CBDオイルの効果・効能・使い方

  • 2023年2月8日
  • CBD
  • 27view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

「よりよく生きようとする生活態度」への関心が高い人の間で最近注目を集めているのがCBDオイルです。CBDとは何なのか、違法ではないのかなどこの記事で紹介していきたいと思います。合わせてどのような場面で使用するとよいのか?どのようなものを選ぶとよいのか?なども見ていきましょう。

CBDとは?

CBDとは簡単にいうと、カンナビジオールという物質のことで主に植物の麻(ヘンプ)から採取されます。医療用大麻の合法成分としても最近では知られています。CBDはこんな場面・こんな方におすすめです。

・生活リズムを整えたい人

・忙しい仕事の合間など

・気持ちを切り替えたい時

・リフレッシュしたい時

合法なの?違法ではない?

世界保健機関(WHO)でCBDの安全性と有効性についてはすでに認可されており、国内で販売されている商品は厚生労働省麻薬取締部や税関などの関係各所から正式に許可を得た商品のみを販売しているので、安心して取り入れることができます。ですが、日本では大麻の麻の花穂や葉の利用は禁止されています。成熟した麻の茎や種子由来のCBDであれば合法なのでよく確認して使用しましょう。

CBDとTHCの違い

CBD(カンナビジオール)

・THC (人に高揚感を与える成分)を含む大麻とは違ってCBDには精神活性作用はありません

・マリファナの成熟した茎や種子から抽出される成分

・美容や健康の維持に役立つ可能性があるとされています

THC(テトラヒドロカンナビノール)

・中毒性がある

・マリファナの花、穂、葉、根から抽出される成分

・高揚感を与える

CBDの効果・効能は?

CBDには精神活性作用はありませんが、THCを含む大麻は人に高揚感を与える成分が入っています。CBDは美容や健康維持に役立つ可能性があるとされていることから近年注目が集まっていて、国内でもCBD製品を多く輸入・販売しています。

摂取する方の状態により効能は様々ですが、主な効能としては心身のリラックス 、不安を取り除く、ストレスのケア、不眠症の緩和など、いろいろな効果を期待できるとされています。またそれはCBDを摂取する量や濃度によっても変わってきます。運動能力を向上させたい人にも良いとされていて、例えばマラソンをした後にCBD配合のローションを足に塗るなど、マッサージのサポートとしても使用できるようです。

CBDの種類

日本で流通しているCBDは主に三種類で『フルスペクトラム』、『ブロードフルスペクトラム』、『アイソレート』、アイソレートにブロードフルスペクトラムを混ぜて作られた製品もあるようです。

フルスペクトラム

効果を体感しやすく、麻特有の匂いや味があります。THCが0.3%以下含まれるCBDです。(※日本で違法となる成分であるTHCが含まれているため国内では入手できません。)

ブロードフルスペクトラム

効果を体感しやすくフルスペクトラムほどではないが麻特有の味や風味があります。効果を優先的に考えたい人におすすめで、THCが検出限界以下なので日本では合法です。

アイソレート

CBDの中でも効果を実感しにくいが麻特有の味や風味がなく無味無臭で生活に取り入れやすいです。国内産のものには、アイソレートが多くTHCが検出限界以下なので日本では合法です。ドーピングチェックのあるアスリートなど検出限界以下ではあるがTHCが心配な人にはお勧めです。

色々なCBD製品があるけど違いは?

CBDha製品によりバリエーションも豊富で成分の吸収率や体内への滞留時間、取り扱いのしやすさにも違いがあります。下記のカテゴリーによって分類されます。

オイルタイプ

効果を優先したい方はオイルタイプが吸収率に優れているため、おすすめです。ですが場所や手間などから取り入れやすさには劣るので、習慣化しにくいという意見もあります。体の内側を中心にケアしたい方向けです。

カプセルタイプ

取り入れやすさには優れていますが、オイルタイプに比べて吸収率は劣ります。

アメ・ガム・グミタイプ

こちらはバランスが良く初心者の方にもおすすめです。

ヘアケアやスキンケアタイプ

手軽さやハードルの低さで選ぶならこのタイプです。毎日使用するアイテムなので、習慣化しやすいですが吸収率は低いです。バーム製品などは、体の外側から気になる箇所へダイレクトにアプローチできるので、肌の悩みを抱えている方におすすめです。

CBDの選び方

①企業を知る

CBDメーカーのほとんどはTHCや農薬の有無を確認するために第三者機関で成分分析を行っています。この審査を通過している企業なら、安心して取り入れられます。

②初心者はオイルタイプから

初心者の方は吸収率に優れているオイルタイプをまず試してみてください。より効果を実感したい場合は、素早く体に吸収されエネルギーとして働くことが知られている「MCTオイル(中鎖脂肪酸)」がおすすめです。

CBDオイルの使い方

CBDオイルは一般的に摂取量、摂取方法、対処したい症状により、作用するまでに数分から数時間かかります。吸収率が早く効果が実感しやすいはずです。飲み込む際や飲み込んだ後はにおいや味を和らげるために水などの飲み物を使用するのも良いでしょう。オイルの摂取方法は、以下の3つです。

舌下摂取

オイルを舌の下に垂らし約1分間ほどキープすることにより 、口腔の毛細血管から直接血流に取り込む方法です。早く効果が出る摂取方法で、30分~1時間ほどで効果を感じることができるでしょう。効果は2~4時間です。

経口摂取

CBD製品を飲みこみ消化する方法です。効果が出るまで約1時間ほどです。肝臓で代謝されるため、生体利用効率は下がりますが、代わりに低濃度で長時間効果が持続します。効果は4~6時間です。脂質の多い食事と一緒に摂ることでCBDの吸収率が上がります。

経皮吸収

CBD製品を肌に塗ることで吸収する方法です。効果を感じるまでに1~2時間ほどかかります。効果は4~6時間です。

 
CBDについて紹介してきましたがどうでしたか?しっかりと成分などを確認して使用すれば安全ですしどれも魅力的な物ばかりでしたね。気になっている方は是非一度生活に取り入れてみてください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]