CBDやCBDオイルはウイルスに効果があるのか?新型コロナウイルスには作用する?

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBD製品は新型コロナウイルスに効果があるとして噂が広まっています。CBDは免疫システムに対し、どのような作用があり、抗菌力はあるのか?そして新型コロナウイルスに対するCBDの噂がどうして広まったかについて説明しています。

CBDやCBDオイルとは?

CBDとは(カンナビジオール)とも言われており、大麻草の茎や種子から抽出される有効成分の一種です。またCBDオイルはココナッツオイルやパームオイルベースにCBDを溶かした製品のことを言います。大麻草の一種と言うと、CBDも大麻と同じように人を「ハイ」にする作用があるのではないかと心配する人もいますが、CBDにはそのような精神活性作用や中毒作用は全くありません。また法律的にも合法になります。「ハイ」にさせる成分は大麻の葉や花穂から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分の一つです。THCもCBDも同じ植物から抽出されていますが、構造も性質も全く違うものになるので混同しないで下さい。

CBDは不安軽減作用や疼痛緩和作用、抗炎症作用などさまざまな作用を持つことから、多くの人に広まり、治療やサプリメントのように健康維持の目的として使用されています。

CBDやCBDオイルはウイルス対策に効果的?免疫力を高めるのは本当か

最近になりCBDやCBDオイルは注目されていますが、研究が未だ少なく動物実験はされていても人間でのエビデンスがまだなくCBDの効果が非常に多いのですが、CBDが免疫システムを抑制することはすでに研究により判明しています。CBDが免疫系に与える影響が以下のようなものになります。

・CBDは抗炎症作用があるので、炎症が起こっても免疫細胞を抑制することで炎症を抑える効果がある

・CBDは細胞死を促進させる

・CBDは細胞が急速に増殖するのを防ぐことができる

・CBDは免疫系の信号として必要になるたんぱく質の分泌を抑制する

・CBDは体内の微生物を攻撃するために物質を抑制する

・CBDは免疫システムが攻撃する体にとっての異物を記憶する能力を抑制する

これらを見ると、CBDやCBDオイルが免疫力を高めるよりも、逆に免疫を抑制することが考えられます。また全身性の炎症を引き起こすウイルスに対しCBDには抗炎症作用があるので、重症化を軽減するのに役立つことは事実です。ですが、全てのウイルス感染に対してCBDは有効ではないので、CBDやCBDオイルを全般的なウイルス対策として投与しても炎症を抑制できない場合はあります。現在では、アレルギーや全身性エリテマトーデス、紫斑病、関節リウマチのような免疫過剰が原因で起こる自己免疫疾患を患っている人には、免疫を抑える必要があるので、CBDの免疫抑制作用が治療に役立っています。

CBDは免疫力を抑制するだけで強化することはないのでしょうか?また、CBDやCBDオイルを摂取すると免疫が働きにくくなり、悪化させてしまうのでしょうか?今現在の研究では、CBDの免疫抑制作用が中心にされているため、免疫力を上げる作用に関してはほとんど研究されていないのが現実です。CBDが免疫抑制剤のように健康な人の免疫を低下させるという証言もなく、またCBDの性質を考えると免疫力を上げる作用は大いに考えられます。なので過剰に免疫低下を心配する必要はありません。なぜ免疫抑制作用が確認されているCBDは、場合により免疫を下げなかったり、上げるケースがあるのかを以下で解説します。

なぜCBDやCBDオイルがコロナウイルスに効果があると噂されているのか

街ではCBD製品が新型コロナウイルスに効果があると噂されています。なぜなのでしょう。

そもそも新型コロナウイルスとは?

