CBDの鎮痛作用とは?今アメリカで話題沸騰中のCBDクリームを紹介

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは痛み止めの薬とは違う作用の仕方で、痛みに働きかける可能性があることが分かっています。現在では研究が進められており、CBDを皮膚に塗布することでニキビを抑えたり、肌を整える効果もありさまざまな使用法が期待されています。また現在アメリカではCBDクリームが注目されており、人気沸騰中になっています。

THCとCBDの違いとCBDの効能

CBD

・日本で合法
・非精神活性作用
・副作用少ない 
・リラックス作用
・うつ、不安
・依存、中毒性無し

THC

・日本で違法
・精神活性作用
・重篤な副作用
・催眠
・食欲増加
・依存、中毒性あり

CBD (カンナビジオール) は、大麻草から抽出される有効成分の一種です。大麻に主要な生理活物質には、上記のようにCBDとTHC (テトラヒドロカンナビノール) があります。CBDとTHCは非常に似た化合物になっていますが、みなさんが良く耳にする大麻のイメージはTHCの効果です。THCを摂取することにより、多幸感や酩酊感を感じ「ハイ」になる作用があります。また使用することで精神的依存を生み出すのです。CBDにはTHCのように精神作用や依存性はなく、THCとCBDの規制は異なっており、日本だけでなくCBDは多くの国や地域での使用が認められています。

またCBDの効果にはさまざまあり、痛みを抑える、不安を暖和する、眠気を誘う、皮膚の健康を保つ効果などがありますが、他にも難治性のてんかんを抑える効果もあり、CBDを薬として許可している国もあります。マリファナの乱用の歴史から、大麻の使用および研究が世界的に制限されたので、大麻の成分であるCBDは長年研究がされてきませんでしたが、近年ではCBDの安全性が高いことや有用性が研究により分かってきて多くの結果が報告されてきています。また10年で研究成果や研究の要約などの論文の報告数は10倍近く増加しています。

CBDの抗炎症作用と鎮痛作用

ここからはCBDの痛みを抑える効果についてお話します。CBDには数多くの作用がありますが、痛みを抑える効果つまり鎮痛作用も注目されていて研究成果が報告されています。実際にCBDとTHCが配合された口腔スプレー薬のSativexは、疼痛の緩和目的に使用されています。しかし、この薬はTHCによる副作用のリスクが心配されています。CBDは、比較的に高い濃度で使用しても副作用があまり認められず、鎮痛効果が分かっているので新しいタイプの鎮痛薬として注目されています。

また直接口からCBDを摂取することで、肝臓で一部が消化されてしまうことから、効率がよくありません。なので痛みがある部分に直接CBDを塗る使用法も研究されています。CBDを皮膚に塗ることにより、吸収されたCBDは分解されず、痛みや炎症のある部位に直接運ばれて作用することが分かっています。痛みの発症は、傷や怪我から炎症を起こし、その部位から出るサイトカインやプロスタグランジンなどの物質が神経に作用し痛みを感じ始めます。 またラットを用いた動物実験の研究によると関節炎を引き起こしたラットにCBDを塗ることで、炎症を起こす物質の1つであるサイトカインなどが抑制されました。結果、関節炎による腫れがCBDにより抑えられ、痛みに応じる行動に減少することが観察されたと報告されました。

その他にも、表皮水疱症に罹患した患者3人にCBDを投与した臨床試験もあります。表皮水疱症は少しの刺激で皮膚がめくれ炎症を起こす難病で、その治療法は確立されていません。なので常に生じる痛みと向き合う病気になります。このような表皮水疱症の患者に対してCBDのオイルやクリーム、スプレーを塗布した臨床試験の結果、痛みや水ぶくれの減少だけでなく創傷の治癒を早める効果もあることが分かりました。またCBDによる副作用は患者やその家族からは、報告されていません。

