CBDやCBDオイルはADHDに作用する?子どもが摂取してもよい?

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

ADHDという疾患は幼児から大人まで幅広い年齢層に発症する疾患です。今回はADHDの症状や治療法、治療薬についてをCBDやCBDオイルがADHDに効果があるのかを交えて解説していきたいと思います。合わせてADHD疾患の子供にCBD製品を使用しても安全なのかやCBD製品の副作用や使用方法なども説明していきます。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?ドーパミンと関連している?

先天的な脳の障害であるADHD(注意欠陥多動性障害)はその名の通り注意力が低かったり多動性の症状が現れるのが特徴の発達障害の一種です。

ADHDの症状

ADHDの症状は年齢や人によって変わってきます、ADHDの症状を具体的に見てみましょう。

・不注意によるミスが多く、居眠りをしたり、忘れ物が多かったりするなどの不注意性が強く見られるタイプ
・長い時間じっと座っていられなかったり、落ち着きがなく、順番を待てなかったりするなどの多動性・衝動性が強く見られるタイプ
・不注意性と多動性が混合で現れるタイプ

一般的には幼少期のころは比較的多動性・衝動性が目立ちます。ですが大人になるにつれて多動性の症状は減っていく傾向があるため相対的に不注意性が目立つようになっていくと言われています。ADHD疾患の子供は不注意性や多動性などの症状があることから、能力が人よりも劣っている、物事に対する真剣さが感じられないなどといった誤解をされてしまい、そこからうつ病になったり、反抗や非行に走ってしまうこともあるようです。

ほかにも、幼少期にはADHDの症状に気づかず、大人になってから社会に出て協調性が必要になることにより、周りと馴染めずADHDの症状に気付くということもあるようです。

ADHDのメカニズム

ADHDのメカニズム自体はまだ明確な解明はされていないのが実情です。現時点で分かっていることはADHDは先天的な脳の機能的障害であり、脳内の神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンの働きが生まれつき低下していることによりADHDの症状が出てしまうということです。

ドーパミンの働きが低下することにより寝てはいけない場面で眠ってしまったり、長い時間待つことができないなど、正しい判断ができなくなってしまいます。また、ノルアドレナリンには衝動性を抑制する作用があり、自分が目的を達成するときにドーパミンと一緒に分泌される物質の一つです。この二つの働きが低下すると、衝動的に行動したり、仕事や宿題の大事な優先順位を考えられなかったり、計画を立ててもその通りに実行できなかったりという症状につながります。

ADHDの治療と治療薬

ADHDの治療は、まず初めに自分自身の認識と周囲の認識を変えることから始めます。例えると、まずは周囲にADHDのことを認識してもらい、不当に叱ったり、罵倒するなどによる二次的障害を起こさないようにします。本人に問題があり不真面目なわけでなく、ましてや親のしつけのせいでそうなったわけではない事を理解してもらうのです。そして本人もADHDという障害について認識することで社会や人との関りを少しずつ学んでいき症状を改善していきます。

それでもなかなか効果が表れないときは薬による治療も交え症状を抑えられるように取り組んでいきます。一般的に処方されている治療薬はコンサータ、ストラテラ、インチュニブの三種類になります。脳内のドーパミンの働きを強めるコンサータは多動性や衝動性、日中の眠気や集中力の低さなどを改善する作用があり、それに対してストラテラとインチュニブはノルアドレナリンの働きを主に強めることによって不注意性や多動性、衝動性に対して効果的な薬です。中でもインチュニブは感情に対する効果も期待できるため、機能不全の状態の脳を良い方向に導く働きがあります。

CBDはADHDに対して作用する?どのように影響を及ぼす?

