睡眠改善に効果が期待される「CBDオイル」:使い方・選び方・知っておくべきこと

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

近年行われた調査によると日本人の5人に1人が睡眠で休養が取れていない、何らかの不眠があると回答しています。加齢とともにさらに不眠症の症状は増加していき60歳以上の方では約3人に一人が睡眠問題に悩まされています。このことから不眠症はとても身近な病気ということがわかります。

今回はそんな不眠症のケアに「カンナビジオール(CBD=ヘンプの種子及び茎から抽出された大麻草特有の成分)」を使用すると期待できる効果、潜在的なリスク要因について紹介していきたいと思います。不眠症をなかなか改善できない方も「CBDオイル」を利用することによって何らかの改善がみられると思います。

「CBDオイル」とは?

「カンナビジオール(CannaBiDiol)」のことを「CBD」といいます。現在様々な研究によって不安や痛み、ストレスなどを緩和する効果が期待できることがわかっています。「大麻」という文字に対してとても嫌悪感がある方もいると思います。

「CBDオイル」や「ヘンプオイル」は、日本で違法ではない?

「違法化の対象は、麻の茎および種子それら由来の製品は除外される」とあるので、「CBDオイル」は違法ではないということになりますが日本の大麻取締法では、「麻の葉、花、根の利用は禁止」されています。しっかりと確認を得た商品に関しては法律では問題がないということになります。そんなCBDオイルですが、臨床CBDオイル研究会のサイト内には生理活性物質によって不眠や疼痛(とうつう)、嘔吐、抗てんかん作用、免疫調整作用、抗炎症などに対して効果があることが確認されていると記載されています。

何が不眠症の原因となるのか?

不眠症の原因となっている主な理由はストレスや不安、抑うつなどです。また、昨今の新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの影響で心配事やストレスがたまり、普段の生活よりも睡眠障害が増加しているという話もあります。

「CBDオイル」は睡眠改善に効果があるのか?

「CBDオイル」は睡眠改善に効果があるかどうかはまだ完全な科学的根拠があるわけではないですが、先行研究では、CBDオイルが体内の内在性カンナビノイドと相互作用することから、不眠症に悩む方にとっては効果的であると示唆されています。カンナビジオール(CBD)はレム睡眠を促進し、日中の過度な眠気を軽減します。また、パーキンソン病などの神経疾患を持つ人々の睡眠障害に特に有効であることが証明されています。ほかにも不眠症治療に有効的な可能性があり、レム睡眠行動障害にも効果がある可能性もあるとされています。

睡眠用のCBDオイルの効果とは?

大麻と聞くとそのものの効果によって「リラックスすることで眠くなるのでは」と思う方も少なくないと思いますがCBDオイルを使用することは、単に眠気を感じるわけではなく、少し複雑なもののようです。「CBDオイル」と聞くと警戒してしまう方も多いかもしれませんが、改めて睡眠障害治療としてはどのような効果があるのか今一度確認してみましょう。

不安神経症や睡眠不足に悩んでいる72人の成人を対象とした最近の研究結果では、その方たちの不安指数は初月で79.2%低下し、研究期間中も継続して減少したままだったことも明らかになっています。睡眠指数も最初の1カ月間で66.7%改善し、その耐性も問題はなかったと報告されています。不眠症に関係する大きな要因の一つのストレスですが、CBDオイルはストレス反応を改善し、その結果から、リラックス効果が得られることも研究で明らかになっています。 実際に、夜にCBDオイルを使用している方も、眠りが深くなり、リラックス効果も得ているようです。

睡眠のための「CBDオイル」の使用方法・注意点

CBDをご自身の治療として試す前には必ずかかりつけの医師へ相談しましょう。投与量については10~20mg程度の少量から始めてみましょう。即効性があるはずなので、少ない量で効果が出ているかどうかを見極めることができます。CBDには様々な種類の製品がありますがその中でもお勧めなのが舌の下に数滴垂らして服用することができるチンキ剤です。

3種類のCBD製品と特徴

どのような製品を試してみたら良いかわからない方のためにCBD製品をタイプ別にご紹介していきます。この記事を読んでご自身に最適な物を選んでみてください。

【1】飲むタイプの「CBDオイル」

口から飲み込むタイプのCBDオイルは、消化器官で吸収され全身へ回ります。口内の毛細血管からも吸収されるので、ゆっくりと口内へなじませるように使用します。

スポイトタイプの特徴
…スポイトの付いたタイプのCBDオイルは、使用量を自分で調整できるのがメリットです。

カプセルタイプの特徴
…カプセルは、1粒あたりCBD 10mgと容量がわかりやすく、日々の体調とCBD摂取量の管理をすることに適しています。オイルがこぼれる心配もなく、持ち運びにも便利です。

【2】塗るタイプの「CBDオイル」

塗るタイプのCBDオイルは、肌や筋肉の部位、関節部など局所的に使用可能です。

ロールオンタイプの特徴
…手を汚さずに気軽に、サッとひと塗りで気分を変えられ持ち運びに便利です。首筋や関節、筋肉など気になる身体の部分に直接塗り使用します。

【3】吸うタイプの「CBDオイル」

吸うタイプの「CBDオイル」は、VAPE機器を使用することで、水蒸気化したCBDを吸い込み体内に取り込みます。

レスピラの特徴
…「レスピラ」とは、スペイン語で「呼吸」や「息をする」を意味します。水蒸気化させたCBDを吸い込んで体内に取り入れます。比較的早く体感が得られ、効率的に利用できるのがポイントです。

CBDオイルには健康上のリスクはないのか?を再確認

2017年に発表された「世界保健機関(WHO)」の報告書によると、カンナビジオールは乱用の可能性や害を引き起こす可能性はないと結論づけていますが、常に注意して使用するようにと結論づけられています。しかし、CBDには多くの処方薬の分解に関与する肝酵素と相互作用があるため、一部の薬では代謝が遅くなり、血中濃度が上昇し、副作用を引き起こす可能性があります。日ごろから処方された薬を服用している方は、CBDを使用する前に医師または薬剤師に確認しましょう。 

医療用大麻とCBDオイルは何か違う?

医療用大麻やマリファナには幻覚を引き起こす「THC(Tetrahydrocannabinol=テトラヒドロカンナビノール)」成分が含まれています。その一方でCBDオイルには、THCは含まれないため、「摂取しても精神作用を引き起こすことはない」とされています。

CBDオイルの副作用について

本当にごくまれにですがCBDにも副作用の可能性はあります。その副作用には、口渇や眠気といったものが含まれます。また、不安神経症やその他の症状のために他の薬を服用している場合には、「CBDオイル」は一般的な処方薬と相互作用する可能性があるため、使用する前にかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]