2019年新型コロナウイルスは中華人民共和国湖北省武漢市で発生した肺炎を起こすウイルスになります。発生した原因は未だ分かっていませんが、中国人の食生活が関係しているなど様々なことが言われています。新型コロナウイルスの特徴として、年配者の重症化例が多いことと、症状がない人(無自覚な感染者)からも感染するということです。なので非常に感染力が強いということになります。また新型コロナウイルスは新型なので抗体を人間が持っていないということが感染を広げる原因になり、死者を多くすることに繋がります。そして各国でも新型コロナウイルスの感染を食い止めるために対策として行っているのが、外出制限などになり、多くの店舗が営業停止に追い込まれ、経済的な負担も日に日に増えていっています。

新型コロナウイルスにCBDやCBDオイルが効果があると考えられた原因は何か

CBDやCBDオイルが新型コロナウイルスに効果があると噂された理由には以下の4つが考えられます。

①CBDは強力な抗菌剤なので一部のウイルスには役立つから

CBDは免疫抑制作用を持つ事で、強力な抗菌剤としても知られており、院内感染として有名なMRSAや真菌に対しても抗菌作用があることが分かっています。これらのことから、CBDの作用は新型コロナウイルスに対しても有効なのではないかと期待されたということが考えられます。

②CBDのエンドカンナビノイドシステムを向上させる効果に注目したから

CBDやCBDオイルには体の中にあるエンド・カンナビノイド・システム(ECS)を高める作用があることが証明されています。ECSは身体を調節する機能のことを言い、外部の環境の変化があっても体内環境を一定に保とうとする身体のシステムのことです。また身体がウイルスや細菌などに侵されたとしても、健康な状態に戻るのはECSが働くことで身体を正常な状態に戻そうとする力が働いているからだと考えられています。ECSは身体の様々な機能をコントロールしており、免疫システムもECSによって一定になるように調節されます。

上記でも説明した、CBDの免疫抑制作用であり、CBDやCBDオイルがECSを高めることで過剰な炎症が起こっている場合には免疫が抑制されます。現在では検証はされていないものの、ECSが身体機能を一定に保つための仕組みであるなら、免疫が低下している場合にCBDを摂取すると免疫力は活性化されても不思議ではありません。また、身体に感染が起きていなければCBDを摂取したからと言って不必要に免疫力が下がることは考えにくいです。なので、CBDによりECSが活性化することで新型コロナウイルス感染症に対し2つの効果が期待できます。

一つ目は、新型コロナウイルス感染症を発症した場合に、重症化を引き起こすこともある「サイトカインストーム」を抑制することです。ウイルスや細菌などに感染した時に、免疫細胞が身体を守るためにサイトカインを産生するのは正常な状態ですが、サイトカインストームはそれが多量となり臓器組織にダメージを与えてしまう状態です。新型コロナウイルスに感染してサイトカインストームが起こると重篤な呼吸不全や血栓症、脳梗塞、心筋梗塞、多臓器不全などが引き起こされ適切な治療を受けれない場合には死に至ります。

サイトカインには様々な種類がありますが、新型コロナウイルス感染症によるARDSで死亡するケースではインターロイキン6というサイトカインの値が特に高いと言われています。まだはっきりしない段階ですが、IL-6を阻害する薬を新型コロナウイルス患者に使用したところ、わずかにですが死亡率が少なくなり重症化する人数も減ったたという研究結果があります。ここで注目するのがCBDのサイトカインへの作用で、2015年の喘息モデルの小動物を用いた研究ではCBDはIL-6を含む様々なサイトカインの量を減少させたことが報告されました。またこの研究は新型コロナウイルス感染症による身体の炎症ではないことで、対象が小動物であることから人の新型コロナウイルス感染症に同じ結果になるかは今はまだ不明であることを頭の片隅に置いておく必要があります。

そして、二つ目の期待できる効果は、自己免疫力を高めることで新型コロナウイルスに感染しても、無症状や軽症に抑えられる可能性が上がることです。また新型コロナウイルス感染症において重症化のハイリスクとなるのは、高齢者や糖尿病患者、透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤治療をしている患者、妊婦です。そこで共通しているのが免疫力の低下です。CBDが免疫力を高める作用については作用が示唆されている程度ですが、直接的な作用はなかったとしても次に紹介する作用が免疫強化を助けるでしょう。

③CBDにストレスを軽減したり睡眠の質を改善したりする効果がある

CBDは不安や不眠を改善したりストレスを解消したりする作用もあり、リラックスしているときなどに人は免疫システムが効率的に働くという事実から、CBDを摂取すると免疫力が上がると考えられます。また、睡眠時間の長さもウイルス感染からの発症率に影響を与え、一般的な風邪の場合、睡眠時間が5時間以下の人は、睡眠時間が7時間以上の人よりも発症率が4.5倍にもなると言われてます。CBDが免疫細胞を増加させる作用があるかは、さらに研究が必要です。現段階では免疫を高めるための睡眠の改善やストレスの軽減には作用すると言えます。

