CBDは何歳から使える?年齢制限や子どもへの影響やおすすめ製品を紹介

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

近年人気を広めているCBD製品ですが、CBDはストレス軽減にも効果があるとし、大人だけではなく子どもにCBDを使用したいという親も増えてきています。ですが、子どもに使用しても安全なのか、健康面、法律的に使用しても大丈夫なのか?不安に思う親も多いはずです。この記事では、子どもにCBDを摂取しても可能か、健康、法律上の問題について、子供が摂取しやすい製品についても紹介していきます。また子供にも安心して使えるCBD製品をわかった上で、さらにCBDが子どもの身体に与える影響や効果について把握しておきましょう。

CBDは何歳からでも利用が可能

CBD製品の使用は何歳からでも利用でき、法律上明確な年齢制限はなく使用することができますが、中には一部制限がある製品も存在します。これまでにCBDに関する研究結果は少なく、現時点でCBDは子どもに与えても安全性が高いと言い切ることはできません。研究が不十分な分CBDを子供に摂取する際に、リスクもあることを頭に入れ十分に理解しておきましょう。また、稀にCBD製品の中には違法成分のTHCが混入しているケースもあります。CBD製品を選んだり購入する場合は、子供の判断だけでなく大人がチェックすることをオススメします。CBD製品は、集中力やストレス解消、リラックス効果など、子供に対しても様々なメリットがあるので、購入の際はTHCが入っていない安全性の高い商品を選び使用するようにしてください。

年齢制限があるCBD製品とは?

上記では、CBDの使用について年齢制限はないと説明しました。お店によってCBD製品の一部の使用が制限されていたり、販売に年齢制限を設けているところもあります。次に、CBD製品を未成年が使用することができない種類について説明します。

タバコと誤解される「CBDベイプ」

CBDベイプとは、(CBDリキッド)のことで、電子タバコを使用する際に、液体にCBD成分を含ませた物を吸うための器具です。CBDリキッドにニコチンやタールは含まれていないので違法にはなりませんが、見た目は加熱式タバコなので、補導される可能性はあります。また、CBD自体は未成年の決まりはないですが、未成年に対し電子タバコ類の商品を販売自粛している店舗がほとんどです。様々な種類のCBD製品が販売されているドン・キホーテでも「CBDベイプを未成年に販売しない」と決まりがあるなど、購入の際には年齢確認を行います。未成年がCBDベイプを屋外で使用する場合やCBD製品を店舗で購入の場合は、上記のことを十分に理解しておきましょう。

大人が処罰を受ける

未成年者喫煙禁止法に基づくと、子どもがタバコなどを喫煙した場合は、吸っていたものを没収されるだけで済みますが、親が知りながら子供を止めなかったり、店が未成年に販売したりした場合、大人が処罰を受けてしまうことがあるので十分に注意しましょう。またCBDベイプは喫煙具になり、お店でも未成年による販売はしていません。未成年者喫煙禁止法によると以下のような罰が課されます。

・親や保護者が未成年の喫煙を止めなかった場合は科料

・お店側が未成年と知りながらタバコや喫煙具を販売した場合、50万円以下の罰金

保護者が子どもの喫煙を止められなかったり、お店が利益のために販売してしまったりすると、罰が課せられるので注意が必要です。

CBDによる健康への影響

CBDは大麻草から抽出される有効成分「カンナビノイド」の一種です。大麻には100種類以上のカンナビノイドが含まれており、大きく分けるとTHCとCBDの2種類に分類することができます。CBDにはリラックス効果やストレス解消など合法な成分ですが、その一方THC(テトラヒドロカンナビノール)には、ハイになる作用や中毒性があり、所持しているだけで違法になります。

