CBDやCBDオイルは活力をもたらす?うつ病や不眠症に効果的?

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

社会で生きる上で生じる様々なストレスは、重大な問題です。場合によっては、うつ病や不眠症・不安障害に繋がり、精神に異常をもたらすことも考えられます。そういったストレスで招く要因に対し、CBDは活力を与え、心身にも良い効果があるとされており、CBDが心身にどのような影響を及ぼすのか、仕組みなども踏まえて紹介していきます。

ストレスフルな現代社会、うつ病や不眠症は深刻な問題

様々なストレスを感じる機会の多い現在の社会で生きていると、心身の安定と活力を保ちながら、日常生活を送ることはとても重要であるとともに困難な問題でもあります。

厚生労働省の調べによると、日本では100人に3〜7人が今までにうつ病を経験しているとのことで、ストレスにより心身バランスが不安定になり、心の病になる方は少なくないのです。心の病とまではいかないものの、不安や気分の浮き沈みを感じた経験は皆さんもあるのではないかと思います。

また、不眠症も心の病と同じく深刻な問題であり、こちらも厚生労働省の調べによると、5人に1人は不眠症状を経験したことがあると報告されています。そういった症状に対し、実はCBDが効果的であると言われているのです。

ECS(エンド・カンナビノイド・システム)とは?

CBDは、ストレスや心の病に対してどのような効果があるのかを知ってもらう前に、知っておかなければならない身体の機能があります。それは、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)という機能です。

身体には多くのシグナル伝達システムがあり、細胞に存在する様々な受容体が特定のシグナル伝達物質と結びつくことで、生体反応が引き起こされます。そのシグナル伝達システムの一つがECSであり、身体のバランスを調節する上でとても大切な機能なのです。

ECSの働きには、内因性カンナビノイドという物質が関係しています。内因性カンナビノイドは、身体内でカンナビノイドのような効果を持つ物質とされており、身体の機能安定に強く関係している物質の呼び名です。それぞれの細胞には、CB1やCB2と言われるカンナビノイド受容体が存在し、その受容体に内因性カンナビノイドが結びつくことで、身体の様々な働きが活性化されます。

CB1は、脳や神経細胞に、CB2は免疫系に多く存在しており、内因性カンナビノイドは、結合組織・腺・免疫細胞・臓器・脳などの全身のあらゆる面で関わっています。その為、ECSは身体のさまざまな働きを手助けし、心身ともに安定した生活を送れるようになると言われています。

CBDやCBDオイルはどのように活力をもたらす?

CBDは、上記のようなECSの機能に対してどのような効果があるのでしょうか。CBDには体内の内因性カンナビノイドの働きを活発にし、ECSの働きをより潤滑に回すことが知られているのです。

CBDと同じく大麻草由来成分であるTHCは、精神活性作用があり「ハイ」になる麻薬効果があります。これは、カンナビノイド受容体と直接に影響がある為です。これに対しCBDは、CB1やCB2に間接的に影響する為に過剰な変化は引き起こさず、複数の内因性カンナビノイドに影響する為、身体の多くの機能に効果的なのです。同時に、精神的・心の活力にもなるのです。

ある論文によれば、「CBDによってアナンダミドの分解を抑える」「アナンダミドのシグナル伝達効果を活発にする」などとも報告されているのです。アナンダミドとは、脳や神経系に多く存在するCB1に影響する内因性カンナビノイドで、CBDがアナンダミドの働きを活発にすることで、脳や神経の働きをより良くすることで、気持ちをより前向きにしてくれると言われています。

CBDやCBDオイルの効果は?

CBDは様々な動物実験の結果、痛みや炎症、不安の緩和、活力の改善に効果があるとされており、精神・身体機能の安定を図ることが報告されています。日常生活で溜まっていくストレスや不安はもちろん、重い症状に対しても効果的であるとされていますので、以下で更に実験の結果も踏まえて紹介していきます。

不安障害への効果

日常生活において、皆さん何かしらの不安を感じたことはあるかと思います。不安障害とは、毎日過剰な不安を抱いてしまう病気で、一般的な人が感じる不安や心配に比べるととても大きなものであるという特徴があります。過剰に不安を抱くことで、汗が止まらない、体が震える、顔が赤くなるなど目に見える症状を引き起こしたり、その不安なことについてしか頭が回らなくなり不安が更に増したりします。

そのような不安障害の症状に対する精神薬として、抗不安薬があります。よく使用されている抗不安薬として、ベンゾジアゼピン系といわれる薬が挙げられます。ベンゾジアゼピン系の薬は、不安や緊張を短時間で緩和できる為、不安を感じたときにだけ使用する頓服薬として処方される場合が多いです。抗不安薬の副作用として、眠気や健忘、ふらつき、錯乱などがあり、副作用以外にも依存性や離脱症状があるので使用の際は注意が必要です。

抗不安薬の依存性に関しては、抗うつ薬の依存性よりも強く、依存した後に薬を止めることで引き起こす離脱症状に苦しむ人もいる為、その依存性を防ぐ為にも短期間もしくは頓服としてしか処方されません。ただ、定期的な通院によって、結果として抗不安薬を長期間使用している人がいるのも事実です。

その他、抗不安薬には耐性といった問題があります。耐性とは、服用を続けることで抗不安薬の効果が効かなくなることなのですが、効かなくなることで服用量が増加し、副作用を招く人も少なくありません。

