CBDやCBDオイルは頭痛・偏頭痛に効く?三叉神経痛の改善にも期待!

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

偏頭痛はいきなり前触れもなく現れる頭痛で、いつ偏頭痛が引き起こるかわからない為、痛み止めが手放せない人は多いと思います。そもそも頭の痛みや偏頭痛を引き起こす三叉神経痛はどのように発症するのか、またCBDやCBDオイルは痛みを抑える作用はそれらに有効であるのかを解説します。

日本人の4人に1人が抱える頭痛……。偏頭痛の正体とは?

偏頭痛はどの年代にも発症すると言われており、成人期以降には主に女性が多いと言われています。そのいくつかの症状が、吐き気、嘔吐、言語障害、手足がチクチクする感覚、痺れ、音や光に敏感になるなど、これらが頭痛の一種になります。なぜ偏頭痛は起こるのか様々な説がありますが、今のところ発症の作用機序は完全に明かされていません。

偏頭痛を引き起こす主な原因は、強い光や音、馴染みのない匂い、暑さ、天候、気圧、アレルギー反応、脱水、肉体疲労、精神的ストレス、睡眠不足、空腹、ホルモンバランスの変化、妊娠、月経、更年期、ニコチン、服薬、遺伝などの環境や物質が関わっています。また食品の中でも偏頭痛の原因とされてるものがあり、チョコレートやチーズ、ポリフェノール、アルコール、カフェイン、グルタミン酸、硝酸塩、人工甘味料などは避けた方が良いとされています。

偏頭痛の治療には非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの鎮痛剤や血管収縮剤、吐き気止めなどが主に処方されますが、これらには消化器症状などの副作用が多く、長い間摂取することは望ましくありません。なので偏頭痛には環境や食事をしっかり見直すことが大切です。

CBDやCBDオイルは頭痛や偏頭痛に効く?エビデンスと共にご紹介!

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドの有効成分の一種で、疼痛や吐き気、睡眠などの調節を行うエンドカンナビノイドシステム(ECS)に作用することにより、様々な効果をもたらします。ECSはアナンダミド(AEA)や2-AGなどの内因性カンナビノイドが中枢神経系に発現するCB1や免疫系・末梢神経系に発現するCB2などのカンナビノイド受容体に作用することで機能します。直接CBDはCB1やCB2に作用することはなく、AEAや2-AGを破壊する酵素であるFAAHを阻害することにより間接的にECSを活性化させ、さまざまな神経伝達物質の受容体に働きかけます。

また大麻取締法で違法となる大麻の主成分はTHCですが、CBDはTHCのように「ハイ」になる作用がないため日本では違法にはなりません。 なのでCBDとTHCは全く違う成分になります。今まで偏頭痛の治療をCBDのみで証明した実験は行われていません。全ての研究ではTHCを含む薬剤や医療用大麻が使用されており、THCはCB1やCB2に直接作用するので、鎮痛作用や制吐作用においては高い効果が期待されます。

THCは日本では違法となりますが、医療用大麻が合法であるアメリカなどでは、治療の際にCBDを摂取するよりTHCを含有する薬が支持されています。日本ではTHCの治療法は不可能ですが、今までに行われた研究を紹介します。

医療用大麻を使用した研究

偏頭痛への効果を医療用大麻で検証したところ2016年、アメリカ・コロラド州で48人の患者を対象に、およそ40%の患者が偏頭痛の発作の頻度が減少したと研究の結果が報告されました。最も被験者の中で副作用が多かったのが、強い眠気と他に摂取量の基準が難しいと告られました。エディブル(経口摂取)の被験者は吸入摂取よりも多くの副作用を感じました。

2018年には様々な疾患の症状で、偏頭痛や頭痛、関節炎、慢性疼痛の患者を対象とし、研究した結果、今までの処方薬の代わりに医療用大麻を使用することで疼痛が緩和することに成功しました。また強い鎮痛作用を持ちながらも依存性のあるオピオイドを内服している患者において効果が高くTHCの含有量が多くCBDの含有量が少ない製品が偏頭痛の患者には最も効果が最大限に現れました。

ナビロン(Nabilone:合成THC)を用いた研究

鎮痛剤を過激に使用したことで生じた頭痛を改善させる研究が2012年イタリアで行われました。26人の被験者を対象に50mgのNabiloneと400mgのイブプロフェンをそれぞれ8週間ずつ摂取して効果の比較が行われました。両方とも鎮痛効果はありましたが、Nabiloneを摂取している期間の方が痛みが減り、頭痛の発症の頻度も減少したとありました。

