CBDオイルの成分は何?危険性や安全な製品の選び方をご紹介します

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 87view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

今世界中でも大注目で健康に良いと言われるCBDですが、どのような成分が含まれているのか?大麻成分であるCBDやCBDオイルに危険性はないのか?といった点を解説し、安全なCBD製品を選ぶための重要なポイントについて解説します!

そもそもCBDやCBDオイルはどんな成分?

CBDはカンナビジオール といって、大麻などの植物に含まれる成分のことを言います。大麻に含まれる天然の成分はカンナビノイドと呼ばれ、100種類以上のものが確認されています。

たくさんある種類の中でも、CBDの注目度は高く、リラックス効果や免疫機能の調節、睡眠改善、など様々な効能は実体験により現れています。このような効果が期待され、現在ではCBDを気軽に摂取できるようになり、いろんな種類のCBD製品が販売されるようになりました。

もっとも人気なのは、CBDオイルで、抽出したCBDをキャリアオイルに配合した製品であり、手軽に持ち運びもしやすく、他のCBD製品と比べて効率と効果の持続時間のバランスが良いとされています。

CBDオイルに含まれる成分とは?

カンナビジオール (CBD)

超臨界二酸化炭素抽出は純度や保存度が高いCBDを精製でき、CBDオイルに適した抽出法と言われています。

CBD以外のカンナビノイド

テルペンとはカンナビノイド以外に麻に含まれる成分のことです。CBDなどのカンナビノイドの生体への影響に仕方に、釣鐘効果というものがあります。

キャリアオイル (ヘンプシードオイル、オリーブオイル、MCTオイルなど)

ヘンプシードオイルとはヘンプ (麻) の種子から抽出されたオイルのことです。CBDはほとんど含まれていませんが、必須脂肪酸やすべての必須アミノ酸を含み非常に栄養価が高いオイルです。

オリーブオイルは、みなさんもご存知ですよね!オリーブの実から作られたオイルです。オレイン酸と呼ばれるオメガ-9脂肪酸 やポリフェノール、ビタミンEが豊富で健康に良いとされています。

MCTオイルは、ココナッツオイルやパームオイルなどから中鎖脂肪酸を抽出して作られたものです。消化を助け他の栄養素の吸収率を上げる効果や、体重減や健康維持に役立つと言われています。

香料、着色料、その他添加物

臭いが苦手な方もいて摂取しやすいようにするため天然または人工の香料や着色料を加えている製品もあります。また、ハーブや漢方などの成分を加えているものなどあり、CBDオイルにはこのようにそれぞれの製品によって添加物が入っている場合があります。

CBDオイルにはどんな効果があるの?

CBDやCBDオイルですが、さまざまな効果・効能があることが知られています。例えば、リラックス効果、不安やストレスの緩和、うつや不安障害など精神疾患の症状を和らげる効果がみられます。

また、痛み・かゆみ・炎症の緩和・ニキビ・アトピー性皮膚炎・動脈硬化・睡眠障害・などさまざまな病気の症状の改善も期待されています。
なのでCBDはたくさんの効果を改善してくれるのです。

CBDのTHCの違いは?

CBD(カンナビジオール)

・非精神活性作用
・リラックス作用
・うつ・不安・パニック障害
・肌トラブル・不眠症
*副作用
・下痢・口の渇き・強い眠気・食欲変化

THC(テトラヒドロカンナビノール)

・精神活作用
・ハイにする作用
・鎮痛
・催眠
*副作用
・依存症
・脳や神経への悪影響
・記憶障害
・問題解決能力低下
・吐き気
・運動機能障害

これらは、CBDが大麻由来の成分であるためです。みなさんもご存知の多くは大麻、マリファナの印象が強く、日本を含む多くの国で規制されています。なので、CBDはTHCのような精神への影響を与えません。

 CBDはリラックス効果&THC中毒症状も緩和

CBDの作用方法はTHCとは大きく異なり、CBDはTHCの悪影響を打ち消す作用もあり高用量のCBDがTHCの中毒症状を緩和させると言われています。なのでCBDはTHCのような精神作用や脳への影響はなく、とても良い作用をもたらしてくれることが分かります!

日本では大麻は規制されていますが、THCの使用を懸念する観点からです。同じ大麻成分でもCBDは規制対象になりません、なので日本でCBDオイルを購入し摂取しても、違法にはならないのです。

CBDやCBDオイルの成分は副作用や危険性はない

上記ではCBDは安全で法律的にも問題ないと説明しました!ですが、個人差にも、摂取量にもよりますが、軽微な副作用が出る可能性がある点です。一般的な副作用は、めまい、強い眠気、倦怠感、下痢、食欲の変化、体重の変化などが報告されていてます。

もし、副作用などが出た場合は、CBDオイルの量を減らすなどの工夫をした方が良いでしょう。その他に、CBDやCBDオイルのみでの飲み合わせによっては生体への悪影響が大きく出る可能性もあります。

このように、健康に良く安全と注目とされているCBDですが、副作用や悪影響を及ぼす危険性は潜んでいます。そのため必ずCBDオイルを摂取する際は、使用量など守って正しく使うことが重要になります。

CBDやCBDオイルの安全な選び方は?

世界中で広まっているCBD製品に興味を持つ方は多いですよね?

しかし、CBDオイルはさまざまなメーカーや輸入業者が取り扱っており、その中には情報が多すぎてどのCBDオイルを選べば分からないという方もたくさんいます。CBDオイルは原則的安全なので、問題なく使用できるCBDオイルを、購入者がご自身で判断して選ばなくてはなりません!

尚且つ、安心で安全なCBDオイルを選ぶためには、見過ごしてはならないポイントは以下の2点です。

①THCが含まれていないか

②品質的に問題がない製品か

THCが含まれていないことを確認することは、非常に大切なことで、日本では大麻取締法によって、許可なく大麻を所持しているだけで処罰の対象となってしまいます。

THCはCBD製品には含まれていないので合法です

THCが含まれていないくて、含有量が少ない成熟した茎や種子から作られている製品は、法律上大麻から除外されます。ですが、実際に製品に含まれるCBDがどの部位から抽出されたのかをチェックすることは非常に困難なのです。

なので、消費者が必ずしも確認しないといけないのは、「THCが含まれていないか」というところになります。例えば、アメリカでTHCの含有量が0.3%以下の麻を合法化しています。そのため、ごく微量であればTHCが入っていても良いという点で、日本の法律とは同じではありません。

なので、輸入CBDオイルを購入する際には、THCが本当に含まれていないかどうかを必ず確認しておくことです。

国内のCBD販売業者を選ぼう

基本的には、CBDオイルが輸入される際に、厚労省の輸入許可や税関での検査などが行われ、製品の安全性や信頼性を確保したうえで販売されるのが普通ですが、CBD製品はたくさんの業者が製造していて、中にはCBDの純度が低く混合物が混ざっている製品があったり、悪質な販売業者も中にはいるので、消費者自身が必ず安全にCBD製品を使用するには、THCフリーの記載があるか確認するのはすごく重要なことになります。

優良なメーカーや販売店は第三者機関での品質チェックを依頼し、安全な商品であることを証明してもらっています。なので、THCが含まれていないか、カビやバクテリア・農薬などの異物が混入していないかなど、検査によって製品の品質が保証されているのです。

そして、CBDオイルのボトルやウェブサイトに記載されている成分表は、CBDオイルを選ぶうえでの良い判断材料になります!成分表の記載がないものは、購入は控えた方が良いでしょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]