オーガニック野菜のメリット・デメリット!有機野菜の基準も解説

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

ETHOSは2022年2月から、東加古川初のサラダ専門店としてリニューアルオープンいたしました。サラダ専門店ということで、皆様にご提供する野菜にもこだわり、全てオーガニック野菜を使用しております。

健康志向の高い方であれば、野菜はオーガニックにこだわっている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、オーガニック野菜にはどんなメリットがあるのか?について、デメリットと合わせてご紹介していきます。

最後までお読みいただければ、ETHOSがオーガニック野菜にこだわる理由がきっと分かるはずです!それでは早速ご紹介していきましょう。

オーガニック野菜のメリット・デメリット!

オーガニック野菜のメリット・デメリットを以下でご紹介していきます。

オーガニック野菜のメリット

①安全性が高い

オーガニック野菜の一番のメリットは、なんといっても「安全性が高い」ということです。現在、日本で使用されている農薬や化学肥料は、国が安全性を認めたものですが、いつ体に悪影響を及ぼすからと禁止されてもおかしくないものです。

まして、日本は世界でもトップレベルの農薬大国。

虫が寄り付かないくらい強い農薬を、何十年も摂り続けることを不安視するのは当然だと思います。その点、化学物質による農薬や肥料を使用しないオーガニック野菜は、健康にはなっても不健康になることはありません。安全性が高いという点は、オーガニック野菜の最大のメリットでしょう。

②栄養価が高い

オーガニック野菜は、栄養価が高いのもメリットの一つです。有機農家さんは、土台である土を有機肥料などを使って栄養たっぷりに耕します。栄養価の高い土壌で旬野菜をメインに作り、新鮮なうちに販売するので、オーガニック野菜の栄養価はとても高くなります。

安全な上に、栄養価が高いオーガニック野菜はとても魅力的ですよね。

③美味しい

オーガニック野菜は、野菜本来の美味しさが味わえるというメリットがあります。そのため、野菜嫌いの子供でもオーガニック野菜なら食べられるということも多いです。

美味しくなる理由としては、野菜の成長スピードを変えることなく、自らの力で強く育っていくことと、野菜にストレスがかからない為だと考えられます。人工的な力で無理やり野菜を成長させようとすると、外見は綺麗で大きくても、旨味や栄養素が乏しい野菜ができることがあります。

また、野菜本来の美味しさや風味を味わいうことは、人生をより豊かにしてくれるでしょう。

④地球に優しい

オーガニック野菜は、地球に優しいということもメリットの一つです。農薬は害虫を駆除してくれる便利な物質ですが、それと同時に、地球に住むあらゆる生物の生態系を壊してしまう可能性もあります。

農薬により川が汚染されることで、魚や動物、鳥が絶滅の危機にさらされてしまうのです。地球や他の動植物がいなくなっては、人間が生きていくことはできません。

オーガニック野菜を選んで食べることは、有機農家さんを応援することに繋がり、オーガニック野菜を広めることにも繋がります。そして、そのことが地球を助けることにもなるのです。

オーガニック野菜のデメリット

メリットの多いオーガニック野菜ですが、もちろんデメリットもあります。以下でご紹介していきましょう。

①値段が高い

オーガニック野菜は、スーパーに売っている野菜よりも値段が高くなります。安い値段で買いたい方にとってはデメリットになるでしょう。オーガニック野菜の値段が高い理由は、栽培するのに手間とコストがかかり、そのため生産者が少なく流通量も限られているためです。

毎日使う野菜の値段が高いことはデメリットですが、その分、子供やアレルギーの方でも安心して野菜を食べることができます。急に全部の野菜をオーガニック野菜に変更するのは負担が大きいので、少しづつ取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

②買える場所が限られている

オーガニック野菜は流通量が少ないため、近くのスーパーでは販売されていないことが多いです。気軽に野菜を購入したい方にとってはデメリットになるでしょう。

オーガニック野菜は、ネット販売で自宅に取り寄せたり、道の駅で販売されることが多くあります。近くに道の駅があれば、生産者の顔写真と名前を確認しながらオーガニック野菜を買うことができるかもしれません。

買える場所が限られているのはデメリットではありますが、その分「生産者の顔が見える」「ムダ買いすることが少ない」という良い面もあります。大量消費の生活から、本当に大切なものだけを買って使う、丁寧な暮らしを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

③形がいびつ

オーガニック野菜は、農薬など化学肥料を使わない分、形がいびつになることがあります。しかし見た目はいびつでも、味の美味しさと安全性を考えれば、見た目はそこまで重要ではないはずです。

また、少々いびつな野菜の方が、色々な形があって面白いと思います。子供がいる家庭では、野菜の形で子供と楽しむこともできるでしょう。見た目で判断せず、美味しくて安全な野菜を選ぶことが健康にも繋がります。

④虫がついていることがある

オーガニック野菜のデメリットといえば、虫がついていることもその一つです。虫嫌いの方にとっては、耐え難いデメリットですよね。筆者も虫は好きではありませんが、丁寧に水で洗い流し、溜めた水で更に洗えば大抵の虫は取り除くことができます。

また、虫が好むのは美味しい野菜だからです。そう考えると農薬で虫が寄り付かないのは、虫も危険を察知して「食べたくない、美味しくない」と虫が知らせているのかもしれません。

ぜひ、丁寧に虫を洗い流し、美味しい野菜を食べてくださいね。以上、オーガニック野菜のメリット・デメリットをご紹介してきました。

人間にも長所や短所があるように、野菜にもメリットやデメリットがあります。しかし、デメリットも見方を変えればメリットになることもあるはずです。ぜひ、デメリットばかりに注目せず、メリットを理解しながら野菜を選びましょう。

【オーガニック野菜=有機野菜】基準とは?

オーガニック野菜と有機野菜は同じことを意味します。そこで今回は、有機野菜の基準をご紹介していきましょう。

・化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける

・遺伝子組換え技術を利用しない

・播種(はしゅ)または植付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産されたもの。

上記の基準をクリアすれば、有機JAS制度で「有機農産物」と認めらます。

そして注目したいのは、オーガニックや有機と書かれた野菜でも「無農薬」ではないということです。天然由良の成分で作られた農薬であれば、使用しても人体に悪影響を及ぼすことはありません。

なんとなく「無農薬がいい」と考えるのではなく、正しい知識を持った上で、積極的にオーガニック野菜(有機野菜) を選んでいけると、より健康的な食生活を送るこができるのではないでしょうか。

オーガニック野菜で健康的な食生活を始めよう!

今回は、オーガニック野菜のメリット・デメリットをご紹介していきました。

人生100年時代、ずっと付き合っていく自分の体や大切な家族の健康のためにも、積極的にオーガニック野菜を取り入れていきましょう。ETHOSも皆様の健康をサラダ専門店として応援していきます!ぜひ一度ご来店ください。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]