CBDリキッド初心者でも安心、吸い方・使い方を分かり易く解説します!

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 64view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

リキッドの正しい吸い方・使い方とは?

CBD製品にもたくさんあり、その中でもCBDリキッドは様々な悩みや症状に効果があるとも話題になっています!ですが、CBDリキッドをお使いの方でも、正しい吸い方で吸えていない人・正しい使い方で使えていない人も多いようです。

そしてCBDリキッドを間違った吸い方・使い方で使用している場合、全くCBDの効果を得られていない場合もあります…。

なのでCBDリキッドの正しい吸い方と使い方を分かり易く解説し、CBDリキッドを吸いすぎてしまった時の対処法や過剰摂取について、CBDリキッドを正しく吸うためのポイントなど説明していきます!!

 CBDリキッドの正しい吸い方を徹底解説

みなさんがご存じのタバコと言えば、紙巻きタバコや電子タバコですが、CBDリキッドは紙巻きタバコや電子タバコとは違い、吸い方は全く異なることを知っておく必要があります。

CBDリキッドはCBDの効果を感じるためCBDを味わうためのものになっていて、正しい吸い方で使えていないとCBDの効果を十分に感じることができません。

吸い方その①息を吐く

CBDリキッドは蒸気として成分を体内に送り込み、肺に溜めることで血管から血流を通り、全身にCBDの成分を行きわたらせることでCBDの効果が期待されます。

なのでCBDリキッドはしっかりと肺に溜めることが最重要ポイントになっており、まずは自身の肺に残っている空気をしっかりと吐き切りCBDリキッドを肺に溜める準備が必要になります。

ゆっくりと深呼吸するように息を吐くのもポイントです!

吸い方その②吸い込む

CBDリキッドを肺に溜める準備ができたら、ゆっくりとCBDリキッドを吸い込みます。もしも勢いよく吸い込んでしまうと咳き込んだり、喉が痛くなる原因になってしまうので、注意が必要です。

体感時間として、3~5秒ほどかけて吸い込むのが良く、浅い吸い方をすることでむせることもなく、上手に吸うことができるので是非試してみてください。初めは慣れるまで難しいかもしれませんが、少しづつ慣れてきます。

吸い方その③肺に溜める

次にCBDリキッドを吸い込んだら、できだけ成分を肺に溜めるため息を止めます!CBDリキッドの蒸気は肺に溜めることで最大限にCBD効果が期待されます。ですが、苦しいのであれば無理はしないでくださいね。また、苦しくなってきた時は息を吐き出すのではなく、逆に息を吸い込むのがコツです!

吸い方その④ゆっくりと吐き出す

肺に10秒程蒸気を溜めることができたら、ゆっくりと吐き出して下さい!10秒より長ければ長いほど体内に吸収され効果が最大限になります。

吐き出す時に蒸気が見えなければ、上手に吸えているので、リラックスした状態で挑戦するのがおすすめです。

 超高濃度で効果の高いCBDリキッドは?

初心者でもおすすめなのが、国産ブランドで安心安全のプラスウィードです!プラスウィードは高品質・高濃度・高純度99%のCBDリキッドなので、CBD初心者から上級者まで人気です。

CBDリキッドの正しい使い方を徹底解説

使い方その①使う前によく振る

CBDリキッドを使う前にはCBDリキッドのボトルやカートリッジ、アトマイザーを良く振ってから使用するようにしましょう。容器の中で成分が分離することがあるため、よく振ってから使用しないとCBD成分がリキッドに混ざり切っていないまま吸引する事になります。

また、上手く蒸気化できない原因にもなります。そうすると効果が出ない可能性があるので注意しましょう!分離した成分が振っても混ざらない場合は、手で温めるなどをすると溶けて混ざり易くなることもあります。

使い方その②リキッドを注入する

またみなさんがお手持ちのVAPEやヴェポライザーなどを使用する場合には、アトマイザーにCBDリキッドを充填する必要があります。

使い捨てやカートリッジタイプを使用する時はCBDリキッドを入れるアトマイザーの中心部に穴が開いているのでCBDリキッドが入らないようにしましょう。アトマイザー中心部の穴にCBDリキッドが入ってしまうと故障の原因になるので、気を付けて注ぎましょう。

使い方その③正しい吸い方で吸引する

CBDリキッドをアトマイザーに注入し、準備ができたらあとは正しい吸い方で吸引する!

上記でも紹介した通り、CBDリキッドを吸引する時は呼吸を止めてしっかりと肺に留め、蒸気化させたリキッドは肺に長い時間留めておく事で、CBD成分を体内へしっかりと吸収してくれます。肺に溜める時間が少なくなると、効果が十分に表れません。

初めは難しいですが、蒸気を肺に長く溜めるように意識しましょう!

CBDリキッドの吸い方・使い方の注意点を徹底解説

注意点その①吸引したら咳き込まない

喫煙経験がない方はタバコや電子タバコを吸引した事がないので、咳き込んでしまう可能性があります。CBDリキッドではない場合でも煙や蒸気を肺に入れる事が出来ない方が多いと思います。

咳き込んでしまうと、効果が減ってしまい、効果が実感できなくなります。なので、喫煙経験がない方はVAPE用のリキッドを慣れるまで使用する事をおすすめします!