ADHDの症状緩和にCBDが効果がある可能性はあるのですが、残念ながらそれを裏付ける科学的証拠はまだ十分にありません。小規模研究が2017年に行われており、大麻によって自己治療している成人を調査しています。その結果、衝動性や多動性にわずかな改善はありましたが、大麻が直接的にADHDを改善しているとは言えない結果になりました。

ADHDとCBDに関する現在の研究の大体は、CBD単体ではなく大麻を使用した研究になります。つまり、衝動性や多動性にわずかな改善が見られたとしてもそれがCBD単体の効果ではなく、CBD以外の大麻成分による効果という可能性も十分に考えられます。

CBDがADHDと関連していると考えられている理由とは?

ではなぜ研究の結果が不明瞭であるにかかわらず、CBDがADHDと関連しているとされているのでしょうか?

一つ目の理由はADHD疾患の方にCBDを投与したところ普段の落ち着きのなさが改善されるなど、ほかにも様々な症状に効果があったという人々の口コミがあったからです。あくまでも口コミなので信憑性は低いですがCBDのADHDに対する効果があるかもしれない、というきっかけになったのです。

二つ目の理由はADHDの症状がない方でもCBDが不安を軽減するという報告があることがあげられます。2016年の研究では、CBDを子供に摂取させると不安や睡眠を改善することができたとの報告があります。

これらの理由からCBDとADHDの関連性に注目が集まっているのですが、確実な証明にはさらなる研究が必要とされています。現時点ではCBDのADHDに対する研究は不十分であるため、ADHDの治療を勝手にCBDに置き換えることは絶対にやめてください。

CBDやCBDオイルに副作用はある?

CBDやCBDオイルは依存性もなく安全性が高いため深刻な副作用があるといったような報告はありません。どのような医薬品にも必ず副作用はあります、それと同じようにCBDにもいくつかの副作用があるとされています。主な副作用は眠気や口渇、下痢や食欲・体重の変化、倦怠感など軽度な副作用です。これらの副作用はCBDを摂取したら必ずしも現れるというものではありません。副作用が出るのはごく稀なので安心してください。

それでも万が一副作用が出た場合は、様子を見て摂取量を減らしたり、一度期間を置いてみましょう。重度の副作用が出た場合や期間をおいても症状が出続ける場合は、医師に相談しましょう。また、ADHDを患っていたり、すでに薬を服用していてCBDを併用する場合には、CBDを摂取する前に一度医師に相談してアドバイスを聞きましょう。

CBDオイルはADHDの子どもが摂取してもよい?

CBDオイル自体は非常に安全性が高く、日常に取り入れている方も多いと思いますが、ADHDに効果があるかどうかはまだはっきりと研究結果が出ていません。そして、CBDについてもまだわかっていないことも多く、特に幼児が摂取する際の量などについては決めることが難しいです。ほかの薬と併用している場合は、相互作用を起こしてしまう可能性もあります。そのためADHDを患っている子供に対しては、CBDを与えるのは控えた方が良いでしょう。

CBDオイルの使用方法を解説!

CBDオイルの使用方法は色々ありますが、主に経口摂取、舌下摂取、VAPE(ベイプ)による摂取があります。経口摂取は一番簡単にCBDを摂取できる方法で、内服薬と同じように口から飲む方法です。ですが、デメリットとして体内吸収率が悪いという点があげられます。

舌下摂取は舌の下にCBDオイルを垂らして90秒から2分間ためておきます、時間がたったらそのまま飲み込みます。舌下から吸収されなかったCBDオイルは経口摂取と同じように飲み込み摂取します。舌下摂取は、舌の裏側の太い血管から直接吸収されるため、経口摂取に比べてCBDの吸収率が比較的高いですが、舌の下にうまく滴下しなければならないためスポイトが見にくく、CBDを摂取しにくいと感じるかもしれません。最初のうちは鏡などを見ながら試してみてください。

ベイプによる摂取は電子タバコやアークペン、気化器などを使って、気化したCBDを直接肺に吸収させる摂取方法です。ベイプのメリットは吸収率が高く即効性があるという点です。ただし、ベイプを使用できる場所が限られていますので吸入する際には場所を選びましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]