CBD入りのバスボム(入浴剤)の効果は?女性に大人気?

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

最近話題のCBD製品はとてもたくさんの種類が販売されています。そのなかの一つであるCBDバスボムに今回は注目していきたいと思います。本記事ではCBDバスボムにはどのような効果があるのか、CBDやCBDバスボムとは何か、実際に効果は感じられるのか、副作用やその対処法なども紹介していきます。

CBDやCBDバスボム(入浴剤)とは?

大麻草の茎や種子などから抽出される成分がCBD(カンナビジオール)で世界中からとても注目を集めている化合物です。そんなCBDが注目されている理由は大きく分けて2つあります。1つ目は多くの健康や治療効果があると考えられていることから健康維持のためにCBDを日常に取り入れたい人がたくさんいるということです。2つ目はたくさんの治療効果あるにもかかわらず副作用があまりないことです。副作用を心配するストレスがないことでCBDをまだ使用したことがない方でも気軽に使用しやすいことがCBD製品の人気の理由の一つです。

ですが、CBDは大麻草の成分の1種であることから抵抗のある方も中にはいるようです。大麻の悪いイメージがあるためCBDを摂取したときにハイになったり、依存したりするのではないかと心配しているからでしょう。確かに大麻の成分の1種ではありますが、ハイになるような精神活性作用は一切なく、安全な化合物であることがすでに証明されています。もちろんCBDを摂取しても大麻取締法違反にはなりません。

たくさんの人が気にしている大麻草の精神活性作用は、THC(テトラヒドロカンナビノール)という大麻草の葉や花穂から抽出される成分の作用に由来しています。CBDもTHCも同じ大麻草という植物から抽出される成分なので同じように思いますが、性質も化学構造式も全くの別物ですので、きちんと区別して考えるようにしてください。

CBDはその人気の高さから、CBDオイルやCBDリキッド、CBDグミ、CBDクリームなど、ほかにも様々な製品が販売されています。CBD入りのバスボムもCBD製品の一つで、通常のバスボムのように入浴時に浴槽に入れて使用することでCBDの効果を実感するための商品です。CBDバスボムは、見た目がカラフルで可愛い商品が多いことから特に女性に人気があり、プレゼント用に購入する方もいます。

CBDやCBDバスボムの効果は?

まずバスボムを湯船に浮かべて溶かします、そのお湯につかることにより皮膚からバスボムの有効成分を浸透させ、成分の効果を現すというのがバスボムの作用のメカニズムになります。つまりCBDを経皮摂取することになり、結果的にCBDの局所効果が期待できるということです。

ではCBDバスボムを使用することによって得られる効果はどのようなものなのでしょうか?一般的に売られているバスボムは主にリラクゼーションを目的として作られていることが多いです。それと同様にCBD入りバスボムにもリラックス効果があります。CBDにはストレスや不安を軽減させる効果があるため、CBDを経皮摂取することで抗不安作用が現れることが期待できます。また、CBDを局所塗布した2016年のラットの調査では、CBDが関節炎の痛みや炎症を緩和する作用があることが報告されていることから、CBDバスボムを関節炎の改善に使用できる可能性もあります。

さらに、CBDを経皮摂取することでニキビや乾癬、湿疹を改善させる可能性が高いことも研究により分かっているため、CBDバスボムは皮膚トラブルにも役立つかもしれません。この研究はバスボムを使用して行った研究ではないので全く同じ効果が得られるとは言い切れません。ですが、CBDバスボムもCBDクリームのようにCBDを経皮摂取させることから、同じようにCBDの局所効果をバスボムから得られる可能性はあります。

あまり効果を実感できない?もっと効率的に効果を得るには?

いざ効果を期待してバスボムを使用しても全く効果が実感できないという方も中にはいると思います。ではなぜ効果がないのか?その原因を考えていきましょう。

CBDの他の製品の効果に慣れてしまっている

まず初めに考えられるのは、日常的にCBDオイルやCBDクリームなどを使用していることによりCBDバスボムの効果を感じにくいと思う時があるようです。CBDを習慣的に摂取していると体がCBDに慣れてしまっているためバスボムを使用したときの少量のCBDでは効果を感じないということがあります。

CBDバスボムを使用した研究がない

前述にもあるようにCBDバスボムの効果は、CBDクリームなどを直接肌に塗布した研究から予測されたもののため実際にCBDバスボムを使って行った研究結果ではありません。そのためCBDクリームを使用したときに効果があったとしてもCBDバスボムでは全く効果がないということもあり得ます。CBDバスボムにどのような効果あるのかや効果の強さ知るためには、CBDバスボムを使った研究が今後必要です。

吸収されるCBD量が低い

CBDクリームを経皮摂取した場合の吸収率は13~50%です。このことからCBDを直接肌に塗布しても吸収されるCBDは半分以下であることが分かります。CBDバスボムはお湯に溶かして使用するため、CBDバスボムのCBD濃度はCBDクリームの濃度よりも断然に低くなると言えます。低いCBD濃度のCBDバスボムを使用し、経皮摂取によってさらに吸収率が半分以下になることを考えると、CBDバスボムを使って実際に身体に吸収されるCBDの量は、かなり低いということがわかります。

上記のような原因でCBDバスボムでの効果があまり感じられない可能性があります。ただし効果の現れ方は個人差があります。ほかの人がCBDバスボムの効果がなかったからと言って、自分も効果がないとは言い切れないということも頭に入れておきましょう。CBDバスボムを使用して十分に効果が得られることもあるということです。ですが、どうせなら効果を少しでも実感したいという方はCBDオイルやCBDクリームがおすすめです。CBDオイルのように直接舌から摂取したり、CBDクリームのように直接肌に塗り込む製品の方が、身体に吸収されるCBDの量が多くなるからです。

CBDやCBDバスボムに副作用はない?

CBDの副作用はとても少なく、重度の副作用に至ってはないという報告があります。副作用の中には、喉の渇きや吐き気、強い眠気などがありますが、喉の渇きは水を飲むことで改善でき、吐き気は食後にCBDの摂取をすることで防止できることが研究により分かっています。強い眠気に関しては過剰にCBDを摂取しなければほぼ起こらないと言われています。

上記のように多少の副作用がありますが、自分で対処できる程度のものがほとんどで、発症する確率もとても低いです。CBDバスボムに関しては、身体に吸収されるCBDの量がかなり少ないことが考えられます。また、CBDを口から摂取しないことから、全身作用でなく局所に作用するため、副作用が起こる確率はCBDオイルなどと比べるととても低いことがわかります。

以上に記載した通りCBDバスボムを使用するにあたって副作用について過剰に心配する必要はないと言えます。ですが万が一体に不調が起こった場合は速やかに医師の診察を受けましょう。迅速に対応することで、症状の重症化や長期化を防ぐことができます。また、CBDバスボムのCBD以外の成分が身体に合わず、湿疹やかゆみなどの皮膚トラブルをを起こしてしまう可能性もあるので皮膚に少しでも異常を感じたら、すぐにCBDバスボムの使用をやめる判断も重要です。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]