CBDやCBDオイルは若返り効果がある?アンチエイジング作用も?

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

生きていくうえで老いに逆らうことは永遠のテーマだと言えます。アンチエイジングの食べ物や化粧品などさまざまな物が販売されるようになり、人気な商品もたくさんありますが、現在話題のCBDやCBDオイルにもアンチエイジングの効果はあるのでしょうか?この記事では、エビデンスやスキンケアの方法を解説します。

CBDやCBDオイルとは?

CBDは大麻草などから抽出される有効成分の一種でカンナビノイドと言います。カンナビノイドは私たちの身体に存在しているエンドカンナビノイドシステム(ECS)と言い身体にさまざまな役割の調節をします。またECSは体内で元々分泌されているアナンダミド(AEA)や2-AGなどの内因性カンナビノイドが、CB1やCB2などのカンナビノイド受容体と結びつくことによって機能しています。CB1やCB2に直接CBDが作用するのではなく、AEAや2-AGなどを壊すことによって酵素を抑え間接的にECSを高めます。

主にECSの機能は、疼痛や炎症の緩和、ストレスや不安の軽減、食欲の改善、睡眠障害の改善、吐き気などの抑制ですが、他にも様々な作用を持っています。またビタミンCやビタミンEよりもCBDには強力な抗酸化作用があり、今回のテーマであるアンチエイジングに対しすごく大切なことです。今回紹介するCBDオイルとは大麻草などの植物から抽出したCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルと混合したCBD製品になります。

なぜ人は老化するのか?

老いは自然界に存在する全生物が避けられない細胞の成長過程です。またその仕組みなどは分かっておらず、人々の老化は見た目や身体機能だけではなく記憶力や思考、認知などにも変化が現れてきます。現代では老化について様々な仮説がありますが、今話題になっている「酸化ストレス」と「糖化ストレス」について注目したいと思います。

身体の酸化ストレスとは?

多くの人が酸化ストレスや活性酸素という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?例えば酸化は「体のサビ」と言い、私たちの体内では、精神的ストレスや疲労、喫煙、食事、紫外線などさまざまな内的要因・外的要因により活性酸素が生じます。活性酸素と聞くとイメージ的に悪いと思うかもしれませんが、活性酸素は、がん細胞などの死滅やバクテリアなどに対して殺菌効果などもあり、体内になくてはならない物質です。しかし、体内で活性酸素が過剰に作られてしまうと神経や細胞などに傷がつき、病気や老化の原因の一つになります。

身体の糖化ストレスとは?

酸化ストレスと比べると糖化ストレスはあまり聞いたことがないですよね。酸化が身体のサビであることで糖化は「身体のコゲ」と言われています。糖化ストレスは名前の通り「糖(ブドウ糖)」が原因によって引き起こります。一般的に血液中のブドウ糖(グルコース)は身体を動かしたり脳を働かせたりするための主要なエネルギー源として使用されます。ですが、グルコースの量が多すぎるとことでグルコースがタンパク質や脂肪組織などと結びついて体内に定着してしまいます。このことを糖化と呼びます。

簡単に説明すると、食べ物の「コゲ」も糖化による変色です。元々は柔らかいみずみずしい食材でも、表面が焦げると硬くボロボロになってしまい元に戻すことができなくなります。体内の糖化ストレスも焦げた食べ物と同様で同じことが起こります。糖化した細胞は硬くなりボロボロになり、例えば、血糖値の高い状態が続くことで、糖尿病の患者は動脈硬化などが起こりやすいですが、これは血管壁の細胞が糖化することにより生じます。このように酸化ストレスも糖化ストレスも病気や老化の原因の一つとなっています。

酸化ストレスと糖化ストレスの関連

酸化ストレスと糖化ストレスの二つは別々に生じるのではなく、相互作用があります。身体の中でエネルギーを作り出す細胞(ミトコンドリア)はグルコースの他にもタンパク質や脂質など血中の様々な栄養素と酸素を使いエネルギーを産生します。これは狩猟採取時代の名残と言われており、糖質の少ない食生活や飢餓状態でも生きていけるように身体が備えています。糖質を簡単に取り入れられる現代でも血液中には常に一定の酸素量が含まれています。

