CBDをVAPEで吸引摂取したい方必見!必要な器具一式をご紹介!

  • 2022年11月28日
  • CBD
  • 25view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDの摂取方法は、CBDリキッドをVAPEで気化し吸引するという方法があります。CBDをVAPEで摂取する際どんなメリットがあるのでしょう?また、使用する前に必要な器具の紹介、初心者でも始めやすいスターターキットについてここで紹介します。

そもそもCBDやCBDリキッドって何?

CBD (カンナビジオール)はヘンプなどの植物に含まれる成分の一つです。CBDは大麻草から抽出される有効成分 (カンナビノイド) の一種ですが、「大麻に含まれる成分は大丈夫なのか?」と考える方も多いと思います。しかし、カンナビノイドの中でも、問題とされているのはTHC (テトラヒドロカンナビノール)という成分になるので、CBDにはTHCのような心配は要らないと言えます。THCは「ハイ」になる精神活性作用があり、マリファナの主成分になるので、日本を含めさまざまな国で禁止されているのです。CBDは「ハイ」になる作用がないため、日本では規制対象ではありません。逆にCBDにはリラックス効果、精神を落ちつかせる、不安やうつなどの症状を改善するなどといった作用があり、気持ちを前向きにしてくれます。

またオリーブオイルやMCTオイルといったキャリアオイルにCBDを配合したCBDオイルが気軽に摂取できると人気な製品ですが、CBDオイル以外にもさまざまなCBD製品が販売されています。最近、CBDオイル以外に人気な商品がCBDリキッドです。CBDリキッドは、VAPE (電子タバコ) で摂取するタイプの製品で、その気軽さや嗜好性などから急速にシェアを広げています。

CBDのVAPEにはどのような種類がある?使い方もご紹介!

VAPEでCBDを摂取をしたい方も多いはずです。VAPEは電子タバコともいい、味や香りのついた成分のリキッドを専用の器具で加熱して吸引するタイプの嗜好品です。VAPEで使用するリキッドは、海外ではニコチン入りが販売していますが、日本ではニコチン入りのリキッドは販売がないので、日本ではVAPEでニコチンを摂取することはありません。なので日本の法律上はタバコに分類されずVAPEはどちらかというとアロマに近いものになります。その点が、紙巻きタバコやアイコスなどで有名な加熱式タバコとは違います。

手軽に摂取するために、CBD入りのリキッドをVAPEで吸うという方法がおすすめです。VAPEでCBDを摂取するためには、CBDリキッドを加熱し吸引する吸入摂取という方法で、吸入摂取により取り込まれたCBDは肺に入り、肺胞から毛細血管を通じて全身に巡ります。なので吸入摂取の体への吸収率は34~56%で、CBDオイルの吸収率13~35%と比較しても非常に高いです。また吸引後数秒〜10分程度でCBDの効果が現れるのでメリットの一つと言えますが、デメリットとしては、効果の持続時間が短く30分~1時間程度と挙げられます。電子タバコを使用していた方は、このようなデメリットはありますが、便利さとしてはVAPEでの吸入摂取は非常に人気の高いCBDの摂取方法の一つです。

VAPE (電子タバコ) にはどんな種類がある?

そもそもVAPEにはどのような種類があるのでしょうか?VAPEは使用方法による分類の仕方と、形状による分類の仕方があります。

使用方法による分類

VAPEはさまざまな摂取方法があり、種類によっても異なります。3つに大きく分けると「リキッド式」「カートリッジ式」「使い捨て」のタイプです。

リキッド式とは?

別売りの専用リキッドをVAPE本体に入れ使用するものです。

カートリッジ式とは?

別売りのリキッド入りのカートリッジを取り付けることで使用するもので、カートリッジを替えるだけで違うフレーバーを楽しめます。

使い捨てタイプとは?

リキッドがすでに入ったまま販売されている商品なのですぐ使用することができますが、リキッドを補充したり充電し再利用することができない1回限りの商品となります。

形状による分類

次に形状における分類についてみていきましょう。VAPEの形状での分類には大きく分け「ボックス型」「小型」「POD (ポッド) 型」です。

まず、ボックス型は機器のサイズが大きいので、その分デザイン性が高くなっていて機能が充実しているのが特徴の一つです。またメリットとして挙げられるのは、バッテリー容量が多いので、充電を頻繁にしなくても長時間、連続的に使用でき、そしてフレーバーの味や煙の量などを好みに合わせて出力設定で微調整することも可能です。ボックス型はさまざまな楽しみ方をしたい方におすすめで、ヘビーユーザーにも適したタイプのVAPEであるといえます。その一方、デメリットもあり、機器のサイズが大きく持ち歩くにくいとも言えます。

次に紹介するのが小型VAPEですが、これらはペン型やスティック型といった比較的にコンパクトな機械であり、持ち歩くのにも優れているのが特徴です。また初心者の方でも簡単に使いやすく、モード変更や出力調整といった設定機能がないものも多くその分操作がしやすいです。デメリットとしては電池持ちが悪い点です。ボックス型よりもコストがかかってしまいます。また、対応するリキッドの種類も少なく、サイズが小さい分蒸気の量が少なかったりもするので、フレーバーの種類や吸いごたえを楽しみたい人には向かないでしょう。

POD型は、ボックス型と小型の中間ぐらいのサイズ感で、ポッドと呼ばれるリキッドの入ったものを取り付けて使用します。またポッドには元々リキッドが注入されているものと、自分で注入するものがあり、ポッドや中に入っているリキッドを入れ替えることによって、フレーバーを簡単に変えることができます。さらに、POD型のVAPEは、ボックス型のような吸いごたえと小型の操作の簡便さという双方のメリットがあります。またメンテナンスも不要なのでVAPE利用者からの注目が集まっています。

VAPEにはどのような器具がある?使用方法は?

