花粉症に効果的な野菜&果物は?腸内フローラを整えて辛い症状を和らげよう!

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

日本人に多いアレルギーの一つ「花粉症」。「またこの時期がやってきてしまった」と憂鬱な気持ちになる方も多いですよね。くしゃみや鼻水、目の痒みといった症状はとても辛いものです。何とかして花粉症の症状を和らげたい!そんな方の為に、今回は食べ物で花粉症を対策する方法をご紹介していきます。

花粉症対策としては、水溶性食物繊維が豊富な食材で腸内フローラを整えることが効果的であると期待されています。今回は、野菜や果物の中から効果的な食材を厳選しました。

ぜひ最後までお読みいただき、アレルギーになりにくい健康な体づくりに役立てていただければ幸いです。

花粉症対策には腸内フローラを整えることがポイント!

花粉症とは、植物の花粉を吸い込むことで「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」「目の痒み」などが起こるアレルギー疾患のことです。代表的なスギやヒノキの他にも、イネ科の植物やブタクサ、ヨモギなど様々な植物の花粉で発症します。そのため、季節を問わず花粉症に悩まされる方も多いでしょう。

人間の体には、ウイルスや細菌などの異物を排除する免疫機能が働いていますが、その機能が無害な花粉に対して過剰反応を起こしてしまうことでアレルギー反応は起こります。

この免疫機能を正常に維持し、様々なウイルスから体を守る役割を担っているのが腸内細菌です。腸内にある500〜1000種類以上、約100兆個もの腸内細菌は、まるで様々な種類の花が咲く花畑のようであることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

近年、この腸内フローラのバランスを崩し、免疫機能の異常で花粉症のようなアレルギー疾患を発症する方が増えています。

花粉症に効果的な野菜&果物は?

腸内フローラを整えて、花粉症の軽減、予防、改善に効果が期待される野菜や果物には「水溶性食物繊維」が豊富に含まれています。下記で含有量の多い順にご紹介していきましょう。毎日の献立の参考にしてみてください。

①【野菜】切り干し大根

切り干し大根100gには、水溶性食物繊維が3.6g含まれています。これは、生の大根と比べて4倍以上高い数値です。

〈生の大根・水溶性食物繊維含有量〉

(葉)0.8g/100g中
(根)0.5g/100g中

切り干し大根には、食物繊維の他にも「カリウム」「カルシウム」「葉酸」が多く含まれています。とても栄養価の高い食材なので、腸内フローラを整えるだけでなく、健康の為に積極的に摂取したい野菜です。

②【果物】干しプルーン

プルーン100gには、水溶性食物繊維が3.4g含まれています。スモモを乾燥させたプルーンは、水分が蒸発することで栄養価がアップし、「カリウム」「ミネラル」「β-カロテン」も豊富で、美容と健康を意識したおやつにピッタリ!

ヨーグルトに入れて食べると更に腸内フローラを整えるのに役立ちます。

③【果物】干しいちじく

干しいちじく100gには、水溶性食物繊維が3.3g含まれています。いちじくは昔から『不老長寿の果物』と言われていますが、生のいちじくよりも干したものは2倍近く栄養価が高くなります。

食物繊維の他にも「鉄分」「カリウム」「カルシウム」「ポリフェノール」「β-カロテン」「ビタミン」も豊富なので、美容や健康のためにもおすすめです。

④【野菜】ごぼう

ごぼう100gには、水溶性食物繊維が2.3g含まれています。ごぼうと言えば食物繊維のイメージが強いですが、他にも「カリウム」「マグネシウム」「葉酸」「ビタミンC」なども豊富で、とても栄養価が高い野菜です。

水溶性・不溶性どちらの食物繊維も多いので、腸内フローラを整えるだけでなく、便秘の解消などデトックスにも効果的です!

⑤【野菜】モロヘイヤ

モロヘイヤ100gには、水溶性食物繊維が1.3g含まれています。茹でると独特なぬめりが特徴のモロヘイヤは、食物繊維の他にも「β-カロテン」「カルシウム」「ビタミンK」「葉酸」なども豊富で、夏バテ防止食材としてもおすすです。

⑥【果物】アボガド

アボガド100gには、水溶性食物繊維が1.7g含まれています。マイルドな味で、サラダとの相性も抜群!食物繊維の他にも「ビタミン類」「ミネラル類」「鉄」「カリウム」も豊富です。

また、アボガドに含まれる「オレイン酸」には、善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールを減らす働きや、生活習慣病を予防する効果が期待できます。腸内フローラを整える他にも、ダイエット食材としてもおすすめです。

⑦【野菜】ほうれん草

ほうれん草100gには、水溶性食物繊維が0.7g含まれています。葉も柔らかく甘味もあるため、子供から大人まで食べやすい野菜として人気ですよね。栄養価も高く「ビタミン類」「ミネラル」「鉄」「β-カロテン」などを豊富に含んでいます。

特に鉄は、他の野菜と比べても多く、鉄不足になりやすい女性には積極的に摂取してほしい野菜です。食べる時は、鉄を吸収してくれるビタミンCまたは良質なタンパク質と一緒に摂りましょう。以上、腸内フローラを整える効果が期待される、野菜と果物を7種類ご紹介していきました。食べやすいものを積極的に取り入れていきましょう。

参考:食品に含まれる食物繊維量一覧

腸内フローラを整えるにはサプリメントも効果的!

腸内フローラを整える野菜や果物は、花粉症対策として毎日摂取したいところですが、忙しい場合や好き嫌いもあり、毎日摂取するのは難しいこともあるでしょう。そこでおすすめなのが、サプリメントの活用です。

腸内フローラを整える効果がある酵素サプリメントを毎日飲むことで、効率的に無理なく必要な栄養素を摂取できます。サラダ専門店ETHOSでは、完全無添加・有機JAS認証のオーガニック酵素サプリblossom(ブロッサム)をおすすめしています。

花粉症対策はしたいけど、毎日野菜や果物を摂るのは面倒…。でも、腸内フローラを整えて免疫力は高めたい!という方はぜひ、オーガニック酵素サプリblossom(ブロッサム)を一度お試しください。

腸内フローラを整えて花粉症を和らげよう!

今回は、花粉症に効果的な野菜や果物をご紹介していきました。毎年、花粉の季節は辛くてたまらない!という方も多いはず。花粉症対策のためにも、腸内フローラを整える「水溶性食物繊維」が豊富な野菜や果物を積極的に摂っていきましょう。

また、効率的に摂取するためにも、オーガニック酵素サプリblossom(ブロッサム)の活用もおすすめです。ご自身に合った方法で、健康な体を作っていきましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]