NGドレッシング使ってない?サラダには3つの健康オイルがおすすめ!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。兵庫県・東加古川のorganic cafe & market「ETHOS(エトス)」です。

健康と美容のために、毎日サラダを食べている方は多いのではないでしょうか?そして、そのサラダに欠かせないのがドレッシングですよね。しかし、健康のためにサラダを食べているのに、それにかけているドレッシングが健康に良くないものだとしたら驚きませんか!?

例えば、市販のドレッシングは添加物がいっぱい。良かれと思ってノンオイルにすると塩分や糖分が多く、ビタミンの吸収率も下げてしまう!など。

今回は、私たちが知らずに使っているNGドレッシングをご紹介していきます。また、サラダと相性の良いおすすめオイルとレシピも載せていますので、ぜひ参考にして自宅で作ってみましょう。

知らずに使っているかも?NGドレッシング!

私たちの身近にあるドレッシングの中で、健康に良くないと思われるドレッシングをご紹介していきます。

市販のドレッシング

サラダにかけるドレッシングは市販のものを使っている方も多いでしょう。仕事や家事、育児で忙しい方にとっては、簡単で美味しい市販のドレッシングはとても助かるアイテムです。

しかし、市販ドレッシングには2つの危険があります。

・添加物が多い
・サラダ油が使われている

この2点です。以下で詳しく説明していきます。

◆添加物が多い

市販のドレッシングには添加物が多く入っています。香辛料や増粘剤、甘味料、着色料、発色剤など…。あまりの多さに、つい添加物のオンパレードと言いたくなるほどです。

日本の食品に使われている添加物は、国が認めている安心安全と言われるものですが、毎日多量に摂取することは想定されていません。何十年も毎日添加物を摂り続けると、体にどのような影響があるかは誰も予想できないのです。

添加物の取り過ぎは味覚を狂わせるとも言われています。野菜本来の美味しさが、味の濃いドレッシングで分からなくなるのはとても残念なことです。

◆サラダ油が使われている

市販ドレッシングの多くにはサラダ油が使用されています。私たちが日常よく使う油ですが、このサラダ油に多く含まれている「リノール酸」には、取りすぎると善玉コレステロールを減らし、免疫細胞が働かなくなるリスクがあります。

その結果、ウイルスに対して抵抗する力も弱まり、アレルギー疾患を引き起こす可能性が高くなるのです。市販のドレッシングは手軽で安く、とても便利な調味料ですが、健康を害する可能性があることは知っておくと良いでしょう。

ノンオイルドレッシング

油を使っていない、低カロリーなノンオイルドレッシングは、メリットもありますがデメリットもあります。それは、ビタミンの吸収率を下げてしまうことと、塩分や糖分が多く含まれている点です。以下で詳しくご説明していきましょう。

◆ビタミンの吸収率を下げる

野菜には様々なビタミンが含まれており、その中でも「β-カロテン」や「ビタミンE」は脂溶性と言われ、油に溶ける性質を持っています。せっかくこれらのビタミンを摂取しても、ノンオイルドレッシングだと油がないので、吸収率が悪くなってしまうのです。

他の食品で油を摂取すれば、多少は吸収率も上がるのですが、それでも油を含むドレッシングをかけた場合と比べると吸収率は下がります。サラダからビタミンを摂取するのであれば、ドレッシングに油は入っていいた方が良いでしょう。

◆塩分や糖分が多く含まれている

ノンオイルドレッシングは油を使わない分、コクとまろやかさが足りなくなります。それを補うためにも、塩分や糖分を多くする傾向があるのです。ヘルシーだと思い選んでいるのに、塩分で高血圧に、糖分で肥満になったら元も子もありませんよね。

どうしてもノンオイルドレッシングを使用したい場合は、裏面の成分表で塩分や糖分の量を確認してから使うと良いでしょう。

サラダに合うおすすめオイル3つ!【レシピ付き】

ドレッシングによく使われる「サラダ油」はあまり取り過ぎない方が良いとお伝えしましたが、その反対に積極的に取り入れたいおすすめのオイルを3つご紹介します。

①アマニ油

最近注目されている「アマニ油」は、必須脂肪酸であるα-リノレン酸を豊富に含むオイルです。コレステロール値の上昇を抑えたり、動脈硬化の予防、血流の改善、免疫力向上などの効果があると言われています。また「リグナン」と言うフィトエストロゲンを含んでいて、美肌になりたい!PMSの症状を緩和したい!と言う方にもおすすめです。

ETHOSで取り扱っているアマニ油はこちら

〈アマニ油を使った簡単ドレッシングレシピ〉

材料

・アマニ油(大さじ3)
・酢(大さじ3)
・レモン汁(大さじ1)
・塩(小さじ1/2)
・コショウ(少々)

使う分だけ、小さめの器に入れて強く混ぜましょう。白っぽく乳化したら出来上がりです。

②えごま油

えごま油にもα-リノレン酸が豊富に含まれています。えごま油に多く含まれる「ルテオリン」には、アレルギー症状を緩和する働きがあり、α-リノレン酸との相乗効果が期待できます。花粉症や鼻炎、喘息、蕁麻疹などでお悩みの方にもおすすめです。

ETHOSで取り扱っているえごま油はこちら

〈えごま油を使った簡単ドレッシングレシピ〉

材料

・えごま油(大さじ3)
・酢(大さじ3)
・塩(小さじ1/2)
・すりおろしニンニク(小さじ1)
・黒胡椒(少々)

使う分だけ、小さな器に入れて強く混ぜれば出来上がりです。

※えごま油もアマニ油も熱に弱いので、余ったら冷蔵庫で保存し、なるべく早く使い切りましょう。
※α-リノレン酸は熱に弱いので、必ず非加熱で使ってください。

③オリーブオイル

オリーブオイルには、オレイン酸が豊富に含まれています。悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化や生活習慣病の予防、便秘の改善に効果的です。

また「オレウロペイン」という、抗酸化力が高いポリフェノールが体内の酸化を防いでくれますし、ビタミンAとビタミンEが肌に艶を与えてくれます。まさにアンチエイジングにもってこいのオイルです。

ETHOSで取り扱っているオリーブオイルはこちら

〈オリーブオイルを使った簡単ドレッシングレシピ〉

材料

・オリーブオイル(大さじ2)
・酢(大さじ1と1/2)
・醤油(大さじ2)
・わさびor練り柚子胡椒(お好みで)

使う分だけ、小さな器で混ぜれば出来上がりです。

健康に良いオイルを使ってサラダを食べよう!

今回は、NGドレッシングとおすすめオイル3つをご紹介してきました。

健康のために野菜は毎日食べたいところですが、上にかけるドレッシングが健康を害してはもったいないですよね。今回ご紹介したオイルがあれば、簡単にドレッシングが手作りできます。あとは、自分好みにアレンジを楽しむだけ!ぜひ、家族が安心して食べられる健康ドレッシングをつくってみてください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]