上記記載のように、さまざまな種類があるVAPEですが、どのような器具に分けられてどのように使用するのでしょう?VAPE本体の機器は、大きくバッテリーとアトマイザーに分かれており、それを組み立てて使用します。バッテリー部分はMODとも呼ばれ、VAPEの動力である電気を発生させる部位になります。制御基板も装備されていて、ボックス型など機器によって、電圧や温度を調節できるものもあります。また、アトマイザーには吸い口、リキッドを注入するタンク、リキッドに熱を加えるコイルがあります。バッテリーの電力から、熱をコイルに発生させ、リキッドを気化しそれを吸い口から吸い込むことで、フレーバーを楽しむことができます。

CBDをVAPEで吸いたい方に!必要な器具一式は何が必要?値段は?

CBDをVAPEで摂取する際に必要なのが、VAPE本体とCBDリキッドの用意が必要です。ただし、先程説明しましたがVAPE本体はさまざまな部位に分かれているので、吸い方にもリキッド式やカートリッジ式の種類があります。

VAPE本体を構成するパーツ

VAPE機器にはさまざまなパーツがあります。

①MOD

バッテリーユニット。VAPEの心臓部ともいえる部位

②ドリップチップ

アトマイザーの上部にある吸い口部分

③タンク

アトマイザーにあるリキッドを溜めておく透明な部位。リキッドの残量を確認する目的でも使用

④コイル

アトマイザーの一部で、リキッドを加熱し水蒸気を発生させる電熱線のこと

⑤ベースパーツ

アトマイザーの最下部の台座部分でMODとの接続部位

始めてVAPEを使われる方は、スターターキットといい、すべての部品がセットになっている状態のもを購入することが多いですが、これらの部品は消耗品であるものが多いです。またメンテナンスを行うことにより、劣化を防ぎますが、使用してればいずれ古くなり別途購入する必要があります。

リキッド型かカートリッジ型か

VAPEには二つの型があり、タンクにリキッドを注ぎ使用するタイプ、リキッドの入ったカートリッジを取り付け使用するタイプがあります。なのでCBDリキッド、もしくはCBDリキッドの入っているカートリッジを購入しないといけません。

CBDをVAPEで摂取する時の相場は?

VAPEを使用する場合には、VAPE本体とリキッドやカートリッジを揃える必要があります。またスターターキットで一式そろえるのは、数千円であることが多いですが、種類によっては値段もさまざま異なります。ボックス型の場合は千円台後半から一万円以上する製品もありますが、ペン型などになると2,000~3,000円が相場です。ただ、ペン型などの小型のものはボックス型に比べて吸いごたえがなくコストもかかるので、場合によっては多く費用がかかってしまうケースもあります。本体を選ぶ際には、自身がVAPEを使う頻度や、楽しみ方、使いやすさなどを考えたうえで、種類を選ぶことをお勧めします。

リキッドについてはCBDを摂取する場合にはCBD入りのリキッドを選びましょう。またCBDリキッドの値段には、ブランドやCBD濃度により違いがあります。概ね10ml容量・CBD濃度5%のもので8,000円前後と覚えておくといいでしょう。CBDリキッド入りのカートリッジも値段はさまざまで、こちらも概ね数千円~一万円前後であるものが多いです。

コスパは良いとはいえない?

CBDをVAPEで使用するにはVAPE本体とCBDリキッドまたはカートリッジを購入する必要があります。ですがどちらとも決して安いものではないと言えます。また、CBDリキッドに対しては、なくなれば補充しなければいけません。そして機器のメンテナンスや充電も必要なので、VAPE本体の部品も消耗品であり、購入後もコストはかかり続けるので、CBDをVAPEで摂取するには、コスパが良いとは言えませんよね。CBDオイルで摂取するのであれば、VAPEのように器具などを購入する必要はなく、使用期間も1ヶ月程度持ちます。その意味ではCBDオイルの方がVAPEよりもコスパが良いと思います。

一方でコスパが悪くてもCBDをVAPEで摂取することに十分満足しているという方も多くいます。なので自身の考え方も踏まえて、CBDオイルにするのかVAPEにするのかを選んでも良いでしょう。

CBD初心者必見!CBDのスターターキットとは?

最近ではVAPEのCBD摂取方法は人気の一つになっています。しかし、VAPEには上記で述べた通り、たくさん種類があり、CBDリキッドも各メーカーがさまざまなフレーバーや濃度のものを販売しています。なので初心者の方は不安を持ってしまい、どの製品を選べば良いのか、摂取に必要なものはどれなのか分からないので、一式揃えるのに多くのお金がかかってしまう可能性もあります。このような場合に、初めての方でも手軽に使用しやすいようにCBDやVAPEのスターターキットというのが販売されています。

CBD-VAPEのスターターキットには、VAPE本体やCBDリキッドなどの必要なものが一式揃っており、初心者でもすぐに使用しやすいです。別々でVAPE本体やCBDリキッドを購入するよりも、CBD-VAPEのスターターキットは格安で販売されているため、お財布に優しいというのもメリットですね。CBD-VAPEのスターターキットはCBDやVAPEの専門販売業者のウェブサイトや楽天市場などの大手通販サイトなどでも販売されています。これからCBDやVAPEを試したいという方は是非チェックしてみて下さい。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]