注意点その②タバコと同じように吸わない

CBDリキッドは、他のリキッドタバコとは違います。蒸気だから、すぐに吸収されるものではないので、蒸気を吸ってから肺に10秒程キープし、しみ込ませるようにしないと摂取できていないのです。このようにキープする事により、肺の毛細血管にいき届き、吸収され効果が出るのです。

注意点その③蒸気は極力出さない

リキッドを吸引した後、吐き出す時に蒸気が出ない場合は上手く吸引出来ている証拠です!

逆に煙が出る場合は、肺に溜めれていないので、上手く吸引ができていないのです。咳き込まないように肺に溜めることは難しいので軽く吸引し、練習してコツをつかみましょう!

注意点その④CBD摂取量が少ないと効果を感じにくい

CBDリキッドの濃度は5~6%と言われ、これよりも低いものは低濃度、これより高いものは高濃度と言われています。濃度が高ければ高いほど効果がすぐに表れ、強くその効果を実感できます。

また、CBDパウダーやCBDワックスといった超高濃度CBD99%というCBD製品も販売しているので、高濃度のCBDリキッドを自作することも可能になります!

注意点その⑤効果を感じるまでに時間がかかる

CBDリキッドだけではなくCBD製品全て、個人差もありますし、CBD製品はCBD濃度などによっても効果が実感できるまでにかかる時間も異なります。人それぞれ効果の効き目も違うので、最低では一ヶ月は使用してみるようにしましょう。

CBD製品は効果を感じる方もいれば、効果に気づかないという人もいます。なので、なるべく毎日決まった時間にCBDリキッドを摂取するなどすると効果に気づきやすくなります!

 CBDリキッドの吸いすぎや過剰摂取について

CBDリキッドの使用量、摂取量は現在では決まっておらず、もし過剰摂取してしまっても体への悪影響や健康被害はないとされていますので、安心して利用してもらって大丈夫です。

一日の摂取量は初心者であれば、10〜15mgがいいでしょう。しっかり効果を実感したい方は、50~150mgへ増やしていくことをおすすめします。

CBDリキッドを吸いすぎた時の副作用は?

今のところCBDリキッドを吸いすぎた場合の副作用は身体へ悪影響を及ぼす副作用は報告されていません!人によって副作用は異なりますが主な副作用としては、下痢、食欲、眠気、口渇、などが挙げられます。重症例などはないので安心して摂取はできます。

CBDリキッドを吸うときは温度管理が重要

CBDリキッドを正しい吸い方、使う時に最も重要なポイントは温度管理だと言えます。そもそも温度設定ができないデバイスはCBDリキッドに向いていないと言われてます。

◉おすすめできるデバイスの温度設定

・ワット数:20W-35W
・抵抗値:0.5Ω-1Ω
・温度設定:195℃~225℃

⚠︎CBD成分の蒸気化する温度が160℃~180℃となるため、159℃以下は蒸気化できない。

CBDリキッドで使用するVAPEやヴェポライザーを購入する際、デバイスとCBDリキッドとの相性が良くないとCBDリキッドの効果を十分に感じる事が出来ない事もあるので気をつけて下さい。

基本的に相性が悪いという事はないのですが、CBDリキッドをカスタムして使用したいと考えている人などはデバイス選びポイントになります。初めてで不安な方は、CBDリキッド専用デバイスの購入をおすすめします!専用ですと失敗することはないので、間違える事もなくお使い頂けます。

後、CBD濃度やフレーバーなどの種類が豊富なメーカーを選ぶと飽きずに長く使い続ける事もできます!カートリッジタイプや電子タバコ、使い捨てタイプが販売されているので、初めての方でも自分に合った製品を探してみるといいですね!

CBD製品について、おさらい

CBD(カンナビジオール)製品は違法薬物の大麻やマリファナとは違い、精神作用を及ぼさないものになります。大麻草の中でも合法に当たる茎や種子から抽出している成分なので違法性はなく、大麻取締法には該当しないのです!

大麻草で禁止されているのは、葉や根・穂の部分で、成分的にはTHC(テトロヒドロカンナビノール)と言われているもの、気分がハイになったり幻覚が見えたりするので、THCは違法物質に指定されています。

CBD製品にはリラックスやストレス緩和効果が

CBD製品の主な効果はリラックス効果・ストレス緩和効果とされていて、個人差もありますが、実際に摂取した方は、睡眠改善、不安軽減、仕事へのリラックス効果、など様々な効果が出たと言われています。

CBDリキッドの主な成分はCBD成分、PG(プロピレングリコール)、VG(ベジタブルグリセリン)の3つです。PG・VGは電子タバコやVAPEではお馴染みの成分で、極めて毒性が低いので、安全性の高い成分として注目されています!

・PGは保湿作用や湿潤作用、静菌作用がある添加物
・VGは化粧水等に多く含まれている保湿効果の高い植物性のグリセリン

 CBDリキッドの製品の違いは何?

最近ではたくさんのCBDリキッドが販売されていて、メーカーのCBDリキッドの違いとしてはCBDの濃度と上記のPG、VGの比率の違い、フレーバーなどの違いになります。基本的にお値段はピンキリですがCBDの含有量が多ければ多いほどお値段も上がり、濃度などによっても値段は異なります。

初心者でも安心してCBDリキッドが使用できるので、正しい選び方、使い方、吸い方をしましょう!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]