インナービューティーヨガとは?メリットや効果的なポーズを紹介!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

体の中から綺麗になるために効果的なのが、インナービューティーヨガ!

瞑想やポーズを行うことで、心身のバランスを整え様々な不調の緩和に役立ちます。特に、インナービューティーヨガは、骨盤周辺の筋肉を刺激することで、血行促進やホルモンバランスの乱れを解消してくれると評判です。

今回は、そんなインナービューティーヨガについてご紹介していきます。

女性にとってはホルモンバランスはとても重要で、心身の不調はホルモンの乱れから来ると言っても過言ではありません。ぜひ参考にして、心と体を整えていきましょう!

インナービューティーヨガとは?

インナービューティーヨガとは、骨盤周りの筋肉を鍛えたり、ほぐしたりすることで、子宮への血行を良くするヨガのことを言います。もちろん通常のヨガでも、骨盤周りの筋肉をほぐすポーズは行いますが、インナービューティーヨガはいつもよりも子宮にフォーカスするため、よりホルモンバランスの改善に効果的です。

なぜ、そこまで子宮への血流を良くし、ホルモンバランスを整えたいのか?というのは、女性にとってホルモンバランスの乱れが心身にとても大きな影響をもたらすからです。

例えば、女性ホルモンのバランスが乱れると以下のような症状が起こります。

・頭痛
・動悸
・便秘
・不安感
・イライラ
・不眠症
・顔がのぼせたように熱くなる
・肌荒れ
・PMS(月経前症候群)
・生理不順
・不正出血
・不妊症

上記は、ホルモンバランスの乱れを放置した結果、自律神経が乱れて起こる症状で、原因は加齢やストレス、疲れ、不規則な生活などが挙げられます。自律神経の症状は、自分でコントロールすることが難しいので、ホルモンバンランスが乱れる前に予防するか、こまめにホルモンバランスを整えることが重要になります。

そこでおすすめなのが「インナービューティーヨガ」です。

インナービューティーヨガのメリットは?

インナービューティーヨガを行うことは、「インナービューティー」の意味である、体の中から綺麗になるを実現することに役立ちます。以下で、具体的なメリットをあげていきましょう。

ホルモンバランスが整う

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あり、体内に分泌されると女性らしいしなやかな体を作り、心の状態を整えてくれます。

ホルモンバランスが乱れるということは、上記2つのホルモンが正常に分泌されなくなるということです。また、女性は加齢によってホルモン分泌量が減ってしまうので、よりホルモンバランスが乱れやすくなります。

インナービューティーヨガを続けると、呼吸が整い、体の歪みが改善されリラックスできるので、ホルモンの分泌を促す脳の視床下部が正常に働きバランスを整えてくれます。

自律神経が整う

自律神経とは、自分の意志とは関係なく自動的に働く神経のことで、呼吸や循環、消化など生命維持活動に必要な機能の調節を行なっています。体を活発に動かす「交感神経」と、体を休ませる「副交感神経」の2種類があるのですが、自律神経が乱れるとこの2つのバランスが崩れ始めます。

これによって起こるのが、先にご紹介した頭痛などの諸症状です。

自律神経の乱れは、ストレスや疲れ、不眠などの不規則な生活から起こる場合が多いので、インナービューティーヨガでリラックスし、副交感神経を優位に立たせることが自律神経の乱れを改善するのに役立ちます。

以上、2つのメリットをご紹介していきました。どちらのメリットも、心と体をストレスのない状態に保つのには必要不可欠なものです。インナービューティーヨガは、きっとあなたの心と体をより健康で美しい状態にしてくれるでしょう。

筆者も普段からヨガで体を動かしていますが、呼吸と共に体の筋肉を柔軟にすることで、ストレス解消や体の疲れを取るのにとても役立っています。特に女性の場合は、子宮周りの血流を良くすることで体に様々な良い影響を与えることができるので、ぜひ「インナービューティーヨガ」を取り入れていきましょう。

以下で、自宅で手軽にできるポーズをご紹介していきます。ぜひ、寝る前やリラックスいたい時に試してみてください。

インナービューティーヨガの効果的なポーズ

自宅で手軽に行える、インナービューティーヨガのポーズをご紹介していきます。

①橋のポーズ

橋のポーズは、大臀筋と内転筋を締めて骨盤底筋を鍛えてくれるポーズです。お尻をあげるだけなので、ベッドの上でもテレビを見ながらでも手軽に行えます。

〈手順〉

①仰向けになり両膝を立てる
②膝と膝の間は拳一つ分あける
③両手は体の横に手のひらを下に向けて置く
④踵の上に膝がある状態をキープしながらお尻を持ち上げる
⑤呼吸を止めずに3〜5呼吸程度ポーズをキープする
⑥ポーズを解くときは背骨から徐々に床に下ろす

②バッタのポーズ

バッタのポーズは、背筋や大臀筋、太もも裏の筋肉を鍛えるポーズです。間接的に骨盤周りの筋力アップに繋がります。

〈手順〉

①うつ伏せになり両手を体の脇に置く
②背筋を使い両足を持ち上げる
③呼吸を止めずに3〜5呼吸程度キープする
④ゆっくりと状態を戻す

③合せきのポーズ

合せきのポーズは、骨盤周辺の筋肉を緩めるポーズです。歪みの解消や血流促進に効果があります。

〈手順〉

①床に座り、膝を曲げて両足裏を合わせる
②足の指を手で覆うようにしながら体に引き寄せる
③足を押さえたまま背筋を伸ばし、股関節を緩めるように意識する
④呼吸を止めずに3〜5呼吸程度キープする
⑤ゆっくりと状態を戻す

以上、インナービューティーヨガのポーズを3つご紹介していきました。どれも自宅にいながら1人でも手軽にできるポーズです。テレビを見ながら行う、寝る前にベッドの上でリラックスしながら行うなど場所もタイミングも選ばずにできておすすめですよ。

インナービューティーヨガでホルモンバランスを整えよう!

それでは今回は、インナービューティーヨガのメリットや効果的なポーズをご紹介していきました。骨盤周辺の筋肉を緩めたり鍛えたりすることで、血流を良くしていくインナービューティーヨガは、まさに女性にとって毎日習慣にしたいくらい適しています。

激しく体を動かすヨガではないので、運動の苦手な方でも簡単にできますし、疲れが溜まって運動する気力や体力がない、という方でも、行うことで体が軽くなり疲れも吹き飛びます!

ヨガは、疲れている体や落ち込んでいる心を前向きにしてくれる効果があるので、ぜひ気軽にインナービューティーヨガを試してみてくださいね。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]