CBDって何?概要や特徴、お酒(アルコール)と同時に摂取した場合の効果を解説!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは近年、世界的に、また日本でも注目されています。「CBDって大麻と関係していて違法じゃない?大丈夫?」「CBDはお酒(アルコール)と相性が良いっていうのは本当?」こんな疑問や不安の声について、下記でご紹介していきます。

CBDってそもそも何なの?

実は、CBDは現在も世界中の国や地域でヘルスケアやメンタルケアに対する治療目的として多くの研究が進められている注目の大麻由来成分です。大麻由来で、CBDに治療効果があると聞くと、ビックリされる方もいるかとおもいますが、その詳細をご紹介していきます。

CBDとTHCの違い

インターネットでCBDのことを調べると、同時にTHCという成分の名前も検索に上がってきます。実は、CBDととTHCは同じく大麻由来成分なのですが、効果の程は大きな違いがあります。大麻由来成分のCBDは危険だという意見を見聞きすることがありますが、成分の違いを理解していなければそう考えるのも無理はないでしょう。これからのCBDに対する理解が深まるポイントになりますので、しっかり覚えておいてほしいです。

CBD:Cannabidiol(カンナビジオール)

大麻草の茎や種子から採取できる天然成分。日本では合法(厚生労働省検疫所による厳しい検査や規定あり)。中毒性や依存性はなく、「鎮痛作用効果」「リラックス効果」「美容効果」が期待されている。

THC:Tetra Hydro Cannabinol(テトラヒドロカンナビノール)

CBD同様に、大麻草の茎や種子から採取できる天然成分(アメリカではTHC含有量が0.3%超のものがマリファナ、0.3%以下のものがヘンプ)。日本では大麻取締法により違法。精神活性作用があり、「幻覚・幻聴」「高揚感」といった「ハイな状態」になる。

大麻由来でも大きく違うCBDとTHC

日本ではまだまだ大麻に対してマイナスイメージが強い方が多いと思いますが、ここは正確に理解しておいた方が良いでしょう。大麻は大きくわけて二つの成分が含有されており、二つの効果は大きく違いがあります。

CBD:人間の心身にポジティブな影響もたらし、日本では合法。

THC:麻薬効果が高く危険で、日本国内では大麻取締法により所持・使用は違法に当たる。

CBDの種類

CBDは製造方法の違いにより3種類に分けられます。パッケージにはCBDが含有されている製品の種類の名前が記載されています。種類によっては製法上どうしてもわずかな量のTHCを含有してしまうものもあります。日本に輸入されるものや国内製品は厳しく規制されていますので、違法に流通しているものを除けば、THCを含有している製品は国内に流通していないので安心です。

では、種類ごとの詳細を見ていきましょう。

フルスペクトラム

フルスペクトラムは、麻に含有されている成分を全て採取したもので、麻独特の風味や苦味が感じられるのが特徴です。麻に含有されている様々な成分が相互作用するアントラージュ効果を最大限に発揮する為、3種類の中でも一番高い効果があります。ですが、フルスペクトラムの中にはTHCも多少含有されている為、日本での所持・使用は規制されています。

アントラージュ効果

様々な成分を同時に摂取することにより、個々の成分の効果が増幅し、より高い効果(相乗効果)が発揮できるというもの。最近では、CBD濃度だけを変させるよりも、アントラージュ効果をいかに上手く出せるか?ということが、研究結果となっています。

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムとは、フルスペクトラムからTHCの成分だけを抜き取って製造されたもので、カンナビノイドやミネラル、テルペンなど様々な成分によるアントラージュ効果が期待できます。そして、THCが含有されていないものなので、国内でも多くの製品が流通しています。

※日本のブロードスペクトラム製品の中には、記載をフルスペクトラムと省略することが稀にあります。

アイソレート

アイソレートは、麻の全成分の中からCBD成分を採取して製造されるものです。一般的に日本で流通しているほとんどのCBD製品は、このアイソレートです。THCも含有されずCBDのみで、無味無臭なので初心者も使用しやすい種類です。ただ、CBDのみになる為、高いアントラージュ効果が期待できないという点があります。また、2018年にドーピングリストからCBDが除外されたことによって、アスリートの間でもリラックス効果を期待して使用する人が増えています。

CBD期待の効果とは

上記のCBDの種類などを抑えた上で、CBDに期待されている効果について見ていきましょう。まだまだ研究段階のものもありますが、現在でも多くの良い効果が報告されています。鎮痛作用やリラックス効果、美容効果、鬱防止、睡眠改善、吐き気や嘔吐の緩和、アルツハイマー病の予防など数多くの治療に対して報告されています。この中でも代表的な効果である二つを紹介していきます。

リラックス効果

CBDといえばリラックス効果と言っても過言ではありません。この効果には、精神安定作用や不安解消に対する神経伝達物質として知られる「セロトニン」が大きく関わっています。忙しい日々の中で、知らないうちに溜まったストレスも自律神経が整うことによって解消されていきます。ストレスを解消することによって、ストレスが原因で起きていた睡眠障害などへの改善が見られるのです。