CBDやCBDオイルのみを用いる治療の可能性

CBDやCBDオイルでも偏頭痛を軽減できる可能性は高いです。グリシン受容体に作用して疼痛の信号を伝える経路を調節する、セロトニン受容体やアデノシン受容体への作用によって、偏頭痛の原因となる睡眠不足を改善する、嘔吐中枢の調節による吐き気を抑えると考えます。しかしCBDやCBDオイルのみで疼痛コントロールすることに関しては、まだまだ研究が必要な状態です。処方薬の代わりに副作用が少ないCBDを服用したい場合には、医師に相談してからにしましょう。偏頭痛以外にも持病があり、内服薬がある場合にも必ず医師の指示に従うようにしてください。

CBDやCBDオイルは顔の痛みを伴う三叉神経痛などにも効果的?

三叉神経痛とは、頭部に起こる痛み、偏頭痛以外に顔面に痛みが生じることを言います。名前の通り、眼神経、上顎神経、下顎神経の3本に分かれた形をしており、額から顎までの顔面全体の感覚を支配しています。三叉神経とは、脳幹という部位から顔面に向かって伸びる脳神経の一種になります。

三叉神経痛は、普通では痛みと感じない少しの刺激が、電気刺激のように痛みを感じる病気のことです。普段から顔を洗ったり化粧をしたりする行動も刺激の原因です。また歯磨き、食事など顎を動かす時や、飲料などの冷たいものの刺激も痛みが起こることもあります。特に痛みがおこりやすい部位が顎や頬、歯、歯茎、唇などで、顔の左右どちらかのみに痛みが生じることが特徴です。また三叉神経痛に似た症状の疾患があり、帯状疱疹といいます。帯状疱疹はウイルスが炎症を引き起こすことによって神経が傷つき、炎症が治癒した後も長い間、炎症部位に痛覚過敏が生じる病気です。

三叉神経痛が生じる原因の一つは、脳の静脈や動脈、腫瘍が神経を強い力で押し付けられる事で引き起こります。直接的に三叉神経に損傷が起こるわけではなく物理的に圧迫がおき、この神経を圧迫する原因を除去する外科的治療が最も高く効果的な治療法になります。治療効果の高い疼痛改善の手術ですが、手術後に聴力や視力に障害が生じたり、痺れや麻痺などが残ったり合併症が引き起こされるケースがあります。これらは状況によって神経や血管の他の神経が傷つき引起こります。また、抗痙攣薬により神経の伝導を抑える治療法もあります。薬を飲む事により疼痛をコントロールできることもありますが、飲む事を中止すると痛みはぶり返し、重篤な副作用が全身に炎症や臓器不全が起こる可能性もあります。

三叉神経痛は現段階では治療の危険が高いですが、CBDやCBDオイルは副作用が少なく神経に働きかけて疼痛をコントロールする作用があるので注目が集まっています。CBDやCBDオイルの鎮痛作用は体内で幅広く作用することによるものです。なので三叉神経痛にも効果をもたらすと考えられますが、CBDやCBDオイルのみを使用した研究はないので、偏頭痛と同様、CBDやCBDオイルの服用をする際には医師に相談してから開始するようにしましょう。

CBDやCBDオイルを飲む際の注意点は?

CBDやCBDオイルは肝臓内のシトクラム450(CYP450)と言う酵素を阻害することで、CYP450によって代謝・排泄される薬剤を長時間体内に留まらせ、薬効を増強する作用があります。なので何か薬を内服されている場合や持病がある場合、薬の飲みあわせには注意する必要があります。CBDやCBDオイルの使用する前に医師からの指示を受けてください。また女性はホルモンバランスの変化によって偏頭痛が起きやすいですが、妊娠中の人はCBDやCBDオイルの使用はアメリカ食品医薬品局(FDA)によって禁止されています。妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある際はCBDやCBDオイルの使用は中止してください。

また三叉神経痛、偏頭痛の改善のためCBDやCBDオイルを使用する際は、脳神経内科や脳神経外科などの専門の医師を受診し、脳腫瘍や脳梗塞などすぐに治療が必要な病気ではないことを確認してください。中には手術が必要な事もあるので、自己判断でCBDやCBDオイルの治療を初める事は避けてください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]