CBDとコーヒーの関係性と期待される効果

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

最近注目が集まっているCBDは、様々な種類や使用方法があります。オイルパウダーなどを好きなようにアレンジし、使用している人も多くなってきています。そして、HempコーヒーやCBDカフェ、CBDが含有されているコーヒーなどが注目されています。この記事では、CBDとカフェインの相互作用や他の食べられるものとの違いについて紹介します。

コーヒーの持つ働き

まず最初にコーヒーに含まれる主な成分を紹介します。

【カフェインの持つ主な効果】

・アデノシン受容体の死滅

・血中アドレナリン濃度の上昇

・代謝向上

・胃液の分泌促進

・尿量の増加

・解熱鎮痛効果

【ポリフェノールの持つ主な効果】

・コーヒーの色と匂いの元

・抗酸化作用

・脂肪代謝の調節

・疲労回復効果

上記二つの成分はコーヒーに含まれる代表的なもので、身体に様々な良い効果を発揮します。そして、コーヒーの持つ匂いは、脳を刺激して心と身体ともに影響力があることがわかっています。

コーヒーには800種類以上もの匂いが存在すると言われており、豆そのものが持つ匂いや豆を焙煎する時に発生する匂いなど様々です。この様々なコーヒーの匂いは、脳をリラックス状態にすることが報告されており、コーヒーの匂いを嗅いだ人の脳内では脳波がα波の状態になるということがわかっています。α波は、脳がリラックス状態にある時に出る脳波の一つで、心身のストレスの緩和や集中力の向上、疲労回復などの良い効果があります。

CBDとカフェインを同時に摂取する

CBDが含有されているコーヒーを飲むと、カフェインやポリフェノールなどの成分とCBDが同時に身体に影響することになります。今回注目したいのは、CBDとカフェインの相互作用についてです。

カフェインとCBDとの関係については、世界的にも多くの研究が実施されています。カフェインとCBDは互いの作用を潰し合うこともあるのですが、デメリット部分を補う可能性があるとも言われています。

これについて、世界のある大学の医学部研究チームの報告によると、コーヒーの摂取量が多い人ほどECS(エンド・カンナビノイド・システム)の働きが悪いと言われているのです。コーヒーに含有されている成分のカフェインが神経の動きを刺激することで、内因性カンナビノイドの動きが鈍くなり、恒常機能が低下しリラックス状態が作られにくいということです。

カフェインは、集中力の向上や多少の覚醒作用があることは皆さんもご存知かと思いますが、計算力や記憶力の向上や疲労を感じにくくするという作用もあります。カフェインの持つ覚醒作用の強さがECSの恒常性の調整を上回る為に、ECSの働きが低下してしまうのではないかと言われているのです。なので、カフェインの摂取と同時にCBDを摂取することでECSの働きの低下を抑えることができるのではないかとされているのです。

メリット・デメリット

メリットとデメリットについて、順を追って紹介していきます。

【メリット】

・気軽に摂取が可能

・CBDによる眠気を抑制する

・カフェインのデメリットを抑制する

毎日のようにコーヒーを飲む習慣のある人は、CBDをコーヒーに混ぜ合わせ飲むことで習慣として続けやすいです。CBDオイル特有の匂いや味が苦手であっても、コーヒーと混ぜ合わせるとかなり飲みやすくなります。

CBD製品は様々ありますが、高用量のものは鎮静作用・抗不安作用により心身がリラックス状態になり眠気を引き起こすことがあります。ですので、高用量のCBD製品は日中の活動時での摂取には適していないという声もありました。カフェインの覚醒作用は効果も強い為、CBDをコーヒーと同時に摂取することで眠気や過度なリラックス感を感じることなく高用量のCBDを摂取することが可能でしょう。

ただ、人それぞれですが、コーヒーを飲んだことで頭痛や胃痛や、高血圧という症状が発生することもあります。カフェインの胃液分泌の促進や血管収縮作用が原因として引き起こると言われており、CBDと同時に摂取することでこれら不快感やトラブルを緩和することができると期待されています。それは、CBDの抗炎症作用や神経保護などの効果がある為です。

【デメリット】

・リラックス効果が軽減されてしまう

CBDには、脳内のアデノシンの発生を促進しより分解抑制を多くすることで、リラックス感や身体を睡眠状態に誘導する効果があります。対象的にカフェインには、アデノシン受容体を一時的に死滅させる効果がある為、CBDの効果を最大限に受けることができなくなります。その他、CBDの鎮静作用や抗不安作用が、カフェインの持つ覚醒作用やアドレナリン分泌の影響で潰されてしまうことに対して問題視されています。

ただ、コーヒーの匂いによるリラックス効果はある為、一概にCBD入りのコーヒーを飲むと全くリラックスできない訳ではないのです。とはいえ、CBDによるリラックス効果を期待しているのであれば、コーヒーと同時に摂取することは特におすすめはしません。

リラックスしたいならコーヒーと別がおすすめ

カフェインは強力な覚醒作用があり、コーヒーと同時に摂取することで、CBDの持つ多くの効果的要素がなくなってしまう可能性があります。しかし、カフェインと同時にCBDを摂取することで体調が悪くなったり、心と身体に弊害が生じるといったこともないので、コーヒーに混ぜて摂取することは特に問題はありません。

CBDコーヒーといった具合に、製品自体を楽しむことは良いですが、CBDの効果を最大限に味わいたい方は別々のタイミングで摂取することが良いでしょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]