CBDは眠気を誘う?エナジードリンクとCBDはどちらが良いのか?

  • 2023年3月6日
  • CBD
  • 50view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

CBDは集中力を上げる効果がありますが、眠気が起こることはないのでしょうか?また、仕事中など集中力を上げるには、CBDとエナジードリンクのどちらを摂取するのが良いのでしょう。今回はCBD入りのエナジードリンクについても紹介します。

そもそもCBDとは?ハイにならない?

CBDの正式名称はカンナビジオールと言い、最近ではリラックスや健康面に良いと日本を含め世界中で注目し販売されている成分になります。CBDは良い印象もあるのですが、それと同時に悪い印象もあります。CBDの抽出に用いられるのは、主にカンナビス・サティバという麻の品種であるからです。

日本で麻は大麻取締法により取扱いについては厳しい制限があります。CBDは大麻草から抽出される有効成分の(カンナビノイド) の一種になるので危険性があるなどと言った声はあっても、おかしい話ではありません。ですがCBDは決して法律的にも身体に悪影響を及ぼすような成分で入っていませんので、初めての方でも安心していただけます。

大麻草から抽出される別の物質にはTHCというものがあります。THCは正式名称をテトラヒドロカンナビノールといい、THCはマリファナの主成分でもあり「ハイ」になるなど強い精神活性作用をもたらします。なので大麻が危険と言われているのはTHCの存在があるからですが、CBDにはTHCのような悪影響は確認されておらず「ハイ」になる作用もありません。むしろ、CBDには体の様々な働きに効果があり、精神のリラックス作用や免疫機能の調節、神経の働きの調節、内臓機能の促進などと言った作用があると言われています。

CBDがこのような多くの効果をもたらすのは、私たちの体内にエンド・カンナビノイド・システム (ECS) というさまざまな仕組みとの関わりがあるからです。また生体機能の調節や恒常性維持を行うとされるECSですが、CBDはそのシステムを促進することで、心身の状態を良い方向へと調節する役割があるのです。

今ではCBDオイルやCBDリキッドなどさまざまな種類が販売されるようになり手軽に摂取できるようになりました。CBD製品は日頃からのストレスや不安解消、集中力の向上など、日中の活力を得ることが目的で使用している方も多くいます。また、CBD製品にはCBD入りの食品や飲料もあります。

最近海外で流行りになっているはCBDが配合されたCBDエナジードリンクが販売されています。エナジードリンクは、炭酸を配合した豊富なビタミン類などの栄養素が含まれているので眠気を無くしたり、集中力を上げたい時に飲まれる方が多い清涼飲料水です。CBDとエナジードリンクは、身体に作用する仕組みなどは全く違いますが、眠気を取ったりして活力をもたらすという点は同じような製品であると言えるかもしれません。

CBDは眠気を誘う?または解消する?

上記ではCBDは眠気を取り集中力を高めるのに有用な成分だとお話しましたが、実はCBDには正反対な作用もあります。それは「睡眠の誘導」です。実際にCBDにより眠りが深くなったという人や、不眠症の症状がCBDの効果により改善されたという報告もあります。CBDには眠気を誘うのか、それとも解消するのか、どちらの作用があるの?などと思うかもしれませんが、そのこの答えは、どちらの作用もある!ということです。

CBDには眠気を取り、集中力を高める作用と眠りに誘う作用は、一見矛盾しているようにも見えますが、これはECSを通じて生体に作用するCBDならではの働きといえます。なので昼間の起きている時間と、夜間の眠る時間とでは、CBDは逆の効果が発揮されるのです。

CBDは、日中は内因性カンナビノイド (ECS)であるアナンダミドや神経伝達物質のセロトニンの受容体の働きを促進することにより不安を解消するなど集中力を高めるということが2012年にドイツで報告された論文で明らかになっています。CBDはストレスホルモンとして重要であるものの、大量分泌されるとうつや集中力低下を招くと言われるコルチゾールの分泌を抑制する役割もあります。

また2018年アメリカではCBDには夜間に睡眠を誘導するアデノシンの経路を調節する働きがあるがあると報告されています。その他にもCBDが持つリラックス作用には、心身共にゆったりと眠りに向かう体制を整えます。このようにCBDには眠りを誘う作用も眠気を解消する作用もあります。これらの作用のタイミングには、CBDを摂取の時間帯により摂取量を変えてみるとよいかもしれません。

2008年の研究では実際に、CBD摂取量は少量だと神経が活性化し、多量だと眠気が誘導されやすくなるとの報告がブラジルでされています。CBDは摂取の方法を変える事で眠気の解消も誘導もできるという一石二鳥な成分です。両方ともより大きな効果を得るのです。

CBD入りエナジードリンクはおすすめできない?その理由は?

CBDとエナジードリンクには、昼間の活力をもたらし集中力を上げる効果があります。この二つを混ぜ合わせた際にCBDエナジードリンクはより大きな効果が期待できるのでしょうか。ぜひ飲んでみたいと考えている方も多いはずです。

また元々持っているCBDオイルをエナジードリンクに混ぜてお手製のCBDエナジードリンクを作ってみようと思われる方もいるかもしれませんが、同じような効果があるからといって、CBD入りのエナジードリンクがおすすめできるかといえば、話は別です。本記事ではCBDエナジードリンクに潜んでいるかもしれないリスクについて、ご紹介します。

エナジードリンクには健康被害が多く報告されている?

