CBDやCBDオイルは太るの?痩せるの?驚きのダイエット効果も!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

この記事では最近話題のCBD製品について紹介していこうと思います。健康や美容業界でも大変注目されており、ダイエットには効果があるのか?日常的に摂取して太る心配はないのか?CBDと体重やダイエットとの関係について、いくつか紹介しながら解説していきたいと思います。

CBDやCBDオイルで太るのはウソ?ホント?エビデンスと共にご紹介!

CBDやCBDオイルは健康や美容業界で様々な効果が注目され人気はますます高まっています。そんなトレンドを取り入れてCBDやCBDオイルを摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか?CBDの主な効用はリラックス効果や安眠効果なので、摂取すると太ってしまうのかという点についてはあまりまとまった情報がありません。

結論から言うと、CBDやCBDオイルで太るかどうかは、明確な答えがありません。CBDには様々な効果があると考えられていますが、その理由として私たちの体にもともと備わっている調節機能であるエンドカンナビノイドシステム(ECS)に働きかけることがわかっているからです。体の中で、免疫機能や気分、痛みなどを調整する仕組みのひとつがECSです。そのため臨床分野では、炎症性疾患や精神疾患に対するCBDの効果に関する研究が多く進められています。

精神的な作用が関わるものとして「食欲」が挙げられます。明確な答えが分かっていないと説明したのは、CBDやCBDオイルによって食欲が減ったという報告もあれば、増えたという報告もあり、現状ではどちらの可能性も混在しているからです。動物を使用した実験の結果になりますが、CBDを2週間毎日注射したことでラットの体重が減少したという報告や、CBDを含むカンナビノイド類の投与によりラットの食事量が減少したという報告もあります。

その一方で、小児てんかんを対象とした臨床研究では、対象となった患者の30%に食欲の増加がありました。また、てんかんの一種であるドラベ症候群を対象とした別の臨床試験では、食欲増加と食欲低下の両方が有害事象として報告されることになりました。他にも、CBD使用者2,409人を調査した研究では、6.35%の人が空腹感が増しているとという結果がでました。人体での臨床試験では、CBDによって体重が減ったまたは増えたということは検証されていないため、CBDやCBDオイルで太るのかどうかということを現時点で結論づけることはできません。ですが、これまでに説明したように食欲に影響があることはわかりますね。食欲についても、増加と低下の両方が報告されているので一概には言えないですが、食欲が増える、空腹感が増すといった副作用は軽微なものであると報告されています。

CBDやCBDオイルはむしろ痩せる?驚きのダイエット効果が!

CBDやCBDオイルは、ダイエットをサポートする働きがあると考えられています。ではなぜなのか?その根拠をいくつか見てみましょう。

CBDが代謝をアップ

ECSはミトコンドリアの機能をコントロールする作用があることが解明されています。ミトコンドリアは、私たちの体が活動するためのエネルギーを作っている重要な器官です。すべての細胞に存在しています。ミトコンドリアが上手く働かないと、私たちの体は元気に活動することができません。CBDはミトコンドリアが正常に働くようコントロールすることで、エネルギーの産生を増やし代謝を上げるため、ダイエットをサポートする働きがあると考えられます。

CBDが褐色脂肪細胞の働きを促進

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、この二つは全く異なる働きをしているといわれています。白色脂肪細胞では、カロリーの過剰摂取により脂肪が蓄積され、褐色脂肪細胞では脂肪が燃焼されます。褐色脂肪細胞がこのように呼ばれるのは、前述したミトコンドリアが多く存在し、褐色にみえるからです。ミトコンドリアがカロリーを熱に変換し消費するため、脂肪が燃焼します。細胞実験レベルの確証になりますが、CBDにより褐色脂肪細胞が活性化されたという報告があります。褐色脂肪細胞の働きを促すことがダイエットにおいて重要であると考えられていて、CBDがそのサポートとなることが考えられています。

CBDがインスリンの分泌を抑制

日々CBDの研究は進められていますが糖尿病もその一つです。糖尿病について考える際にポイントとなるのがインスリンの働きを知ることです。食事を摂ると人体は必ず血糖値が上昇します。血糖値が高いままだと動脈硬化など様々な合併症を引き起こす原因となるため、私たちの体には血糖値をコントロールする仕組みが備わっています。これがインスリンの働きです。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、食事などで血糖値が上昇すると分泌されます。過食や運動不足などで摂取カロリーが増えると、血糖値のコントロールのために過剰なインスリンが分泌されます。このようにインスリンの分泌が多い状態が続くと、インスリンがうまく分泌できなくなったり、分泌されても血糖値を下げる働きが上手くいかなくなったりします。これが2型糖尿病と呼ばれる疾患で、様々な合併症を併発します。

また、インスリンは血糖値を下げるときに、血液内の糖分を脂肪に変えて体に貯め込むように働きかけます。これは余分な糖分を飢餓に備えて貯めておこうという体の防衛反応ですが、ダイエットにとっては大敵となります。ダイエットにおいて、血糖値をコントロールすること、インスリンを過剰に分泌させないことはとても大切になってくるのです。

これから流行るCBDダイエット?CBDの使用方法を交えてご紹介!

ここまではCBDがダイエット効果的だと解説してきました。では、実際にはどのようにCBDを取り入れるのがダイエットに効果的なのでしょうか。どんなダイエットをしても結果がすぐにでるということはありません。ダイエットにおいて大切なことは食事改善や運動といった取り組みを習慣化することが重要です。CBDオイルも同じで生活の一部に取り入れて習慣化するようにしましょう。コーヒーや紅茶などの飲み物に混ぜても良いですし、直接舌の裏に垂らす舌下摂取もお勧めです。

ですが、過剰な摂取は副作用の原因ともなるので、少しずつ量を増やしていき、自分に合った容量を把握しましょう。もしも体に何かしらの異常があった場合はすぐに医師に相談しましょう。最近ではどのような場所でも入手できるCBD製品ですが、中には粗悪品もあります。まずは成分表記やCBDがどの程度含有されているかなどをしっかりと確認しましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]