大麻由来成分CBDの安全性とメリット!製品選びのポイントも紹介

CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

今回は、リラックス効果やストレス緩和効果で注目大!の成分「CBD」についてご紹介していきます。CBDに興味はあるけど、大麻由来成分という事で「危険なのでは…?」と、不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこでCBDについて気になる、

・安全性やメリット
・デメリットや副作用
・製品選びのポイント

これらの疑問にお答えしていきます。CBDについて詳しく知ることで、不安の解消に役立つはずです。ぜひ最後までお読みください。

大麻由来成分CBDの安全性は?

CBD(カンナビジオール)とは、大麻から取れる100種類以上の「植物性カンナビノイド」という成分の一つです。麻の茎や種子から抽出されます。大麻と聞くと、多くの方は「危険で絶対に取り扱ってはいけないもの」という認識がありますよね。

確かにCBDは大麻から取れる成分ですが、私たちの知る気分をハイにする精神作用や中毒性はなく、むしろ気分をリラックスさせる効果があります。そしてCBDは日本でも違法ではないのです。

厚生労働省・検疫所に、成分分析表や製造工程表などを提出し、成熟した茎や種子を原料としていることが分かれば、日本でも合法でCBDを販売することができます。

ちなみに日本で禁止されているものはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分です。

CBDの安全性はWHO(世界保健機関)も認めたもの

CBDの安全性はWHO(世界保健機関)も認めています。2017年にCBDについて以下のような報告がありました。「CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である。公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない」

忍容性とは、医薬業界の専門用語で「副作用の程度」を表します。

「忍容性が良好」とは、
「副作用がほとんどないかあっても非常に軽い」という意味です。

このように報告するということは、WHOがCBDは安全だと認めたということです。ちなみに2018年には、世界ドーピング協会もCBDをドーピング薬物規制対象から外すことを決めています。

世界で戦うスポーツ選手も、痛みの緩和やリラックス作用にCBDを安全に使用して効果を得ているのです。

CBDのメリットとデメリット!副作用について

CBDのメリットとデメリット、副作用についてご紹介していきましょう。

CBDのメリット(効果効能)

・リラックス効果
・ストレス・不安・疲れの緩和
・炎症を鎮める作用
・症状を遅らせる作用

CBDは、人間の身体調節機能(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる老化や記憶、免疫調節、感情抑制、神経保護、運動機能などを調節する機能に直接働きかける作用があります。

不安の緩和、イライラ・モヤモヤなどの心のケアから、不眠、疲れ、エイジングケアまで幅広くサポートしてくれる効果が期待できるのです。日常生活で中々リラックスできない方は、CBDを使うことでリラックスして不安やストレスを緩和することができるでしょう。

また、医療の観点からも多くの臨床試験が行われています。

CBDの抗炎症作用や抗酸化作用、神経保護作用は、特定の病気で苦しんでいる方の炎症を鎮めたり、進行を遅らせる効果が期待できると、多数の研究結果で発表されています。

海外では医療品、美容品、食品、日用品など幅広い分野にCBDが使用され販売されており、日本でも急速にCBDが普及し始めています。それは、CBDが安全に使用できるという根拠が研究結果や実例で確かなものになっているからです。

CBDのメリットとデメリット!副作用について

CBDはとても安全に使用できますが、どんなに優れた成分にもメリットがあればデメリットもあります。両方を知ることで、初めて安心安全にCBDを使用することができるでしょう。以下でまとめていきます。

◆CBDのデメリット

・効果には個人差がある
・CBD製品の中には粗悪なものもあり選ぶのが難しい
・保健適用外でコストが心配

CBDの効果には個人差があります。

それは、人ぞれそれが持つカンナビノイド受容体の数や代謝機能が異なるため、同じCBD製品を同じ量摂取しても効果が変わってくるからです。また、日本ではCBD製品を輸入する前に厚生労働省で審査を受ける必要がありますが、稀に粗悪な製品やTHC成分が入ったものがあるため注意が必要です。

医療用として継続して使いたい方にとっては、保健適用外というのもコスト面で心配でしょう。

◆CBDの副作用

口や皮膚から摂取するため、副作用を心配する方も多いと思いますが、WHOが認めるようにCBDには副作用はほとんどありません。とはいえ、これまでCBD摂取後に副作用と思われる症状が出た事例もありますので、以下でご紹介します。

・頭痛
・強い眠気
・立ち眩み
・口の中が乾く

このような症状がまれに発生する場合があります。CBD摂取後は、自転車や自動車の運転は控えることをお勧めします。

また常用している薬がある場合には、CBDとの相互作用があるため、かかりつけ医に相談した方が良いでしょう。デメリットや副作用をしっかりと理解した上で、メリットの大きいCBDをうまく取り入れることがとても重要です。

CBD製品を選ぶときのポイント

世界や日本でも急速に数を増やしているCBD製品ですが、購入する時はしっかりとした判断基準を持って選びましょう。

以下で、CBD製品を選ぶときのポイントをご紹介していきます。

・THC成分が入っていない
・濃度は低すぎず高すぎず
・原料の産地や製造工場が明記されている
・得られる効果は何か
・量と値段のコストパフォーマンスはどうか

上記の選び方に当てはめながら、自分に合ったCBD製品を選んでいくと良いでしょう。

【まとめ】安全性の高いCBDで心身リラックス!

今回は、大麻由来成分CBDの安全性やメリット、デメリット、選び方についてご紹介してきました。大麻由来と聞くと少しビックリしてしまいますが、CBD自体は日本での販売も合法で、とても効果的な成分です。

リラックスできない方や、ストレスや不安で辛いと言う方は、興味があれば一度試してみると良いでしょう。国内生産CBDオイルのおすすめは、子供でも使用できる「高濃度CBDオイル KAREN」です。

CBDを一番手軽に取れる方法はオイルが圧倒的に人気!そしてこのKARENなら、オーガニック原料を国内製造で作っているから安全性が他の製品よりも抜群に高くなります。

開発者は我が子の「てんかん症候群」を軽くしてあげたいという一心でKARENを開発しました。その親心が詰まった安心安全なCBDオイル「KAREN」はとても安心して使用できます。CBD製品は初めてで不安を感じている方は、ぜひKARENから初めてみると良いですよ。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]