④新型コロナウイルスに効果があるものを多くの人が探していた

CBDが新型コロナウイルスに効果を示すのではないかと噂された原因にはもう一つあり、この新型コロナウイルスに苦しむ人が多いことで、「何とかして効果があるものを見つけたい」という思いからCBDに目をつけたことがきっかけです。新型コロナウイルスにいつ感染するのかという恐怖や、不要不急の外出禁止、仕事ができないことからの収入の大幅減少などが原因で信じられないほどの大きなストレスを大勢の人が抱えています。このような状態が続く中で、いつ終息するか分からない新型コロナウイルスに少しでも効果が期待できるものを探したいと思うのは人間の心理として当然のことだと言えます。CBDの新型コロナウイルスへの効果による証言などほとんどないですが、期待が大きくなった背景には、新型コロナウイルスに対する人々の大きな恐怖感や疲労感があることが想像できます。

ニューヨークはCBDが新型コロナウイルスに効くという宣伝をやめるように要求

ニューヨークの司法長官は、CBDの石油会社にCBD製品がコロナウイルスに効果があることに対して宣伝をやめるように要求しました。CBDが新型コロナウイルスに効くという証言が少ない状態で、CBD製品が新型コロナウイルスに有効性を誤って伝えることは危険だと判断したということです。また、CBDの有用性を過信してしまった消費者は、CBDを摂取することで新型コロナウイルスにかからないと勘違いしてしまい、生活そのものを危険にさらしてしまうケースもあるからです。

CBDと新型コロナウイルスに関して、ニューヨーク州が誤った情報を広めることを容認しないと報告がありました。たとえ国の組織が発表しなくても、新しい情報を手に入れた際にはCBDにかかわらず、個人的にきちんとエビデンスを調べてその情報に信憑性があるか見極めることが最も重要と言えます。結果として、CBDやCBDオイルは新型コロナウイルス感染症に対し作用する可能性はありますが、現在エビデンスは不足しているという事です。CBDやCBDオイルを摂取することによって新型コロナウイルス感染症に必ず効果が出る訳ではありません。CBDやCBDオイルはあくまでも健康維持のためのサプリメントなので、CBDに頼りきりになるのは危険です。バランスの取れた食事や適度な運動、睡眠時間の確保など、健康的な生活を送ることをが身体にとって大切なことです。

【2020年3月】IACMが新型コロナウイルスとカンナビノイドの臨床実験に関する報告を発表

2020年3月に国際カンナビノイド医療学会は、新型コロナウイルスとカンナビノイドの臨床実験に関する報告をしています。2020年3月時点の報告では、世界各国で新型コロナウイルスの治療にカンナビノイドが役立つ可能性があるかどうかの実験が行われ、カンナビノイドが抗ウイルス・抗菌効果を持っている可能性があると分かっています。しかし、CBDやTHCなどの個々のカンナビノイドやカンナビス医薬品が現状で新型コロナウイルスの治療に役立つという証拠は一つもないので、インターネット上で流布している虚偽の情報に気をつけるようIACMを注意喚起を行っています。

【2020年4月】 CBDが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表

上記ではCBDと新型コロナウイルスに関する研究についてや、エビデンスがないとお伝えしてきましたが、2020年4月にカナダにあるレスブリッジ大学による研究結果が発表されました。2020年4月に3つの臨床試験をイスラエルの研究者が、CBDの抗炎症作用を新型コロナウイルスの治療に役立つ可能性があるとして研究を開始しています。入院中の新型コロナウイルス患者のほとんどはステロイドで治療されていて、今回の臨床試験ではステロイド治療とCBDを組み合わせた利点の実証していくとのことです。

これまでお伝えしてきた通り、CBDと新型コロナウイルスに関する研究は未だ検証中です。なので2020年6月現在でCBDが新型コロナウイルスに効果があるという事実はないものと考えて行動して頂ければと思います。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]