという報告があります。

海外で発表された2013年の研究によると、マウスを使用した実験でCBDが神経伝達物質であるセロトニンの受容体である5HT-1Aの働きを促進したことがわかりました。その結果から、不安障害やうつへの作用や抗パニック効果があるとされていて、その上目覚めもよくなり、いつもよりすっきりとすることによって作業に集中しやすくなり、作業効率も上がります。

集中力を削がれる主な原因は体の不調や痛み、倦怠感などがあげられます。CBDには体の状態を正常に整える、また痛みやかゆみを抑制する効果もあり、そのような悩みを持った方にもCBDはあらゆるメリットがあるでしょう。

CBDやCBDオイルが睡眠の質を向上させるのは嘘?

CBDは上記のように日中の覚醒や集中力に貢献すると考えられていますが、その一方で「睡眠改善の効果」もあると報告されています。一見相反している覚醒と睡眠ですが、果たしてCBDの睡眠改善の効果は「偽りの広告」となってしまうのでしょうか?実はそんなことはなく、実際にはCBDによって日中の覚醒・夜間の睡眠の双方に効果があるという研究結果が出ていますのでご安心ください。

ではなぜ双方への効果があるかについては次で説明したいと思います。とはいえCBDの効果を実感したくて試してみたものの期待したような効果が出なかったという方もいるでしょう。もちろん、人によって摂取量やその時の体調や体質によっても効果や感じ方は変わってくるので、期待した通りの効果が得られなかったからと言ってCBDが合わない体質だと考えるのは早いです。なぜなら、CBDの摂取量や方法が自分にとって適切ではなかった可能性があるからです。

例えると、CBDの摂取量が少なかったり、持続して使用しなかったなど正しい使い方をしていないということです。正しい量と使い方をすれば、効果が出る可能性があります。他にも効果が出やすい時間帯などもあるため、この点ものちに説明していきます。

CBDやCBDオイルはなぜ覚醒と睡眠改善の相反する作用が期待されているのか

上で述べたように覚醒と睡眠改善双方のメリットがCBDにはあります。ではなぜCBDにはこのように相反する効果が期待されているのでしょうか?

その理由の一つに神経伝達物質であるセロトニンと眠りを促す物質であるメラトニンの関係性があります。セロトニンは日中の活力や前向きな気持ちをもたらす神経伝達物質ですが、夜間にはメラトニンという眠りを促す物質に変わります。つまり、セロトニンとメラトニンが適切に作用することが、人の日中の活動や眠りのサイクルにはとても重要になってきます。

CBDは脳内のセロトニン受容体の働きを促すため、セロトニンの効果が上がり、日中は気持ちが前向きになって覚醒や集中力アップする、ということになるのです。セロトニンの効果が上がることによって日中は気持ちが前向きになり覚醒や集中力アップにつながります。夜はそのセロトニンがメラトニンに変換され、良い眠りを促すということです。

それにプラスしてCBDは不安を改善しリラックスを促したり、痛みを和らげたりする作用があるので気分が穏やかになることも、より良い眠りの後押しとなるでしょう。実際の研究からCBDには不安によって不眠の症状が出ている方の睡眠の質を向上させたという報告もされています。また、CBDによって日中活動と休眠の生活リズムが整えられることにより、覚醒と睡眠の両方への効果を促してくれる理由の一つといえるでしょう。CBDの質の良い睡眠をもたらす効果が心身の疲れを取り除き、朝の良い目覚めや日中の集中力の向上につながっているということです。

このことから、日中のセロトニンの働きと夜間のメラトニン変換のサイクル、夜に気分が穏やかになること、生活リズムが安定することが、CBDの覚醒・睡眠の両方に効果がある理由と言えます。

CBDやCBDオイルで覚醒するための摂取の仕方やタイミングは?睡眠改善のために使用したい人も必見!

CBDには日中の覚醒や集中力の向上への効果が期待できる一方で摂取の仕方によっては全く意味のないものになってしまいます。CBDやCBDオイルによって、日中の覚醒をもたらしたり集中力を向上せるためには、どのようなポイントがあるのか説明していきましょう。それと一緒に日中の覚醒とは表裏一体の作用ともいえる、睡眠改善のポイントについても紹介していきます。

摂取する時間帯を振り分ける

一番初めにCBDの摂取するタイミングの重要性です。CBDは摂取したタイミングにより、心身に与える効果が変わってくるためです。そのため、覚醒をより確実なものにしたいときには起床後、集中力を持続させたい場合は日中、安定した睡眠をとりたい場合は就寝前に摂取するのがおすすめです。

製品によっても変わってきますが、摂取してから効果が出るまでにタイムラグがあるため、CBDオイルであれば、15分~1時間前に摂取するのがいいでしょう。もしも一日のうちに何度も効果を期待したい場合はその都度のタイミングで複数回摂取するのも良いでしょう。

CBDの副作用として、日中に強い眠気を訴えたりする症状があります。

これはCBDが体に合わないということではなく、簡単に説明すると摂取量が多いということです。CBDは覚醒や入眠の効果にはその時に摂取した量も深く関係してくるといわれており、CBDを多量に摂取しすぎると神経がリラックスしすぎて眠気が起こりやすいといわれています。実際に、高用量 (160mg) のCBDがリラックス作用を発揮し、不眠で悩んでいる方の睡眠の質を改善したというデータもあります。

摂取するCBDの量には個人差がありますが、一般的に推奨されている摂取方法は10mg前後から摂取を始めて、週に5mgずつ増やすというように少しずつ増やしていき効果がちょうどよく出るようにするといったものです。このような方法で摂取した方たちに一番多かったのは1日に摂取するCBDの量は平均で数10mgでした。これと比べると160mgというCBD量がとても高用量であることがわかると思います。

例にならい夜間の睡眠を向上させたい時は、夜間のCBDの摂取量を日中よりも多くするとより効果が期待できるかもしれませんね。ですが、睡眠の質を高めたいからといって100mgを超えるほどの高用量のCBDが必ず必要ということではないので、日ごろからCBDを使用してみて、自分に合った量やタイミングを理解して使用しましょう。

それでも納得のいく効果がなかった場合はその製品、もしくはCBD自体が体に合っていない可能性があるので別の製品に変えてみたり専門の方に相談してみるのも良いでしょう。自分の理想の効果が実感できるようCBDの摂取の仕方も変えながら試してみてください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]