またグルコースは他の栄養素に比べて少ない酸素の量で効率よくエネルギーを作ります。そのため、ミトコンドリアは優先的にグルコースを取り込みエネルギーを作り始めます。しかしグルコースを取り込みすぎると、血中には使われなかった多くの酸素が残存し、それが最終的に活性酸素に変換されます。また、エネルギーを作り出す際に、ミトコンドリアはエネルギーと一緒に活性酸素も分泌します。なので血中の過剰な活性酸素は、糖化ストレスも酸化ストレスも悪くさせます。

原因の一つとして、酸化ストレスは血糖値を下げるホルモンであるインスリンの感受性を悪くします。そして血糖値を下げることができなくなり糖化ストレスが亢進することになります。その他にも、過剰な活性酸素はエネルギーを作リ出すミトコンドリア自身にもダメージを与え、ダメージを受けたミトコンドリアは、栄養素を取り込んでもエネルギーを僅かにしか産生することができなくなり、反対に活性酸素の方を多く放出するようになり、酸化ストレスを促進するという悪影響を生じます。

酸化ストレスと糖化ストレスによる老化への影響

酸化ストレスと糖化ストレスは身体にどのような形で現れるのでしょう?

皮膚への影響

見た目で老化してると思い浮かぶのは、まず顔のシワやシミ、たるみなどでしょう。そして年を重ねるごとに傷の治りが遅くなるなど、傷痕が残ったりなどを感じたことがある方も多いのではないでしょうか。老化によって起こる肌の変化を簡単に言うと、年齢を重ねるごとに、肌を構成する細胞の数が減少するし更に、酸化ストレスや糖化ストレスにより作り出される肌の細胞の質は悪くなってしまうからです。

人は20歳で皮膚の成分の70%に当たるコラーゲンの産生量はピークを迎えてしまい、それ以降年々1%ずつ産生量が減少するとされています。また皮膚の弾力性を保つコラーゲンを繋ぎとめる役割のエラスチンや、皮膚を守るために皮脂を分泌する皮脂腺の量も低下します。これらが重なることによって、皮膚に張りがなくなってしまい、たるんだりシワができやすくなります。また、皮膚量が減ることで皮膚が乾燥し空気中の汚れや乾燥、紫外線の外部からの刺激を受けやすくなります。

皮膚が乾燥することによってさらに、見た目も老化してしまいます。皮膚を作るコラーゲンやエラスチンは線維芽細胞という肌の内部にある細胞から作り出されるたんぱく質でできています。これらのたんぱく質が糖化ストレスの影響を受け弾力性を失い、肌のくすみも生じたりします。また、加齢で数が減ることにより線維芽細胞は様々な要因で発生する活性酸素によるダメージを受けうまく機能しなくなり、線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを産生するサイクルが遅くなります。

髪への影響

年齢が重なるにつれ、髪質が変わっていき、白髪が生えてきたり、抜け毛が増えたり、また髪が細くなったりうねったりするのは加齢による原因でもあります。髪も同じように酸化ストレスや糖化ストレスの影響を受けます。毛根や髪の色素を作るメラノサイトなどにも糖化したたんぱく質が蓄積し、髪の成長が阻害され髪が抜けやすくなってしまい、また色素が作られなくなり白髪が増えてきます。

新しい髪は2〜5年で生え変わり、毛包幹細胞という毛穴の奥にある細胞の働きにより新生されます。しかし、頭皮は日焼けなどで酸化ストレスを受けてコラーゲンなどが破壊されやすくなるため、加齢に伴い毛穴もダメージが受けやすくなります。ダメージが持続すると、毛包幹細胞が抜け落ち、最終的に髪が生えてこなくなります。

代謝への影響

加齢はエネルギー代謝にも影響を与え、年齢が上がるにつれて食事量が増えていなくても太りやすい体質になったり、若い時は運動することで痩せていたけど、歳を取るごとに同じ運動量では痩せることができなくなったと感じることがありませんか。これらの原因も加齢による酸化ストレスや糖化ストレスでミトコンドリアの活動性が低下しているためとされます。