アロマオイルとの併用で効果UP

CBDオイルとアロマオイルの併用は、リラックス効果を最大限に発揮する為にもよくオススメされています。また、ラベンダーやクラリセージの香りなどを取り入れることで「オキシトシン」や「セロトニン」といった快楽物質の分泌を促進してくれるので、CBDとの相性は抜群です。

美容効果

女性には更に嬉しく、最近の美容男子にも嬉しい効果ではないでしょうか。日本化粧品協会によれば、CBD配合の化粧品を使用することで肌の抗炎症効果や抗酸化作用、肌質の改善や調整という効果が期待できると言われています。

CBDの摂取方法は様々で、食べ物でサプリなどによる経口摂取や化粧品として直接肌に塗布する方法などがあります。植物由来であるCBDは肌への負担が少なく、比較的に肌が弱い方でも負担なく使用できたという声も耳にします。自分に合う化粧品が見つかっていないという方は、一度試してみてもいいかもしれません。

気になる副作用は?

多くの効果効能があるのですが、その分の副作用だと思います。世界保健機構(WHO)の報告では、「作用に対して一般的に良好な認容性がある」とされています。良好な認容性とは、個人差はありますが多少の眠気や倦怠感、頭痛といった副作用が起こるかもしれないということです。副作用に関しては、一般で購入できる風邪薬と同様との認識でいいでしょう。

妊婦・授乳中の方も念の為注意!

CBDは睡眠改善や鎮痛作用があるので、妊娠中の方がつわりやマタニティーブルーの症状の緩和に使用することもあります。ですが、妊婦や授乳中のCBDの副作用に関してはまだまだ研究途中です。アルコールなどと同じく万一を考えて控えた方がいいでしょう。

アルコールとCBDの関係

CBDのリラックス効果や美容効果と同じく、お酒を飲んで良い効果が期待できれば、ぜひとも試してみたいものではないでしょうか。実は、CBDとアルコールを同時に摂取するとどうなるのかについては様々な研究が行われています。その中では同時摂取に対して悪影響が起こる報告はなく、むしろ良い研究結果が報告されています。

下記では、CBDとアルコールとの相乗効果を理解しつつ、まるでお酒を飲んだような気分になるCBDドリンクの効果について紹介していきます。

アルコールとの相乗効果

CBDとアルコールとの関係について、お酒好きな方にとっては良い報告があります。それは、アルコールによる弊害の緩和なのですが、2013年に研究用ラットを使った実験では、CBD成分がアルコールの過度な摂取による脳へのダメージを最大で49%も減らすことができるという結果が報告されています。そして、アルコール性脂肪肝や肝機能障害に対する症状の緩和、二日酔いが軽減したなどのデータが上がっております。

過剰摂取には注意!

CBDとアルコールを同時に摂取することで、リラックス感からいつもよりお酒がすすんでしまったということも見聞きします。もちろんのこと、アルコールの過剰摂取は体に悪影響です。普段通りに適量でCBDもお酒も楽しむことが大事です。

CBD入りのドリンクは近い将来の「新しいお酒」になる!?

飲酒は適量であれば、人によりけりリラックス効果や気分向上に繋がり、CBDの使用と同様な効果があるでしょう。ですので、アルコールに代わる製品として最近では研究・開発が多く行われているのが「CBDドリンク」なのです。イメージは、コーラやカルピスのようなジュースにCBDが含まれているものになります。

CBDドリンクは、まるでお酒を飲んだような気分になるうえに、アルコール依存や二日酔いというアルコールのネガティブな部分がなくなるのです。アルコールの弊害もなしにほろ酔い気分が体感できるのは、まさに「新しいお酒」と言うのも過言ではありません。

健康的に酔うCBD配合アルコール

「新たなお酒」としてCBDドリンクを紹介しましたが、それでもアルコール感もしっかりと感じたいという方もいるかと思います。アルコール感も感じつつ、CBDの良い効果も期待できるとなれば、それほど有り難いものはないでしょう。そんな方の需要に対して、CBD配合アルコールが多数開発されており、欧米ではCBDワインやビール、スピリッツが多数販売されています。CBD配合のアルコールを提供しているCBDバーもたくさんあります。

国内企業も続々と開発

2020年以降から日本国内でもCBD配合アルコールが多数開発されており、企業や工場が連携して様々な製品が製造されています。また、CBD配合アルコールを取り扱うレストランやカフェも少しずつ増えてきており、今後更に増えていくと考えられます。

 
CBD成分は、リラックス効果や睡眠改善、美容効果などの良い効果がたくさんあります。CBDとアルコールの同時摂取による相互作用に対する様々な研究が行われておりますが、植物由来への嗜好品のシフトや健康志向の方を中心に食やお酒の価値観は変化してきています。今回紹介したCBDドリンクやCBD配合アルコールについて、気になるかたはぜひ試してみて下さい。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]