CBDとCBNの違いとは?電子タバコ(VAPE)用CBDリキッドの効果やおすすめも

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 83view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

現在SNSを中心に話題を集めているCBDは、ストレス緩和や睡眠改善など日常的な心身のケアをもたらすとして、健康分野を始め様々な分野で注目されています。しかし一方、CBDは麻(大麻)植物由来の成分のため、使用するのが怖い・抵抗があるなどのネガティブな意見もあります。

そこでここでは、CBDとは何なのかやCBDの安全性や選び方まで詳しく紹介していきます。

CBD(カンナビジオール)とは何?

CBD(カンナビジオール)は、大麻草などから抽出されるカンナビノイドと呼ばれる天然成分の一種になり、海外では難治性てんかんの治療薬などとしても使用されています。

CBDは違法ではない

大麻取締法上でCBDは、「大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出した製品及びカンナビジオールを含有する製品については、大麻取締法上の「大麻」に該当しません。」と記載されています。

CBDの安全性

WHO(世界保健機関)でもCBDは安全性がある物質と発表されています。

しかし日本では、麻の花穂・葉・根から抽出されるTHC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)は大麻取締法によって許可されていません。理由として、THCには、精神活性作用いわゆる「ハイ」になる成分が含まれていることや依存性も高いものとなるからです。

CBDの効果や副作用

CBDの効果

CBDの効果として、下記の効果や効能が報告されています。

・ストレスの緩和、
・不眠(睡眠障害)
・鬱(うつ)防止
・慢性痛の解消
・吐き気や嘔吐の緩和
・鎮痛作用
・アルツハイマー病の予防や治療

その他にも抗炎症作用があるため、ニキビなどの皮膚トラブルの改善やアンチエイジングの作用があるとも言われ美容面でも注目されています。更にタバコなどの中毒症状にも有益である可能性が研究結果から分かり更なる研究が進められています。

アントラ―ジュ効果(相乗効果)

CBDとテルペンを一緒に摂取することにより、個々の持つ効果が増長し「アントラ―ジュ効果(相乗効果)」が生まれ、より高いCBDの効果・効能が見込めると言われています。

テルペンとは、オレンジやラベンダーなどの植物性の精油に含まれる成分になります。特有の香りや苦みがあり、リラックス効果や炎症を抑制する効果などがあると言われています。身近なところでは香水やアロマセラピーにも使用されています。

CBDの副作用

CBDは上述した通り、WHO(世界保健機関)でもCBDは安全性がある物質と発表されおり、「カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書」では、『CBDは公衆衛生上の問題も濫用の危険性もなく、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用はなく、非常に安全で幅広い用量で一般的に良好な忍容性(許容性)がある』と記載されています。

しかし良好な忍容性とは、医薬や製薬業界の専門用語で副作用の程度を表し、「良好な忍容性」とは「副作用はあるが非常に軽い」ということを意味します。その為多少の副作用のリスクはあると考えた方がよいでしょう。

そしてこれまでCBDの副作用としてあげられるのが、眠気、めまい、倦怠感、イライラ、頻脈、頭痛などになります。

車の運転

CBDには眠気などの副作用が現れる可能性もあります。その為車の運転など集中力を要する作業を行う際は十分注意するようにしましょう。

妊婦・授乳中

妊娠中や授乳中の方はCBDの使用は避けるようにしましょう。理由として、妊娠中や授乳中の方のCBD使用に関する研究がまだまだ進んでいないため、妊娠中や授乳中の方がCBDを安全に摂取できるという保証がないからです。

CBDの種類

CBD成分の種類

主にCBDには、「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」「アイソレート」と3つの種類があり、日本では「ブロードフルスペクトラム」と「アイソレート」の2種類と、アイソレートにブロードフルスペクトラムを混ぜて作られたCBD製品が販売されています。

3つの種類を下記にて詳しく説明します。

①フルスペクトラム<麻の成分全て(THC含む)>

大麻に含まれている全ての化合物(カンナビノイド)を抽出したフルスペクトラムのCBDは、違法なTHCが含まれているため日本では販売していません。

②ブロードフルスペクトラム< CBD+他の麻の成分(THCは含まない)>

フルスペクトラムのCBDからTHCの成分を取り除いたものをブロードフルスペクトラムと言います。

特徴として、麻特有の味や風味を若干ながら感じられ、アントラージュ効果によって高い相乗効果があげられます。CBDの効果を最優先にされたい方はこちらをお勧めします。

また注意点として、日本国内で販売されているCBD製品の中には「ブロード」を省略し、「フルスペクトラム」と表記している場合がありますので、購入する前にはしっかり確認するようにしましょう。

③アイソレート< CBD(カンナビジオール)のみ>

純度99%のCBD成分でCBD以外の成分は含まれていないのがアイソレートです。特徴として麻特有の味や風味が感じられず、アントラージュ効果もなく、特有の効果も実感しにくいのがあげられます。

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)がCBD成分単体(アイソレート)を禁止にしていないため、アイソレートを愛用するアスリートもいます。

CBD製品の種類

CBDを使用した製品には様々な種類があります。そしてその種類や個人差によっても吸収性や効果時間が異なってきます。ここからはCBD製品の代表的なカテゴリーから、効果を実感しやすいと言われている製品を紹介していきます。

