CBDとは?年齢制限や電子タバコ、違法性、依存性、摂取方法について解説!

  • 2023年3月4日
  • 2023年3月4日
  • CBD
  • 56view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDとは、日々のストレスやコロナ禍によるストレスの増加により、世間から注目を集めている成分です。CBD成分により、リラックス効果やストレス軽減、睡眠の質の改善に効果的だと言われています。

しかし、CBDは大麻草から抽出される成分なので、法律関係や安全性、中毒性などに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。この記事では、CBDの効果や違法性などについて紹介していきます。

CBDとは

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)という、大麻草から抽出される成分の略称です。身体、精神ともにリラックス効果があるということで欧米を中心に注目されている成分なのです。また、WHO(世界保健機関)でも安全性について立証されており、美容や健康、医療分野においても様々な用途で注目されています。

CBDは違法薬物?

大麻というと、日本では規制されている為、危険というイメージを持つ人は多いと思います。そんな大麻には1000種類以上の天然成分が含まれています。その中でも、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分には依存性があります。THCには、精神活性作用、すなわち人の気分をハイにさせる効果や多幸感など、中毒性が高い為に日本では違法薬物として規制されています。

大麻草から抽出されることは同じでも、CBDは中毒性がないことが立証されている日本では合法の成分です。さらに、日本で販売されているCBDは、厚生労働省や検疫所からしっかりと認可を受けた製品しかありませんので、安心です。日本でのCBDに対する安心感も広がっており、まだまだ取扱い店は少ないものの百貨店やセレクトショップなどでも販売される様になっています。これから益々取扱いが増えることが期待されます。

CBDの効果とは

CBDには、様々な良い効果があり、代表的なものがリラックス効果、ストレスの軽減、睡眠の質の向上、抗酸化作用、抗炎症作用です。

CBDは、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に作用し、自律神経を調整します。日々のストレスや緊張によって乱れた自律神経が正常に機能することにより、強いリラックス効果があり精神的な抑制に繋がりますし、睡眠の質の向上にも効果があるのです。他に、うつ病や統合失調症に対し効果的であることも海外では報告されており、日本でも研究されている段階です。

神経などの精神的要素だけでなく、皮膚などの身体的要素にも効果的なのがCBDです。それが主に美容分野であり、抗酸化作用や抗炎症作用、ニキビ、アトピー、皮膚炎アレルギーなどへの効果もあり、とても注目されています。

向いている人や使うタイミングは?

効果効能が豊富であるCBDは、あらゆる人に向いていると思います。使用するタイミングとして、リラックス感やストレス緩和、睡眠の質の向上を目的とするのであれば就寝前が効果的です。自立神経を調整するので、集中力を上げたい時に使うことも期待できますが、ドーパミン濃度が上がり過ぎてしまうと逆効果になってしまう恐れがありますので、注意が必要です。まずは、リラックスしたいタイミングでCBDを摂取することが一番良いでしょう。

CBDの種類

今では、日本でのCBD製品も豊富に販売されています。CBDオイル、CBDリキッド、CBDカプセル、CBDグミ、CBDクリームなどが、代表的です。摂取方法や摂取目的によって、使用する種類も変化する為、下記では摂取方法について紹介していきます。

CBDの摂取方法を解説!

今から、CBDの摂取方法について紹介していきます。CBDの摂取量については、1日20〜200mgという広い範囲ですが、慣れるまでは20mgを目安に摂取していって下さい。

経口摂取

経口摂取とは、食べ物や飲み物と同じ様にCBDを口から摂取する方法です。CBDグミやドリンク、サプリメントなどは経口摂取になります。経口摂取により、胃や肝臓でCBD成分が分解されて、腸で成分の吸収を行います。体内にゆっくりとCBD成分を取り込むので、副作用なども起こりづらく初めて使用する人や使用回数の浅い人におすすめの方法です。

体内に吸収するまでに、消化・分解という流れがあるので、効果を実家するまでに30分〜1時間程かかります。効果を実感するまでに時間はかかるものの、その分の持続時間も長くなり、最大で12時間程になると言われています。

吸引摂取

吸引摂取は、ベイプなどでCBD成分を取り入れる方法です。CBDリキッドをベイプなどを使用し加熱し、蒸気や煙の状態にして肺に直接吸い込みます。肺の毛細血管からCBD成分を吸収して全身へと循環する為、ものの数分で効果を実感できます。効果の実感も早いので、相応に持続時間も短くなります。普段からタバコや電子タバコを使用している人にとっては、同じ動作による安心感・リラックス効果も感じられるので、CBD成分の摂取としては人気の方法でもあります。

舌下摂取

舌下摂取は、摂取方法の中でも一番効果的にCBD成分を体内に取り入れることができる方法です。CBDは血管通じて体内に循環するのですが、血管の多い口の中はCBDの吸収に最適なのです。舌の裏側には特に血管が多くあり、CBDの吸収も早いのです。効果の実感も15分〜60分程で起きます。

経皮摂取

経皮摂取は、肌や髪に直接塗ってCBD成分を取り入れる方法です。美容効果が期待できるCBDは、肌や髪の悩みに、部分的な改善ができる為おすすめです。CBDオイルをそのまま肌に塗るのも良いですが、普段使用しているクリームなどと混ぜ合わせても良いでしょう。毎日のスキンケアとしても、CBDクリームやCBDファンデーション、CBDヘアオイルが販売されているので、一度試してみるのも良いかもしれません。

CBDの副作用とは

CBDは、医薬品などとは違い、副作用がほとんどないことで有名です。ただ、初めて使用する人や使用回数の浅い人などは立ちくらみ、口渇、眠気のような症状が現れる可能性もあります。CBDの摂取回数が増えることで体に慣れてくれば、副作用はほとんど感じられませんが、心配であれば摂取は止めておきましょう。CBDの効果によって強い眠気を感じる人もいますので、特に慣れるまでは運転前の摂取は避けましょう。

 
近年日本でも注目を集めるCBDについて紹介しました。CBDは、リラックス効果や睡眠の改善、美容、健康など様々な分野で効果的な優れた成分です。使用するまでの一歩がなかなか出ない人も、摂取方法は簡単なので使用してみると案外習慣的に取り入れることができます。これを機に皆さんもCBD成分を味わい、リラックス感のある落ち着いた気分で生活してみるのも悪くないのではないでしょうか。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]