CBDの鎮痛作用機序と既存の痛み止めの薬との違い

身体の痛みは様々な受容体の活性化を介して伝えられます。体内で最も感度の高い神経受容体の1つであるTRPV1受容体は、どんな痛みの刺激でも引き金を引くことが可能です。このTRPV1受容体は、痛みの感じ方に対して非常に重要な役割を果たしているので、身体全体の末梢神経系に均等に分布しています。また動物実験の結果ではCBDは、TRPV1受容体に直接活性化することによって、痛みを感じにくくさせ、神経疼痛を抑えることが考えられています。

今ではドラッグストアや病院でも様々な痛み止めが用いられていますが、最も使用されている痛み止めは、非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) という種類の薬が入っており、この種類の薬は痛みを伝えたり炎症を起こす物質であるプロスタグランジンが生成されるのを抑える薬です。NSAIDsの中には胃腸障害を起こしたり、過敏な体質の人は喘息発作を起こす場合もあります。CBDによる痛み止めの効果は未だ研究中で、どの程度の鎮痛作用なのか、どれくらいの量が必要なのか、また長期的な影響などは不明ですが、今のところ副作用は報告されていません。NSAIDsが合わない方には新しい選択肢になることが期待されます。またCBDを皮膚から吸収するゲルがアメリカで開発されており、てんかんや変形性関節症などの治療薬として現在、臨床開発が進められています。

CBDクリームの美容効果

CBDには、菌を抑える抗菌作用があることが分かっており、CBDはニキビの原因である、皮脂腺の炎症部位に効果的に作用することも示されています。また美肌目的でも使用する方が多く、肌を整える効果を実感しているようです。

CBDクリームのアメリカでの使われ方

米国の消費者の調査によるとアメリカ人の約26%、数にして約6,400万人のアメリカ人が過去2年間でCBD製品を試したことが明らかになっています。回答者の7人に1人が毎日CBDを使用していると報告されています。また回答者の3分の1以上がストレスや不安を軽減したり、リラクゼーションを促進するためにCBDを使用していると言います。その他に、4人に1人が関節痛にCBDを使用していると答えており、38%が「非常に効果的」、27%が「全く効果がない」という回答です。さらに2019年アメリカの非営利組織である関節炎団体のレポートによると、調査対象となった2,600人の関節炎患者の79%がCBDを使用することを検討、また使用していたことがわかりました。その中の30%近くはすでに使用しており、半分以上は関節に使用していると明らかになっています。

CBDの人気がアメリカでは急激に高まっており、一般にかなり浸透しています。CBDクリームの人気の理由の一つとしては、これまでに使用していた商品の効果がなかったものの代替品としたり、オーガニック志向の人に支持されたりしています。CBDクリームの成分は通常、水なしで蜜蝋やエッセンシャルオイルが含まれていて、CBD自体が天然の化合物であり化学物質をいっさい添加していないオーガニック商品もあります。さらにCBDクリームの中には、THCフリーなだけでなく、アレルゲンフリーであり動物実験もしていない商品もあります。なので、ヴィーガンやオーガニック志向の高いアメリカでは非常に人気があります。CBDを浸透させるための特別な加工をされていない、一般に広く流通しているCBDクリームは直接皮膚に作用し、ほとんどは全身の血流に行かないので、CBDを身体に取り入れたくないと思っている方にも安心して使える商品になっています。

CBDクリームの効果はまだ研究途中ですが、ネットなどの口コミによってCBDの効果を実感している人が多くいることを目にすることができます。あくまで目安になりますが、使用後の約10~15分後に「違い」を感じる人が多いです。まずは気になるところにクリームを少量塗り、1時間ほど様子をみて、効果が感じられないときは少し多めに塗りましょう。また3~4時間ごとにCBDクリームを塗り直すことをお勧めします。

有名人の中にはNSAIDsアレルギーがあるためすでにCBDクリームを代替品として使用している人もいます。このようなCBDクリームの人気の急増によってさまざまな商品が開発されており、なかには粗悪品もあります。なので、CBDクリームを選ぶ場合には、第三者機関によるテストが行われている製品や、購入前にバッチ試験の結果を公開している製品を選ぶことで安全に使用できます。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]