CBDは虫歯予防にも効果的?歯周病にも!

  • 2022年12月22日
  • CBD
  • 29view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは今ではさまざまな疾患に対し研究が進められていますが、最近の海外の研究ではCBDを含むカンナビノイドが虫歯や歯周病などの原因となる歯垢の細菌含有量を減らすことが報告されました。

歯垢が虫歯や歯周病の原因に

歯垢とは、歯の表面や歯と歯の間に付着している細菌の塊のことを言い、1mgあたり約1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。歯垢があることで、口臭や虫歯や歯周病の原因になるので注意が必要になります。また、歯垢を長くに渡り放置してしまうと、唾液中のカルシウムやリンと結びつき、歯石になります。歯石になるまで放置してしまうと、自分では除去することがでなくなってしまい、歯科医院で除去してもらわないといけません。こうなる前にも、歯磨きや歯間ブラシでのケアや日頃から口腔ケアをして口内を清潔に保つことが大切です。

そもそもカンナビノイドとは?

カンナビノイドは麻(ヘンプ)に含まれる薬効成分の総称でCBDやTHC、CBG、CBMなどがあります。THCは「ハイ」などになる精神作用があり、日本の法律では厳しく禁止されています。またTHCとは異なり、現在日本ではCBDが注目されており、オイルやバーム、Vapeなど様々な製品が販売されるようになりました。

CBDって?どんな効果があるの?

CBDは上記でお伝えした「カンナビノイド」とよばれる有効成分の一種です。主に癌やてんかんを初めとする250以上の疾患や、健康・美容に効果があるとして日本を含め世界中で臨床研究が進められている成分になります。主なCBDの作用としては以下のような効果が挙げられます。

・抗酸化作用
・抗炎症作用
・抗菌作用
・鎮痛作用
・リラックス作用
・睡眠の質の向上

CBDやその他のカンナビノイドが歯垢の細菌含有量を低減する

海外の研究で、それぞれカンナビノイドの1種である以下の、CBD(カンナビジオール)、CBC(カンナビクロメン)、CBN(カンナビノール)、CBG(カンナビゲロール)、CBGA(カンナビゲロール酸)と、オーラルB、コルゲート、オーラルB、カンナバイトFなどの口腔ケア製品が比較されています。その結果から、カンナビノイドはその他の口腔ケア製品と比較して、歯垢の細菌含有量を低減させ、口腔ケアに役立つことが分かりました。この研究から、カンナビノイドは歯垢に対する有効な抗菌剤として使用できる可能性が高いと考えられています。

マウスウォッシュにも最適!?

さらに、他の研究ではCBDを含むうがい薬と、多くのマウスウォッシュに含まれる「クロヘキシジン」を使用した、うがい薬を比較しました。(※クロヘキシジンとは・・・ 洗口液に含まれる成分のことで、殺菌効果と界面活性作用をもち、歯に吸着してプラークの再付着を防ぐ。)その結果からCBDはクロヘキシジンと同等の殺菌効果を示すと報告されています。

一方で、クロヘキシジンは強い殺菌効果をもち、歯の着色、味覚の変化、また稀に アナフィラキシーショック が出ることもあると言います。CBDにはその点そうした副作用がないと考えられるので、フッ化物やアルコールなどを含まない安全なマウスウォッシュの代替品になり得る可能性があります。

海外ではCBDのオーラルケア製品も

海外ではCBDを含有したつまようじや歯磨き粉などのオーラルケア製品も実際に販売されつつあります。アメリカにあるオーラルケアブランド「Hello Products」というブランドでは、ヘンプシードとCBDオイルを組み合わせた商品ラインを発表し、歯磨き粉やマウスウォッシュ、デンタルフロスなどが販売されつつあります。また、一部の専門家の中には、CBDのもつ抗菌作用、抗炎症作用から、歯痛、歯茎の炎症、知覚過敏などにもCBDの効果が期待できるとしているようです。今現在、研究がまだ進められている段階ですが、今後、日本でも、CBD入りのオーラルケア製品が注目され広まっていくかもしれませんね。

CBDのよくある質問

Q. CBDは何に効きますか?

CBDが効果をもたらす疾患は250以上ともいわれており、その効果は多くあります。使用者の方の日常生活で多く感じられるのは、ぐっすり眠れるようになり目覚めがよくなった、イライラしなくなった、不安感が減った、集中力が上がった、筋肉痛や腰痛が緩和された、などさまざまな効果が報告されています。また、皮脂を調節する効果や抗酸化作用からは美肌効果、ニキビ治療などにも有効であると考えられています。

Q.CBDは安全ですか?副作用は?

CBDには、副作用や依存性がないので、初心者の方でも安全に摂取可能であることがWHO(世界保健機関)で認められています。また、日本の使用も合法とされています。ただし、過剰に摂取することで、CBDの効果により眠気を引き起こしたり、腹痛を起こしたりするケースもあります。まずは少量から、自分自身の体調に合わせて摂取するようにしましょう。効果が現れなければ、少しずつ摂取量を増やしていくことをお勧めします。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]