冬におすすめな体を温める旬野菜5選!美味しい食べ方やレシピも紹介

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

今回は冬におすすめの体を温める旬野菜とレシピをご紹介していきます。生野菜を使ったサラダも美味しいですが、冬は体が温まる野菜料理が食べたいと思う方は多いのではないでしょうか?

例えば、ポトフやミネストローネ、豚汁など♪野菜をたくさん煮込んで旨味も栄養も満点!冷えた体を温めてくれます。今回は、冬の野菜料理に使ってほしい旬の野菜5つと、おすすめレシピをご紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

冬におすすめ!体を温める旬野菜5選!

最近ではハウス栽培の活用や品種改良で、1年中売られている野菜も少なくありません。

しかし本来、野菜には旬というものがあり、昔から人はその季節に取れた野菜を毎日食べ、余れば知恵を使って保存してきました。旬野菜は、栄養価が高く美味しいのが特徴です。その季節に取れた野菜を美味しく食べることは、健康的な食生活に繋がります。

冬が旬の体が温まる野菜はこの5つです。

・にんじん
・かぶ
・長ネギ
・ごぼう
・生姜(しょうが)

順番にご紹介していきましょう。

①にんじん

1年中購入することができるにんじんの旬は、実は10月〜12月頃です。

寒い時期に収穫されるにんじんは、寒さで凍らないように糖を蓄えるので、甘さや柔らかさが増すと言われています。また、にんじんには体を温めたり、冷えや血行不良解消、滋養効果、免疫力アップの効果があり、まさに体が冷えて風邪を引きやすい冬にピッタリの野菜です。

にんじんは野菜の中でも比較的お手頃価格で購入できるので、毎日の料理にたくさん使えるのも嬉しいですよね。

②かぶ

かぶの旬は春と秋の2回です。

・春もの(3月〜5月)・・・肉質が柔らかい
・秋もの(10月〜1月頃)・・・甘味が増して美味しい

そしてかぶは、体を温めて腹痛や胃の調子を整える作用があります。咳を抑える効果もあるので、薬ではなく食べ物で咳を抑えたい時にもおすすめの野菜です。例えば、妊婦さんなどは咳がひどくても咳止めを飲みたくない方もいると思います。

そんな時は、かぶのすりおろし汁にお湯と氷砂糖を入れて飲むと咳止め効果が期待できますよ。体も温めて、風邪の引き初めの咳止めにもなるかぶは、冬にぜひ食してほしい野菜の一つです。

③長ネギ

長ネギの旬は11月〜2月の間です。

長ネギも体を温めて血行を良くしてくれる野菜の一つで、辛味成分アリシンには、殺菌効果や血行を良くする効果、消化吸収の促進効果があると言われています。

風邪を引いたら喉にネギを巻く…、なんて話を聞いたことがある方もいるのでは?今はそこまでする方はいないと思いますが、それほどネギは風邪によく効いたということでしょう。

ネギを食べると体がぽかぽかと温まり、疲れの元となる乳酸を分解してくれるので風邪予防や改善に効果的というわけです。また体を温めるアリシンは、焼くことで抗酸化力がアップすると言われています。ぜひ、疲れて風邪を引きそうな時はフライパンでネギ焼きを作ってみてください。

ネギは焼くと甘さが増して美味しいですよ。

④ごぼう

ごぼうは品種によって旬が異なります。私たちがよく目にする「滝野川ごぼう」という品種は、11月〜2月の冬が旬です。

滝野川ごぼうは1m程度の長さですが、他にも30cmほどの「新ごぼう」や葉まで食べられる「葉ごぼう」などがあり、それぞれ旬が異なります。

・新ごぼう・・・4月〜6月頃
・葉ごぼう(若ごぼう)・・・1月〜4月頃

ごぼうも体を温めてくれる野菜の一つです。しかし、ごぼうは生で食べると逆に体を冷やすとも言われているの、食べるときは火を通して食べましょう。

⑤生姜(しょうが)

最後に紹介する体を温める野菜は、冬に食べたいNo. 1野菜「生姜」です。冬に体を温めたい時は生姜を食べれば抜群に体がぽかぽかと温まります!生姜に含まれる「ショウガオール」という成分が、体を芯から温めて血流を良くしてくれるのです。

ショウガオールの元は「ジンゲロール」という成分なのですが、熱を加えることで「ショウガオール」に変わります。生のままだと体の表面しか温まらないので、ぜひ冬に生姜料理を食べる時は熱を加える料理で召し上がってください。

ちなみに生姜の旬は、6月〜8月(新生姜)と9月〜10月頃(根生姜)です。生姜も他の野菜と同様に、年中販売してるので真冬が旬んではありませんが、ぜひ冬に食して体を温めてくださいね。

冬に野菜を美味しく食べるレシピを2つご紹介

今回ご紹介した野菜を使った体が温まる簡単レシピを挙げていきます。体を温めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミネストローネ

冬におすすめの体を温める料理は「ミネストローネ」です。野菜をコトコト煮込み、具沢山で美味しい!あっという間にたいらげちゃう具だくさんスープです。

〈材料〉

・にんじん:1/2個
・キャベツ:2枚程度
・玉ねぎ:1/2個
・かぶ:中1個
・にんにくのみじん切り:大1
・トマトホール缶:1缶(200g)
・水:4•1/2カップ
・固形コンソメ:3個
・オリーブオイル:大1
・塩・コショウ:少々

〈作り方〉

①にんじん、キャベツ、玉ねぎ、かぶを1cm角に切る
②鍋ににんにく、オリーブオイルを入れて、香が出たら①を加えて炒める。野菜がしんなりしたらホールトマトを入れ、水・コンソメを投入し煮立てる。
③中火で10分以上程度煮込み、塩こしょうで味を調えて完成!

豚汁

次にご紹介する体が温まるレシピは「豚汁」です。お肉も野菜も入ってボリューム満点!お腹も満たされる上に唐辛子をかければさらに体がポカポカになる、おすすめのメニューです。

〈材料〉

・豚バラ:100g
・ごぼう:1本
・大根:50g
・にんじん:50g
・長ネギ:1/2
・板こんにゃく:1つ
・ごま油:小1
・水:500ml
・顆粒和風だし:小1
・味噌:大3

〈作り方〉

①ごぼう、大根、人参の皮を剥く
②ごぼうはささがきにして水に10分程度さらしておく
③大根は薄いちょう切り、人参は薄い半月切り。
④長ネギは斜めの薄切り
⑤こんにゃくは薄切り
⑥豚バラは一口大にする
⑦鍋にごま油を引き、豚バラを炒める
⑧肉の色が変わったら全部の食材を入れて炒める
⑨水と出汁を加えて煮立たせる
⑩アクをとりながら、野菜が柔らかくなってきたら味噌を入れて再度にこんで完成!

野菜をたくさん食べて体を温めよう!

今回は、冬におすすめな体を温める野菜を5つご紹介してきました。寒い冬は、体を温める旬野菜で美味しい食事を楽しんでくださいね。

栄養も満点で、健康的な食生活につながりますよ。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]