上記のような薬剤による副作用や問題を抱える不安障害ですが、CBDには、そんな不安障害の症状を緩和する効果があると報告されています。2011年に行われた、不安障害の症状のある患者に対しCBDを摂取した実験では、CBDの効果によって不安が緩和されたと実証されました。

うつへの効果

CBDが抑うつやうつ病の症状に対して、効果的であるとされるデータがあります。2014年に報告された論文によれば、CBDは5-HT1A神経受容体に影響することで、うつに対して効果的に作用することが実証されています。5-HT1A受容体は、神経伝達物質のセロトニンと関わり合うことで気分の向上を図ることができる為、CBDは抗うつ薬に類似する効果を発揮するということです。

抗うつ薬使用の一般的な目的としては、うつ病になり不足した脳内の神経伝達物質の働きを元に戻すことにあります。抗うつ薬は、効果を感じるまでに長時間かかるのですが、長ければ2周間〜1ヶ月かかるものもあります。副作用としては、悪心や嘔吐、食欲低下、眠気、口渇、錯乱、不安症状などが挙げられます。また、抗不安薬と同様に服薬を止めることで離脱症状が出ることも注意しなければなりません。

離脱症状が出ないようにするには、うつ症状が緩和・完治されたからといっていきなり服用を止めるのではなく、徐々に服用量を減らしていくなどの注意が必要です。こういったことから、抗うつ薬の代わりとして、副作用の少ないCBDの抗うつ効果が期待されているのです。

2014年に行われた動物実験では、CBDが脳内のセロトニン受容体に影響し、抗うつ・抗不安効果が現れることが実証されています。2018年の動物実験においては、CBDにはストレス抑制効果があり、ストレスが原因で起こるうつ症状を緩和させる可能性があるということが実証されました。また、2019年の動物実験では、CBDが抗うつ効果について即効性かつ持続性があることが実証されているのです。

とはいえ、全て動物実験においての結果なので、CBDによる抗うつ・抗不安効果が人間に対して現れるのかは、まだ憶測や期待の範囲でしかありません。しかし、動物に対するCBDの効果が実証されていることから、CBDの研究が進むことで人間に対するCBDの抗うつ・抗不安効果が実証されて行くことは将来的に十分あり得る話と言えるでしょう。

また、CBDの抗うつ・抗不安効果が人間に対しても現れるとすれば、抗うつ・抗不安薬よりも、効き目が早く副作用が少なくなるので、とても良いことです。ですが、CBDによる抗うつ・抗不安効果は、抗うつ・抗不安薬と全てが同様の効果をもたらす訳ではないので、CBDが処方の代替薬となることは今のところあり得ないでしょう。

不眠症への効果

CBDは、リラックス効果により、睡眠の質の向上に効果があるとされています。実際に、不眠症の人に高濃度CBD(160mg)を摂取すると、睡眠時間が長くなったという実験結果があります。また、精神的要素による不安誘発性睡眠障害に悩む人に対し、CBDオイルを摂取した結果、不安・不安が劇的に改善されたという結果もあります。

上記の例から、CBDは心身のリラックス効果とともに、不安やうつ症状などの多くの心の病を緩和し、睡眠改善にも効果的であることがわかっているのです。ただ、人間での実証データはまだまだ少ない為、未知な部分もたくさんあります。これについては、これからの研究に期待したいところです。

エネルギーや活力を維持するための、最適なCBD摂取のタイミングは?

上記で紹介したように、CBDには心身に活力をもたらし、うつ病や不眠症、不安障害に対する効果が期待されています。効果についてはまだ未知数な部分もありますが、依存性や副作用などの悲観的要素がないことを踏まえると、一度試してみるのもありかもしれません。ちなみに、ストレス・不安をたまに感じるなどの軽度な症状の方でも試してみる価値はあります。

では、CBDの効果については、いつ摂取することで最大限に効果が発揮されるのでしょうか。例えば、医師による処方薬にも「朝・食前・食後・睡眠前」など、服用のタイミングが指定されていることが多くあります。しかし、これについては明確な答えはなく、症状に対する状況に応じて摂取するというのがベストな答えかもしれません。

例を挙げていくと、「起床後のだるさ」を感じる方には、就寝前にCBDオイルを摂取することでスッキリとした目覚めに繋がるとされています。起床後すぐに摂取することでも効果はありそうです。また、「仕事でストレスが溜まりやすい」という方は、就業時の休憩時間や就業後に使用することでリフレッシュ・リラックス効果が感じられます。急な不安や抑うつ症状が出てしまう方は、その症状発生の都度使用することで精神的に安定するかもしれません。

CBDやCBDオイルは、それぞれの症状に合わせて、タイミングや使用量を変えて気軽に使用できるサプリメントの様なものです。自分にとってより効果的になるよう、試してみるのはいかがでしょうか。

CBDを摂取する際の注意点は?

CBDは、医薬品と同時に摂取することで互いに影響し合う為、注意が必要です。CBDが影響することで、医薬品の効果が異常に長引き、副作用の効果も大きくしたりする可能性があります。現在服用中の医薬品がある場合は、医師と必ず相談した後にCBDの摂取を始めるようにして下さい。そして、うつ病や不安障害などの症状で通院している場合も、医師と相談の上でCBDの購入や使用を始めるようにしましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]