各臓器への影響

誰しもが老い体の不調を感じる機会は多くなります。全身の臓器は加齢で細胞が老化し、病気などがなくても10代や20代の頃と比べると身体が疲れやすくなったり回復が遅くなったりします。全身の臓器の機能の低下は病気を引き起こす原因にもなります。関節の痛みや炎症なども生じ、免疫機能が低下しやすくなり肺炎が引き起こされたり、がんになる確率も増えます。

また、高齢者特有の病気としてあるのが認知症です。脳や神経などに問題起こっていなくても、若い頃に比べると記憶や認知など劣ることは自然ですが、認知症が進行する原因の多くはアルツハイマーがあります。アルツハイマーは脳内に異常なたんぱく質(アミロイドβ)が蓄積することで脳細胞や神経が壊死してしまうことが原因です。今のところ、アルツハイマーの全てが明らかになっていませんが、アミロイドβが生じる原因の一つとして、酸化ストレスや糖化ストレスが関わっていると分かっています。

CBDやCBDオイルを摂取すると若返る?アンチエイジングの作用がある?

酸化ストレスや糖化ストレスは細胞が働く限り避けられません。CBDやCBDオイルを使用することでを老化を遅らせ、若返らせる効果はあるのでしょうか?現在CBDやCBDオイルの抗酸化作用は多く研究されていますが抗糖化作用は単体では研究されていません。しかし、酸化ストレスと糖化ストレスは関わりがあるためCBDやCBDオイルは間接的に抗糖化作用に関わっている可能性は非常に高いと言えます。

グルコースを消費するミトコンドリアにもカンナビノイド受容体が現れていて、さらにCBDはインスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島にもCBDは作用することなども抗糖化作用の一部とも言えるでしょう。CBDやCBDオイルはこのようなアンチエイジングに効果が期待できます。

シワやほうれい線、乾燥肌への作用の期待

抗酸化作用はCBDやCBDオイルが持っている、コラーゲンやエラスチンなどの肌の細胞を作り出す線維芽細胞が受ける、日焼けやストレスなどからのダメージを軽減できます。また、抗糖化作用で、コラーゲンやエラスチンが硬くなって弾力を失うことや、肌がくすんでしまうことを予防ができる可能性も高いです。そして、CBDは皮脂腺にも作用すると分かっているので、CBDやCBDオイルは皮脂の分泌量を管理することによって乾燥肌の改善に適しているとされます。また、CBDやCBDオイルには、睡眠障害を改善したり、ストレスを軽減したり、また食欲を改善して食べ過ぎを防ぐなどといった、直接皮膚に対しての作用ではありませんが、悪影響を前もって防げるのではないでしょうか。

白髪や抜け毛への作用

ECSは髪の成長への効果もあるとされています。CBDやCBDオイルによる作用は髪そのものへあると考えられますが、まだ研究が不十分でどのくらいの効果があるのか明らかになっていません。またCBDやCBDオイルの抗酸化作用は髪にも良い効果をもたらします。例えば、新しい髪を作る毛包幹細胞を守る毛穴や色素を作るメラノサイト、髪の素となるたんぱく質(ケラチン)などが日焼けやストレスなどからダメージを受けることを防ぐ効果などが考えられます。また、CBDには身体をリラックスさせて血流を良くする効果があるので、栄養素を髪に行き渡らせることにも可能となります。

代謝への効果

CBDやCBDオイルはさまざまな作用がありますがダイエットに効果があるのではないかとも注目されています。CBDやCBDオイルの抗酸化作用がミトコンドリア自身のダメージを軽減し、カンナビノイド受容体の活性化によりエネルギーの生産工場であるミトコンドリアの機能を促進する作用があると考えられます。例えば、CBDやCBDオイルがミトコンドリアを活性化することにより、体内の脂肪組織を燃焼しにくい白色脂肪から、エネルギーとして燃焼されやすい褐色脂肪に変換するということが研究で分かっています。また、上記で説明したCBDの食欲を抑制する効果もダイエットをする上で十分に効果があると考えられます。

CBDやCBDオイルは老化の影響を抑える?