CBD入りのエナジードリンクについて論じる前に、エナジードリンクに隠れている問題について知っておかなくてはいけません。エナジードリンクは飲むと目が覚めて元気になると評判になっていますが、エナジードリンクは飲みすぎると良くないという意見もあります。

カフェインの効果を過信しないように

エナジードリンクにはカフェインが含まれており目が覚める原因になります。またカフェインを大量摂取するとカフェイン中毒になる危険性があります。カフェインは栄養分にはならずに、目が覚めるため元気になったように勘違いしてしまいます。なので毎日エナジードリンクを飲んで働き続けていると、徐々に身体が疲弊し最終的には身体を壊してしまう可能性もあります。カフェインの効果を評価しすぎないようにすることが大切です。

大量の砂糖が入っている

エナジードリンクには大量の砂糖が混ざっています。私たち体内のエネルギー源でもある糖類ですが、摂取をしすぎると肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなりかねます。大量の糖を一度に取り続けてしまうと、高血糖緊急症になる場合もあります。実際急な体調不良を感じ病院で調べてみたところ、エナジードリンクの飲みすぎで血糖値が異様に高くなった方が入院せざるを得なくなったと言います。

またエナジードリンクを飲む事で元気になると思ってしまうのは体内に入った大量の砂糖が血糖値を急激に上げるためでもあります。何も考えずにエナジードリンクを毎日摂取し続けるのは危険な行為です。

エナジードリンクによる死亡事故も?

エナジードリンクにはメリットもたくさんありますが、その裏側にはリスクもあります。またエナジードリンクが原因として考えられる死亡事故も起きています。死亡者の中には10代と若者が多く、死亡例の原因のほとんどは短時間で大量にカフェインを摂取したことによって事故が起きています。また事例には海外のエナジードリンクが多いですが、2014年には日本でも20代男性のエナジードリンクが原因とされる急性カフェイン中毒による死亡が確認されています。

これらのようにエナジードリンクにはショックな事例も数多く報告されています。なので摂取する量は考え、多量な摂取は控えることをお勧めします。しかし、依存でエナジードリンクを飲んでる方もいます。すぐに元気になる、集中力が上がるなどと言った実感が依存してしまい忘れられなくなります。また意見の中には砂糖には中毒性があるという話も出ています。

このように、エナジードリンクは危険と言う方もいれば、適量であれば危険性はないと考える人もいます。どの量のエナジードリンクを摂取するかは個々人の判断に委ねられるところです。エナジードリンクを摂取する際は過剰摂取は危険である、依存による過剰摂取の可能性がある、というのは信頼性のある話しなので、そのことにちゃんと気をつける必要があります。

毎日摂取するCBDだから気をつけたい

上記記載ではエナジードリンクのデメリットな面を説明しましたが、実際に元気になれるというのは多くの人が感じているメリットでしょう。目を覚ましたい時などの摂取や毎日飲みたいと思う方もいると思います。ですが通常のエナジードリンクと加え、CBD入りのエナジードリンクを摂取するのは別の問題といえます。

エナジードリンクは飲んだ時点で効果がありますが、CBDは続けることで徐々に効果が出る成分です。CBDを摂取するためのアイテムと考えた時、CBD入りエナジードリンクはよい選択肢とえるでしょうか?上記で説明しましたが、エナジードリンクの摂取の取りすぎは健康被害や依存性など悪影響がある飲料なのでCBDをエナジードリンクに入れ継続し摂取することは、お勧めできません。なのでCBD入りエナジードリンクを飲む場合は、自己責任という意識が必要不可欠です。CBDを使用したい場合はCBDオイルなど他の製品の使用をお勧めします。

CBDとエナジードリンクどっちが良い?

CBDとエナジードリンクは眠気を解消したり集中力を高める際どちらが良い点か説明したいと思います。効果の即効性から言えば、エナジードリンクの方に軍配が上がるかもしれません。CBD製品の中でもCBDオイルは摂取してから効果が出るまでに15分~1時間程度かかります。またCBDは初め効果が感じられず、徐々に継続するにつれて効果が見える事もあります。

その一方で飲む事ですぐに効果が現れるのがエナジードリンクです。効果が現れるのは早いエナジードリンクですが、健康のことを考えるとCBDの方がはるかに良いと言えます。個人差によっても悪影響のリスクは異なりますが、エナジードリンクには危険が伴うことは間違いありません。

しかし、CBDにはそのようなデメリットはほとんどありません。理由としてCBDは生体に元々備わっているECSに働きかけることで効果をもたらす役割があるためです。エナジードリンクは急激な血糖値の上昇やカフェインの作用により瞬間的に元気になったように感じますが、CBDは生体の機能を改善し恒常性を維持することで、生体を正しい状態へと整えてくれます。他にもCBDとエナジードリンクの成分が組み合わさった場合、生体にどのような影響を与えるかについての証言が現在では少ないということです。

上記で述べたことから、CBD入りエナジードリンクはおすすめはできません。なので続けながら使用するなら健康面に対してもCBDを摂取した方が良いでしょう。ですが、エナジードリンクにも良い面もたくさんあります。CBDとエナジードリンクどちらのメリットも生かせるように考えて摂取していきたいものですね。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]