インフルエンザにCBDやCBDオイルは効果的?副作用も解説!

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

冬になると流行するインフルエンザは感染してしまうと全身の痛みや高熱がとてもつらく出来たらかかりたくない病気の一つです。この記事ではCBDやCBDオイルがインフルエンザに対して何か効果があるのか、そしてCBDをを使用する際の注意点も解説していきます。

インフルエンザにかかるとどうなる?予防法や治療法は?

インフルエンザを簡単に説明するとインフルエンザウイルスに感染することにより発症するウイルス感染症になります。そのウイルスが気道や肺で増殖し、色々な症状を引き起こします。インフルエンザの主な症状は悪寒、発熱や筋肉痛、関節痛、頭痛、のどの痛み、咳、鼻水、全身の倦怠感などです。症状は2〜3日で治まりますが、38度を超える高熱になることが多くとてもつらいです。

主な症状は風邪ととてもよく似ていますが原因となるウイルスが異なり風邪よりも重症化してしまうことが多いです。それは風邪の原因となる細菌やウイルスは主に気道で増殖していきますが、インフルエンザウイルスは肺に到達してからも増殖するためです。主にA型とB型のインフルエンザウイルスがあり、そこから分岐して様々な株といわれる種類もあります。一年ごとに少し異なる株のウイルスが出現し、主に冬を中心に流行します。

インフルエンザの予防法

インフルエンザウイルスはとても感染しやすく、くしゃみで飛散したウイルスや鼻水などに直接触れたり、吸い込んだりすることによって感染します。感染予防として、日ごろの手洗い、うがい、咳エチケットの徹底、感染者を隔離するなどといったことが重要になってきます。そのほかにも、予防接種を毎年受けることにより、感染した場合も重症化を防ぐことができます。予防接種を受ける期間は9〜11月が最適とされています。

インフルエンザの治療法

もし感染してしまった場合には十分に水分補給をし、安静にして体力を回復させましょう。そして食事も消化しやすいものに変え、睡眠もしっかりとりましょう。対症療法と呼ばれる治療法も効果的で、例えば発熱や筋肉痛、頭痛の症状がつらい場合は解熱鎮痛剤を服用する、鼻水が多く呼吸がしにくい場合は鼻詰まり改善薬を服用したりするといいでしょう。

また、抗ウイルス薬がいくつか開発されていてインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができるため、症状の早期改善が見込めます。病院に行きインフルエンザと診断された場合は、主に抗ウイルス薬を処方されます。

CBDやCBDオイルはインフルエンザに効果がある?

ところでCBDやCBDオイルはインフルエンザに効果が期待できるのでしょうか?残念ながら現時点の研究結果ではまだそのような報告はされていません。ですが、研究によって様々な効果が期待されているためCBDやCBDオイルがインフルエンザの症状の対症療法となり得る可能性は十分にあります。

動物実験の段階で人による臨床試験は行われていませんが、鎮痛作用や抗炎症作用があることから関節痛や筋肉痛に有効であるという結果が報告されています。変形性関節症のイヌにCBDオイルを投与したところ、関節の痛みが軽減し活動度が改善したという研究結果も出ています。その他の研究では、関節炎のラットにCBD成分入りのゲルを塗布したところ、関節の腫れや炎症が軽減したという報告もあります。また、パニック障害やストレス障害のような全般的な不安症状の改善に効果的という報告もあり、不眠や疲労の軽減にも効果があると考えられています。

インフルエンザを早く治すためには安静にして十分な休息をとることがとても重要で、適切な睡眠時間を確保し体を休めることによって、免疫力を高めインフルエンザからの早期回復や予防につながるでしょう。インフルエンザの感染予防や、感染してしまっても重症化させない健康で丈夫な体をつくるという意味で、CBDやCBDオイルを普段から活用することは効果的ということです。

CBDの副作用は心配しなくても大丈夫?

CBDの成分は大麻(マリファナ)から抽出されているため副作用や効果について不安になる方も多いと思います。ですが、CBDにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)のようなハイになる作用(精神活性作用)はないので安心してください。

人の体内には、CBDやTHCが作用するカンナビノイド受容体が全身の細胞にあり、カンナビノイド受容体のうち、CB1受容体は脳などの中枢神経系に、CB2受容体は中枢神経系以外の末梢組織に多く存在しています。THCはCB1受容体にくっつきやすく中枢神経系で作用するため、精神活性作用が強く出ます。一方で、CBDはCB2受容体にくっつきやすく中枢神経系ではほとんど作用しないため、精神活性作用がないといわれています。また、依存性や乱用の危険性についてもいくつかの動物実験や人による臨床試験によって検証されていて安全なことが報告されています。

CBD医薬品を用いた臨床試験がいくつか行われてきましたがCBDは精神活性作用がなく、副作用が少なく安全に使用できる成分であると評価されていて、普通の医薬品のような副作用も報告されていません。てんかんの治療薬として、CBD医薬品であるEpidiolex(エピディオレックス)の臨床試験が行われた際には多くの副作用(下痢や食欲不振、眠気、疲労)が報告されていますが、いずれも大きな問題ではないと結論が出されています。

健康食品として摂取するCBDの摂取量は医薬品として使用されるCBDの量とくらべても少ないため、副作用が多く出るということはないでしょう。ですがCBDに限らずどのような医薬品、サプリメントにおいても過剰摂取は体にとって有害になるのでCBDやCBDオイルを使用する際は用法容量を守り、過剰な摂取は控えましょう。正しい量を摂取することによってCBDやCBDオイルの効果を高く得ることにもつながります。

CBDを服用する際の注意点は?

どのような医薬品やサプリメントを服用する際にも気になってしまう飲み合わせですが、CBDやCBDオイルと、その他の医薬品やサプリメントとの相互作用はどうなのでしょうか?これまでの研究でCBDは一部のシトクロムP450(CYP450)を阻害するという報告がされています。CYP450とは、主に肝臓で医薬品を含むさまざまな物質を体の外へ排出しやすくするために働く代謝酵素です。医薬品同士の相互作用のほとんどにCYP450が関わっています。

例えば、ある医薬品を服用して一部のCYP450が阻害されると、他の医薬品の代謝が遅くるため、薬の効き過ぎや副作用を引き起こすという仕組みになります。相互作用は医薬品以外にも起こる可能性があり、よく知られるのはグレープフルーツにはCYP450を阻害する作用があることから、カルシウム拮抗薬という高血圧の薬とグレープフルーツジュースを一緒に服用してはいけないということです。

人での臨床試験でこのような相互作用はCBDについては確認されいないため、通常使用する用法用量で他の医薬品との相互作用が起こるかどうかはわかっていません。ですが、CBDがCYP450を阻害する作用があるという報告がされているため、相互作用の心配が一概にないとは言い切れないのです。他の医薬品やサプリメントと合わせて服用する場合には、必ず医師に相談してからにしましょう。また、CBDを使用して身体に異変を感じた場合は、使用する量を減らしたり、使用頻度を少なくするなどし、それでも改善しない場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]