ストレス軽減や体の不調に!CBDオイルのメリットと使い方

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

近頃注目されているCBDはストレス軽減や安眠、てんかんや関節リウマチなどに効果があるとして期待されています。大麻に含まれるカンナビノイドの一種であるカンナビジオールと、ヘンプシードオイルやココナッツオイルなどの植物オイルを合わせたものをCBDオイルといいます。このオイルについての、おすすめの使用法、科学的に証明されているメリットや副作用についてなどを紹介していきます。

※日本では、THCが含有されていない、茎などから抽出された製品のみ法律で認められています。
※大麻草の成熟した茎又は種子以外の部位(葉、花穂、枝、根等)から抽出・製造された CBD 製品は大麻に該当します(参考:厚生労働省)

CBDは大麻と同じなの?

大麻に含まれるカンナビノイドという104種の化合物の1つがCBDで、天然由来の成分になります。皆さんがよく耳にするテトラヒドロカンナビノール(THC)と違いCBDは精神活性作用はないため、“ハイな状態”になることはありません。それどころか様々な健康上のメリットがあると報告されているようです。

CBDオイルにはどんな働きがあるの?

体内のエンドカンナビノイド・システムにCBDオイルが影響を与えます。この影響とは睡眠や食欲、痛み、免疫システムを含む生体機能を維持するため、いろいろなカンナビノイドと相互作用する受容体のネットワークのことで、CBDオイルは、その中でも主にCB1とCB2という2つの受容体に関係してきます。CB1は神経系や脳に集まっていて、主に記憶や認知、感情といった精神機能や、運動協調性に関係してきます。

マリファナの主成分となるテトラヒドロカンナビノール (THC)は、人を“ハイ”にさせる化合物ですが、CBDはこれとは異なる化学構造を持つため、CB1とCB2に対する作用も異なり、人体への効果にも違いが出るということです。CBDもTHCもCB2受容体に作用しますが、CB1に作用するのはTHCだけです。

CBDオイルのメリットと使用法

CBDオイルはアルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症、クローン病、関節リウマチ、糖尿病の合併症などの治療に効果はないか、研究中だそうです。現在のところ、科学的な裏づけがあるとされる効果は以下のとおりです。

1.慢性的な痛みを緩和する

CBDオイルは、脳における痛みの知覚を減らす鎮静効果があるそうです。動物を用いた実験によって、CBDには抗炎症作用、線維筋痛症などの慢性的な筋肉の痛みにも効果があることがわかっています。

2.がんによる症状を緩和する

高用量の医療用CBD製剤は、がん治療にも効果的であるという研究結果がいくつかあり、吐き気の抑制、食欲増進、睡眠の質を上げることなどに効果的だいう報告が出ているようです。

3.不安を和らげる

臨床試験によって、不安の軽減に効果的なことが判明したCBDオイルは、恐怖や不安に苦しむ人にとっての自然療法になるそうです。社会不安障害を持つ人々へのダブルブラインドテスト(医師も患者も処置内容を知らない試験方法)では、CBDオイルを処方された人々が模擬スピーチを行った結果、不安、認知機能障害、スピーチすることへの不快感、警戒レベルが、著しく軽減していたという報告があります。

不安の軽減に効果があるのは、CB1やCB2受容体ではなく、5HT1-A受容体とCBDの相互作用のようです。それは、ベンゾジアゼピン受容体に作用するジアゼパムなどの抗不安薬とは異なります。

4.天然の抗鬱剤になる

CBDの抗鬱作用は動物実験で多く証明されていて、気分や社会的行動を調整する神経伝達物質のセロトニンに効果的なんだそうです。そのほかにも、子どもの心的外傷後ストレス障害(PTSD)を安全に緩和する効果も報告されていて、その理由はCBDが完全に無添加だからです。処方薬などの副作用である依存性がないのです。

5.神経保護作用がある

CBDオイルは、神経疾患(特にてんかんや様々な硬化症)にも効果を発揮するそうです。CB1やCB2受容体と結びついて中枢神経に働きかけ、鎮静作用として役立つとされています。

6.ニキビの治療にも

CBDオイルは免疫システムに信号を送り、炎症を軽減する効果があることから、ニキビの改善も期待できるそうです。ニキビ、湿疹、かゆみ、汗疹、乾癬などの肌の炎症に効くものとしてカンナビノイドは研究者の関心を集めています。研究はまだ完全ではないですが、前臨床研究では、抗炎症作用、かゆみ止め作用、アンチエイジング作用が証明されているようです。これは、エンドカンナビノイド・システムとの相互作用を含む、CBDの多様なメカニズムによるものです。

7.心臓にも効果がある

CBDはストレスに関係する白血球の生死や移動、血小板凝集に影響を与えることにより、心臓血管系ストレス反応を軽減するようです。高度にランダム化されたクロスオーバー試験で、9人の健康な男性ボランティアの方にCBDを急性投与したところ、ストレスを緩和し心拍数と血圧の上昇を抑制することがわかりました。

8.運動が楽になる

CBDオイルは激しい運動によって増大するグルタミン酸を減少させる効果があり、CB1 とCB2受容体に作用することで、特定の神経伝達物質の分泌を減らします。それが神経系に伝達し、痛みや炎症を抑えます。CBDは小さな痛みから、長期にわたる痛みにまで幅広く効果があります。

CBDオイルの使用法

チンキ剤タイプという舌の裏に数滴垂らし、吸収するまでしばらく待ってから飲み込むものが最も入手しやすく直接飲むのが苦手な方は水やスムージーに混ぜても大丈夫です。その他にも、スプレータイプやカプセルタイプ、グミ、クリーム、電子タバコによる吸入などもあります。

服用する時は少量からにしましょう。速く効果が出るので、少量で効き目があるはずです。初心者には10〜20mg辺りを推進しています。それで効果を確かめてから、量を増やすか減らすか決めましょう。服用の回数や摂取量は個人の判断によりますが、1日多くても最大200mgまでにしましょう。もっとも、新しい薬を試すときは、医師や専門家に相談するのが良いでしょう。

CBDオイルは安全?

CBDオイルを使用しているほとんどの方は副作用を感じることはなく、中毒性もありません。世界保健機関(WHO)の報告によれば、天然由来のCBDは安全で、人体における忍容性も高く、公衆衛生上の問題もありません。ですが大量のCBDが投与されている臨床研究では、口の渇きや軽いめまい、眠気が報告されているそうです。もともと低血圧の人は、血圧が下がるのも問題になってくるでしょう。ですがこれまでに(耐性がついて)服用量が増えたり、離脱症状が起きたというような依存性は報告されていないのでそこまで心配する必要はないでしょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]