CBDやCBDオイルが人気の理由は、外見だけの若返りだけでなく、健康を維持することにも役立つと言えます。高齢になっても心身ともに自立した生活を送ることができるといいですよね。

脳への作用

高齢になった時に自立するための大切な事の一つは、認知症にならないかどうかということがあります。認知症の原因はそれぞれですが、中で最も多いのがアルツハイマーによるものです。研究によるとCBDとアルツハイマーの関連性はCBDの持つ抗酸化作用が脳や神経を保護することで、アルツハイマーの進行を抑制する可能性があると報告されています。

心臓・血管への作用

死因の原因として最も多いのが心臓病ですが、CBDやCBDオイルは身体をリラックスさせて高血圧を防ぐなど、心筋梗塞などを引き起こす血栓症の予防などができるのではないかとされています。

糖尿病への作用

気をつけていても高齢になるほど糖尿病になり、日本人のほとんどは特に、太っていなくても糖尿病になりやすい遺伝子があるためより注意が必要です。糖尿病は身体の全てに繋がる、腎不全や心臓病、失明、足の切断などの病気です。また、透析を始めると一生続けなければなりません。CBDやCBDオイルは、抗酸化作用によりインスリンやミトコンドリアの働きを助けることで、糖尿病の治療にも効果があると期待されています。

免疫系への作用

歳を重ねて高齢になると免疫の働きも少しずつ悪くなっていき、免疫の異常による疾患が起こりやすくなります。自然死を含めると、高齢者の死因として多いのが肺炎と言われています。若い人は免疫がしっかりと機能しているので、軽症の風邪で済むことでも、高齢者は重症化してしまうリスクが高くなります。CBDは抗炎症作用や抗菌作用があるので、肺炎症状の軽減に有効です。また、がんになりやすくなることも免疫細胞の作用の低下が関わっており、CBDやCBDオイルは異常な細胞の増殖を抑制したり、転移を抑制したりすることが報告されています。

さらに免疫が過剰に働くことで起こる関節リウマチも高齢者に多い疾患です。CBDやCBDオイルは免疫の過剰な働きを抑制しつつ関節の疼痛や炎症を抑制するのにも効果があります。CBDやCBDオイルは加齢に伴うさまざまな機能の低下を抑制する可能性がありますが、疾患の治療には医師の指示を必ず受けるようにしてください。ご自身の判断でCBDやCBDオイルを使用するのではなく、必ず疾患の専門の医師に相談するようにしてください。

CBDのおすすめの摂取方法は?

CBDやCBDオイルは様々な摂取方法がありますが、アンチエイジングにはどの方法が効果が現れやすいのでしょうか。アンチエイジングというと美容液や化粧品など肌に塗る製品を想像する方が多いかもしれませんが、CBDやCBDオイルをアンチエイジングのために使用するには、肌の表面だけでなく、全身に作用させる方法が効果が高いと言えます。

初めにCBDの吸収が最も早く全身への効果持続時間の長い舌下摂取をすることをお勧めします。CBDやCBDオイルには抗酸化作用などアンチエイジングに良い、さまざまな効果がありますが、摂取するだけではアンチエイジングに効果がある万能薬ではありません。もちろんアンチエイジングには規則正しい生活や食習慣、運動習慣、禁煙、禁酒なども大切なことです。生活習慣の改善にCBDやCBDオイルは有効と言えます。CBDには食欲を増加させる効果もあり減少させる効果もあるので、食べ過ぎている際は食事量を抑制したり、また普段は食欲があまりなくて食事量が少なすぎる際には増加することができるでしょう。

また筋肉痛の改善にもCBDやCBDオイルは作用するので、運動習慣を作ったり、ストレスを軽減して睡眠を整えるのにも有効です。CBDやCBDオイルを舌下摂取をした上で、CBDオイルやCBDクリームを乾燥やシワなどが気になる部位に使用することで、保湿や抗炎症などの効果も十分に期待できるはずです。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]