次に、CBDとTHCに関する健康への影響やリスクについて解説します。

THCを含むCBDに気を付ける

CBDはこれまでに安全という印象がありますが、まだ子どもに対しての研究は少なく絶対に安全とは言い切れません。子供がCBDを摂取した際の重篤な副作用についての結果がないので安全と思いますが、使用する場合はリスクが0ではない為、十分に理解しましょう。また、海外性や品質の悪い販CBD製品から違法成分になるTHCが検出された事例もあります。日本では大麻取締法により、大麻の樹液から抽出される成分は中毒性や向精神作用があるため、禁止されています。海外ではTHCが合法な国もあって、THCが含まれているCBD製品も多くあります。なので親がCBD製品を子どもに与える際は、特に注意し、安全性が高いものを購入するようにしましょう。

服用している薬の効果に影響

CBDには肝臓の解毒酵素を害する働きがあり、薬の解毒を遅らせることで、効果が過剰になったり副作用がおきやすくなったりします。CBDを使用前に、持病を持っていて既に薬を服用している場合、その薬がCBDに影響されないかかかりつけい医に確認しましょう。子どもも風邪をひいたら小児科や耳鼻科に行きますが、そこで処方される薬にもCBDと相互作用を起こす薬があります。また既にCBDを使用しており、新たに病院で薬を処方された際も、主治医や薬剤師に薬とCBDは一緒に服用しても大丈夫か必ず確認することをお願いします。

年齢に関係なく購入できるおすすめCBD製品4選

この記事ではCBDの安全性や子どもが摂取する際の注意点について説明しました。次に、未成年でも購入でき、周りの目を気にすることなく年齢制限なく摂取できるオススメの4つのCBD製品を教えます。以下の4タイプです。

①CBDオイル

CBDオイルは、CBDの中でも最も有名な製品です。専用のスポイトがついてあり口から直接摂取したり飲み物に混ぜて摂取するなど、様々な方法があります。CBDオイルを舌の下に垂らす舌下摂取の場合は、15分から30分後に効果が期待できます。またCBDオイルは、CBD特有の青臭い苦みを感じるため苦手な方も多くいます。コーヒーなど飲み物に混ぜることで臭い、苦みを軽減させることができます。

②CBDエディブル

CBD製品は、グミやクッキーにして食べたりできるCBDエディブルという製品があります。CBDエディブルは、CBD成分を含んだ食品全般のことを言い、チョコレートやキャンディなどさまざまなな種類があり子どもが口にしやすい商品もたくさんあります。またCBDグミの場合、摂取したときの効果は1〜2時間後に現れてきて、効果の持続時間は4〜8時間程度です。効果イメージとしては、効きはじめはゆっくりで持続時間は長めです。

③CBDパウダー

CBDパウダーは、CBDを粉上にしたもので、飲み物やスープに混ぜることができるので、抵抗なく簡単に摂取が可能です。また、CBDオイルやCBDリキッドに入れて濃度をあげる使い方も可能です。CBDは濃度が高いほど高価になるため、CBDパウダーを一緒に使うこともオススメです。

④CBD化粧品

CBDは化粧品に混ぜ合わせ使用することもできます。抗炎症や抗酸化効果があり、肌の機能を改善するだけでなく、再生を助けたり肌の細胞を調整する役割をします。またCBD配合の化粧品は、世界中でも人気でリラックス効果や美肌効果が期待できます。以下の肌の悩みにも効果が期待できます。

・ニキビ
・皮膚炎
・アレルギー
・アトピー
・やけど

CBDは、このような炎症を抑え、皮膚の再生や回復に効果が期待でき肌を健康に維持できるのでオススメです。

 
この記事では子どもでもCBD製品を使用できるのか、健康面や法律面についてご紹介しました。CBDは何歳でも使用が可能ですが一部の商品には制限があり「CBDベイプ」はタバコの使用方法に似ていることから注意が必要と言うことです。またCBDは大人だけではなく、子どもにも有効的な成分を含んでいるので、安心して使用できる信頼性のあるCBD製品を選び、それと子どもの身体への負担を考えて使用するようにしてください。CBDを使用する時は、大人が商品をしっかり見極めて危険でないものを選ぶことが大切です。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]