CBDリキッドの効果とは?吸入のコツやCBDオイルとの比較も

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月4日
  • CBD
  • 66view
CBD
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは!CBDメディア編集部です。

最近注目されているCBD製品のリキットですが、CBDリキッドはCBDオイルとどのような違いがあるかや、CBDリキッドの摂取方法などをここでは紹介していきます。気軽にCBDを体感できるリキッドは扱いが便利なのでおすすめです!

そもそもCBDとは?CBDリキッドとCBDオイルの違いと摂取方法

正式名称をカンナビジオール (Cannabidiol) と呼ばれるCBDは、麻などの植物に含まれている有効成分であるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種になります。そのCBDは健康に良いとして世界的に注目されている成分であり、日本でもサプリメントや嗜好品として関連商品が販売されています。

CBDオイルとCBDリキッドの違いとは

世界中で愛用されているCBD製品には、CBDオイルとCBDリキッドがあります。

CBDオイルは、CBDをMCTオイルやオリーブオイルといったキャリアオイルに配合し口から摂取するもので、摂取や投与が簡易的であることから臨床研究や動物実験などで使用されていました。

CBDリキッドとは、CBDオイルの外見に似ていますが、VAPEなどの電子タバコのデバイズを用いて摂取するタイプになり、近年の近年ブームの影響もありVAPEの関連商品がウェブサイトなどでよく紹介されるようになっています。

そんなCBDオイルとCBDリキッドの違いについてですが、CBDリキッドは気化して吸引できるのに対し、CBDオイルはオイルを気化して吸い込むことができません。理由としてオイルを吸引すると、肺炎などが引き起こされるリスクが高まることや、CBDオイルは製品によっては、麻由来の独特な風味があったり、独特のオイル感があるためです。

しかしCBDリキッドには、フルーツやミントなど様々な風味があり、気分や好みで風味を変えたりして、苦手意識をもつことなく摂取することができます。加えて、CBDリキッドはタバコと異なりニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないため、気軽に使用できます。

VAPEで吸うCBDリキッドの効果って?使用者の感想もご紹介

CBDリキッドの摂取方法は、VAPEなどの電子タバコを使って肺から摂取する吸入摂取という方法を用います。そのため、CBDが肺の毛細血管から直接血液中に入り込むので、効果が出始めるまでの時間は数秒~10分程度とすぐに効果が現れます。また他の摂取方法と比較しても吸収率が非常に高くなっています。

ですので、仕事で大きなストレスを抱えた時やリラックスしたい時、そして持病の痛みが出てきたときなど、すぐに各症状に対処したい時にはとても有効になります。

しかしCBDリキッドは、効果が出始めるまでの時間は早いですが、効果の持続時間が30分~1時間程度でCBDの効果を持続させたり、中長期的な症状の改善などには不向きです。もし継続的に使用して症状の改善を図りたい場合は、CBDオイルを口内の舌下部分にオイルを垂らし摂取する舌下摂取が最適でしょう。

このように吸入摂取をするCBDリキッドや、舌下摂取をするCBDオイルにはそれぞれ良し悪しがあるためご自身の目的に合わせて選び分けることが大切になります。

CBDリキッドの使用者の感想を紹介

ここでは実際にCBDリキッドを使用した方の感想を紹介します。

不眠症状に悩まされていた男性:

これまで不眠や自律神経の乱れに悩まされていましたが、CBDリキッドを使用したところ身体の力が抜け浮遊するような感覚になりゆったりと安眠ができるようになりました。

不安症に悩まされていた女性:

これまで常に不安感があり、病院から処方された薬を服用していましたが、CBDを使用してみたところ、すぐに身体が温かくなるような感覚になりとてもリラックスし安心した心地を感じました。また就寝前に摂取することで、翌日はいつもよりも寝覚めがよく疲れも取れます。

リラックス感を感じるようになった男性:

これまで就寝前には必ず寝酒をしたり、タバコを吸ったりしてリラックスをした状態でないとぐっすりと睡眠をとることができませんでしたが、CBDリキッドを使用してみたところリラックスできるようになり安眠できるようになりました。今では寝る前に寝酒をしたりタバコを吸ったりする頻度が減り、ぐっすり眠れるようにもなり、お酒やタバコの量も減ってきています。

このように、CBDリキッドを使用することで不眠症の改善やリラックス効果など、心身の健康が良くなったという声が多数上がってきています。

CBDリキッドの使い方は?使用時の注意点やコツを解説

CBDの効果の現れ方は人によって異なるため、ご自身の最適な摂取量を見極めることが大切です。

初めてCBDを使用する時の鉄則!高濃度のものを選ぶ

初めてCBDオイルを初めて摂取する場合は、高濃度のCBDを多めに摂取し効果の現れ方によって摂取量を調整していくようにしましょう。

注意点として、CBDの摂取間隔をあけずに摂取してしまうと、以前に摂取したCBDの効果が残っている可能性がありますのでCBDを摂取する間隔は、数時間置くようにしましょう。

それでも効果が感じられなければ

中には上述した方法でもCBDの効果を感じることができない方もいるかもしれません。そこで、その場合の対策を以下にて詳しく紹介していきます。

CBDの種類

CBD製品は製法によってさまざまな種類が存在し、その種類を決める要素の一つが、麻から抽出された成分がCBD単体であるかです。

その中でCBDアイソレートと呼ばれる種類は、CBD単体を抽出・配合したものになります。またCBDアイソレートには違法であるTHCが含まれていないので、CBDアイソレート(CBD単体)の製品を選ぶのが良いでしょう。

CBDの効果を効果を感じられないという方は、CBDの種類はアイソレートのままで、これから紹介する「CBDの濃度を高めてみる」方法や「摂取量を多くしてみる」方法を用いてみるとよいでしょう。

よりCBD量 (CBD濃度) の多い製品に代える

CBDリキッドのCBD濃度は1%の低濃度のものから10%やそれ以上の高濃度のものがあります。そのため現在のCBDリキッドの濃度が心もとないと感じるのであれば、今使用しているものより濃度の高いもの使用するようにしましょう。

別のブランドに代える

CBDリキッドを製造しているメーカーは数多くあります。そしてそのメーカーごとに製造方法や材料などが異なります。そのためCBDリキッドで満足な効果を得られない場合は、そのメーカーの商品に原因がある場合もあります。

そのため継続して使用していても満足した効果が現れない場合は、他社製品のCBDリキッドを使用してみるというのも一つの手段になります。

VAPE本体の設定や吸い方にも気をつける

VAPEとは熱を発生させリキッドを気化させて吸引するデバイスになります。そしてVAPEで熱の伝わり方を示す指標をコイル値といいます。そのコイル値は電熱線の抵抗を示す値であり、コイル値が低ければ早く電流が流れ、コイル値が高いほど電流はゆっくり流れます。

このコイル値を設定することで、CBDリキッドの風味をより楽しく味わえるようになり、CBDの効果も現れやすくなります。そしてCBDリキッドを最適な状態で摂取できるコイル値は1Ω前後だと言われています。

更にVAPEでは温度設定も可能で、低温度の設定だとCBD成分が十分に気化せず、高温度だと逆にCBD成分が燃焼しCBDの効果がでなくなりますので温度設定にも気を付けるようにしましょう。

またVAPEの吸い方にはコツがあり、口から煙を大量に吐うのではなく、気化したスチームを吸い込む意識を持ちつつ、呼吸に合わせてゆっくりと、肺に溜めるつもりで吸うとCBDの成分が身体に吸収されやすくなります。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]