電子タバコ(VAPE)用CBDリキッド

摂取方法:吸入摂取

VAPEと言われる電子タバコを使用し、蒸気化したCBDリキッドを吸い込み摂取します。直接肺の毛細血管から体内に吸収されるため、最も早く効果を実感できます。CBD効果を最優先に考える方にお勧めのタイプです。

CBDオイル

摂取方法:舌下摂取

CBDオイルを飲み物や食事に混ぜて摂取する他、口内の舌の下部に直接垂らし1~2分程度おいてから飲み込みます。口内から体内に吸収されるため、CBDオイルに関しても効果を早く実感することができます。

CBDグミ・アメ・ガム

摂取方法:経口摂取

電子タバコやCBDオイルと比較すると吸収性は劣ります。しかしおやつ感覚で手軽に取り入れられることや、種類や味も豊富にあり、また外出先でも摂取しやすいです。

CBDサプリ・カプセル

摂取方法:経口摂取

電子タバコやCBDオイルと比較すると吸収性は劣ります。しかし粒状なので匂いや味を感じなることもないので摂取しやすいです。

CBDクリーム・ジェル

摂取方法:経皮摂取

局所的な肌の炎症や筋肉疲労の改善にお勧めなタイプです。しかし成分が全身に廻らないため効果の吸収性は劣ります。

電子タバコ(VAPE)用CBDリキッドとは?

これまで紹介してきたCBD製品の中から「最も効果を実感しやすい」と言われているCBDリキッドについて紹介していきます。

まず最初に、電子タバコ(VAPE)で使用する液体のことをCBDリキッドと言います。そのリキッドは、プロピレングリコール(PG)・植物性グリセリン(VG)・香料の3つになり、食品などにも使用されている極めて安全な成分になります。

更にVAPEのリキッドには様々な味や香りがあり、代表的なものでフルーツ系・メーソール系・スイーツ系などがあります。

またCBDリキッドを使用するには、VAPEと言われるデバイス本体が必要になります。初めてVAPEを使用する方にとって、デバイスの温度設定やコイルの選定は難しいと思います。その為初めてVAPEを使用する方は、CBDリキッド専用のVAPEスターターキットを購入するのをお勧めします。

CBDリキッドの選び方

CBDリキッドには、ボトルにリキッドが入っているタイプとカートリッジにリキッドが入っている使い捨てタイプの2つがあります。注意としてボトルタイプのCBDリキッドは、CBDオイルの外見が似ているので混合しないようにしましょう。

CBDリキッド濃度の選び方

CBDリキッドで最大の効果を実感したい方は、ブロードフルスペクトラムタイプの製品を選ぶことをお勧めします。その中での選択ポイントとして、テルペン成分配合によるアントラ―ジュ効果(相乗効果)の有無や、CBD濃度の配合量%(ml)に注目するようにしましょう。

下記は濃度によってもたらす効果を表したものです。CBDの効果には個人差がありますので参考程度にご覧ください。

~10%未満:低濃度

【効果の実感は低い】

タバコやガムなどの代用品として、口さみしい時など吸入するのにお勧めです。

10%~30%:中濃度

【充分な効果を実感できる】

仕事前のリフレッシュやお休み前のリラックスタイムにゆっくり数回ほど吸入するのがお勧めです。

30%~以上:高濃度

【非常に高い効果を実感できる】

不眠解消や日頃のストレス緩和など、深いリラックスを実感したい方にお勧めです。しかし高濃度のCBDは『喉に強い刺激感』を感じる場合がありますのでゆっくりと一回ずつ吸入するようにしましょう。

CBDリキッドの吸い方

CBDリキッドを吸入する時は、ゆっくりと吸い込むようにしましょう。また蒸気をしばらく肺の中に溜めてから吐き出すとより効果が増長します。

 CBDリキッドの効果時間

CBDの効果時間は個人差や製品によって大きく異なります。そのためご自身でCBDリキッドを吸入したあとに、効果が表れてから無くなるまでの効果時間を把握するようにしましょう。

CBDリキッドはこんな方におすすめ

CBDリキッドは以下のお悩みを抱えている方にお勧めです。

・日頃のストレスの緩和
・不眠解消
・深いリラックスを実感したい
・禁煙・節煙をしたい

CBDよりリラックス効果が高い「CBN」とは?

CBNとは

カンナビノールの略称のことをCBNと言い、麻(大麻草)に含まれ、現在発見されている110種類以上のカンナビノイドの化学物質の一つになります。

CBDとCBNの違い

CBDとCBNの違いとして、CBDは、麻(大麻草)の茎や種子から抽出される成分で、CBNは酸化したTHCが分解され生まれる副産物になります。またCBNはCBDやTHCと比べて抽出できる量が少ないことから、レアカンナビノイドとも呼ばれています。

CBNの効果

CBNはCBDと比較した際に、特に鎮静作用や睡眠補助といった効果が強いと言われています。加えてカンナビノイドの中で最もテルペンと相性が良いため、アントラ―ジュ効果(相乗効果)にも期待ができます。

CBNの注意点

CBNはCBDと比較した際に、睡眠補助の効果があるため、眠気を誘発する可能性高くなります。そのため車の運転や外出先で使用する際には充分に注意しましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]