CBDやCBDオイルは飛行機や船に持ち込めるのか?国際線は?

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDオイルはカンナビジオールという大麻草から抽出される有効成分の一種で、日本でも話題のオイルです。また医薬品として海外で使用されていますが、CBDオイルを飛行機やクルーズ船に持ち込めるのか、注意する点について解説します。

飛行機にCBDやCBDオイルは持ち込んでいいのか?国際線は?

CBDやCBDオイルには、不安症や神経症状の緩和、睡眠障害の改善、リラックス効果、健康なお肌の状態を保つなどさまざまな効果があります。なので日常生活の中でCBDを毎日使用している人も増えています。そんなCBDやCBDオイルですが、旅行や出張などがある場合、飛行機や船へ持ち込むことは可能なのでしょうか。いざ持ち込みたいとなったとき、思わぬ足止めを食うことの無いように、各運航会社の規定を知っておく事が大切です。下記では飛行機への持ち込みについて解決していきます。

国内線はCBDオイルを持ち込むことが出来る

国内線の飛行機は基本的にCBDオイルを機内に持ち込むことが可能になっています。ただ、液体容量には制限があります。機内に持ち込まれたCBDオイルは液体に分類されるため、あまりにも大量のオイルを持ち込むことは出来ませんので注意が必要です。日本における液体容量制限には3つあります。

①液体物、ジェル、エアゾール類などは100ml以下の容器に入れること。

②液体の入った容器を容量1リットル以下、縦横の辺の合計が40cm以内の透明かつ再封可能なプラスチック袋に余裕を持って入れること。

③プラスチック袋は一人一つ。手荷物検査でその袋を検査係員に提示すること。

これらの規定に従い準備をすることをお勧めします。

国際線は国の法律によって異なる

国際線のCBDオイル持ち込みの可否については、CBDに対する規制が国により違うため一概に可否を述べることが出来ません。自分の利用する国際線の規制をよく確かめてから持ち込むことにしましょう。

米国へはCBDやCBDオイルを持ち込める?TSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)の考え方は?

上記では国際線におけるCBDオイルの持ち込みの可否については、国により異なるということを説明しました。ここでCBDオイルの明確な規制があり、日本人の渡航者が毎年30万人以上と最も多いアメリカを例にします。CBDオイルがアメリカで許可された部類であれば持ち込むことは可能になります。また持ち込めるかどうかの判断はTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)という機関が行います。もしも、検査中に規制に引っかかるようなCBD製品を持っていた場合には、再検査や調査を行い最悪の場合、逮捕されてしまうこともあります。

TSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)とは?

次に、持ち込みの判断を行うTSAはどのような機関なのかご説明します。TSAは正式名称を「Transportation Security Administ」と言います。日本語で「アメリカ合衆国運輸保安庁」と言いTSAは航空警備の一端を担う機関で、主に手荷物などの検査を行います。例えば、旅客機の搭乗手続きの時に手荷物や貨物内のX線検査や金属探知機、麻薬などの薬探査犬を用いて違法物がないかどうかの検査を行い、万が一疑わしい物があった場合には、持ち主への聴取、中身を確認することが出来る権利があります。2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件の発生がきっかけで、TSAは当時の大統領であるジョージ・ブッシュによって設立されました。TSAは入国や出国を規制することにより、アメリカの治安を維持することを目指しています。

持ち込める製品についてのTSAの見解

2018年の農業法の改善により、麻に含有するTHC(テトラヒドロカンナビノール)の量が非常に低い麻、ヘンプなどは規制対象から外されました。植物の中でもマリファナと呼ばれる麻は依存性の高い成分であるTHCを10~15%含んでいます。またヘンプから抽出されるCBDにはTHCのような「ハイ」になるような精神作用や依存性はなく、身体への害は少ないとされています。今現在のTSAによる見解においては、医療用のマリファナ、THCの含有量が0.3%以下の製品、FDA(アメリカ食品医薬品局)が承認しているCBD医薬品(Epidiolex)の3点が持ち込み許可になっています。

FDA(アメリカ食品医薬品局)とは?

上記でFDAが承認しているCBD医薬品という内容がありましたが、このFDAがどのような機関かをご説明します。FDAは「Food and Drug Administration」と正式に呼ばれています。FDAでは食品、医薬品、動物薬、化粧品、医療機器などの安全管理を行う機関のことを言いCBD医薬品のような薬を承認審査する部分をCDER(Center gor Drug Evalutation and Research)と言います。日本で例えると、厚生労働省に似た機関であると考えればいいでしょう。

検査で止められたときの準備

アメリカでは、国から出された法律の他にも州ごとに規制があります。なので、州によっては検査の通った後でも疑いを掛けられる可能性があります。州ごとに情報を記載されているサイトなどもあるので、予め自分が行く州の情報を調べておくことをおすすめします。これらはアメリカのサイトになるので、言語は全て英語ですが、英語が苦手という方でも翻訳機能を用いればある程度の内容は理解できると思います。

また日本は、CBD医薬品とTHC医薬品も承認されていないので、CBDオイルなどの製品について品質を疑われる可能性もあります。そしてCBD製品をアメリカに持ち込む場合には、THCが0.3%以上含まてれいる製品は違法になるので注意が必要です。その場で濃度までを厳密に検査されることは無いと思いますが、その品質を証明出来るような分析証明書や品質保証書などを持参していると何かあった際に安心です。また少し面倒になりますが、行き先にネットで購入したCBD製品を直送しておく方法もあります。この場合、CBDを旅行鞄などに入れる必要がないので、FDAの検査で疑われることはなくなります。また送り主を調べればその通販サイトが許可を得た販売元であるかも確認が取れます。日本ではTHCが少しでも含まれていると違法になるので注意が必要です。

クルーズ船にはCBDやCBDオイルを持ち込める?

飛行機に対しCBDオイルの規制は、その国々の法律によって異なることを紹介しましたが、クルーズ船も飛行機と同様のことが言えます。船はクルーズラインにより持ち込みの可否が変わってきます。飛行機とは違い船は様々な国へ寄港することがあるので、飛行機よりも念入りに確認する必要があります。瞬時に対応するのは困難なので、出発前に予め確認をするようにし、それに応じて適切な対処をしましょう。

CBDやCBDオイルを飛行機やクルーズ船に持ち込む際の注意点は?

これまでの説明では、CBDやCBDオイルは場合によっては持ち込むことが可能であることお話ししました。しかし持ち込みが許可されている場合でも、持ち込む容量によっては制限されていることもあります。また航空会社や国により事前に申請が必要な場合もあります。CBDオイルを持ち込むに当たり、一番厄介なことは国によって規制の仕方が異なるという点です。持ち込めただけで安心せず、到着国の法律に反していないかということもセットで確認するようにしましょう。アメリカでは州により規制の内容が変わってくることもあります。

また自分では大丈夫と思っていても、思わぬ所に落とし穴が潜んでいるかもしれませんので、不安な時などは迷わず公式に問い合わせするなど、詳しい方に聞くことをお勧めします。決して自己判断で準備しないようにしましょう。せっかくの楽しい旅行をトラブルで駄目にして旅行どころではなくなってしまう、ということがありませんように。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]