オートファジー中に生野菜は食べて良い?16時間ダイエットのポイント

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

「オートファジー中に生野菜は食べて良い?」
「そもそも16時間ダイエット中に食べて良いものなの?」

今回は、オートファジー中に生野菜を食べても良いのか、そもそも16時間ダイエット中に食べても良いのかについて詳しく解説していきます。また、オートファジーの効果を上げるためのライフスタイルについてもご紹介します。

オートファジーでダイエットを成功させたい・体の不調を改善したいという方は、ぜひ参考にご覧ください。

オートファジーとは?わかりやすく解説

オートファジーとは、何も食べない時間を作ることで、もともと体の中にある古いタンパク質などが分解され、新しいタンパク質を作りだすという仕組みです。簡単に言えば、体の中で細胞のリサイクルが起こる仕組みです。

私たちは食べたものから栄養を吸収し、その栄養で生命を維持しています。ところが、何らかの原因で栄養が入ってこない状態になると、体の中にある細胞でどうにかまかなおうというシステムが作動するのです。普段意識することはありませんが、体はとても賢く作られているんですね。

オートファジーを発動させるためには、空腹の状態を一定期間つくらなければなりません。そこで注目を浴びているのが「16時間ダイエット」です。1日のうち16時間の空腹状態を作ると、オートファジーが日常的に行われ、さまざまな良いことが起こるとされています。

また、オートファジーが行われると細胞内にあるミトコンドリアも新しく作り変えられます。ミトコンドリアは細胞のエネルギーをつかさどる役割を持っていて、元気なミトコンドリアが多ければ多いほど、細胞が元気に活動し、結果として私たちの生命活動につながるというわけです。

オートファジーの嬉しい効果

オートファジーの嬉しい効果には、ダイエットや免疫力アップ、老化の予防、血管障害の改善などがあげられます。

  • ダイエット(肥満の解消)
  • 免疫力アップ
  • 老化の予防
  • 血管障害の改善

「何となく体がダルいな……」「風邪を引きやすくなったな……」という症状も、オートファジーによって改善される可能性があるということですね。

オートファジーのために実施する16時間ダイエットは、1日のうちの空腹状態を連続して16時間続けなければなりませんので、生活リズムの見直しも必要になってきます。そういった観点から、生活全体を通して健康を目指すという良い取り組みであることがわかります。

オートファジー中に生野菜は食べて良い?16時間ダイエットのポイント

オートファジー生活をスタートさせるにあたって、一番の挫折ポイントが「空腹との戦い」です。空腹状態になれるまでは本当にキツい期間だと思います。しかし、空腹状態が日常的なものになれば、次第と体が慣れていきますので、まずは最初の期間を乗り越えていきましょう。

いきなり何も食べない16時間を過ごすのは、精神的にも身体的にもよくありません。オートファジーに影響がなく、心身ともに健康でいるために、16時間ダイエット中に食べてもよい食事とポイントをご紹介します。

ポイント①生野菜は200kcalまでなら食べてもOK

オートファジー中は、「糖質をあげない」という点がポイントとなります。ですので、低糖質でビタミンやミネラル、水分を補給できる生野菜は食べてもOKとなります。とは言え、ドカ食いして満腹状態になってしまってはオートファジー状態とはらないため、200kcal程度におさえましょう。

 

ポイント②生野菜や果物で作ったスムージーなどもOK

生野菜で作ったスムージーも少量であればオートファジーに適した飲み物です。甘味を加えたい時は、甘さを感じやすい果物やはちみつをプラスしてみてください。生野菜や果物を砕いて作るスムージーは生きた酵素もたっぷりとれるので、相乗効果となるでしょう。

スムージーのカロリーは意外と低く、市販されているスムージーでも1パックあたり100kcalいかない程度です。朝食や深夜小腹が空いた時に飲めば、満腹感・満足感が得られます。自宅で手作りする際は、なるべく新鮮なものを使い、酵素の量をあげたい場合は有機栽培されたお野菜が適しています。

ポイント③生野菜以外にもナッツやヨーグルトは食べて良い

生野菜以外にも、ナッツやヨーグルトはオートファジー中でも食べて構いません。糖質をあげないのがポイントとなるため、ヨーグルトは甘味がついたものではなく無糖タイプを選び、酸味で食べづらい時は少量のはちみつを加えて食べるようにしましょう。

ナッツには良質な油が含まれており、肌の乾燥予防やアンチエイジングにも効果的。よく噛まなければいけないので満腹感もあり、食物繊維が豊富なため腸内環境の改善や腹持ちも抜群です。ただし、いくら良質とは言え油を多く含むため食べ過ぎには注意してください。目安としては片手いっぱい分までです。他に、野菜スティックやスムージーなどを食べる予定があれば、量を調整するようにしてくださいね。

オートファジーの効果をアップするライフスタイルのコツ

最後に、オートファジーの効果をアップするライフスタイルのコツをご紹介します。16時間ダイエットを加速させたいという方は、ぜひ参考にしてください。

コツ①栄養バランスを考えた食事をとる

オートファジー外の食事、つまり、16時間ダイエット中以外は何を食べても良いのですが、普段の食生活から栄養バランスを考えた食事をとれば、その分体の体に変化は出やすいものです。

日本人の食生活はタンパク質が不足しがちと言われているため、毎食タンパク質を食べることを意識するだけでも変化が出やすいでしょう。

コツ②運動をとりいれる

必要以上のエネルギーをとっていると、脂肪として体に蓄積されていきます。

蓄えられた脂肪の燃焼には、時間をかけて行う運動「有酸素運動」がオススメ。ウォーキングやヨガなどは効果的です。散歩する習慣をつける・睡眠前にリラックスヨガを取り入れると、自律神経も整います。

コツ③生活リズムを整える

16時間ダイエットを成功させるコツは、生活リズムを整えることです。リモートワークが増えた今、16時間ダイエットやオートファジーはうんと取り入れやすくなりました。起床時間や睡眠時間、食事の時間を決めておき、生活リズムがなるべく乱れないように整えてみましょう。生活リズムが整えば、仕事や家事の生産性も向上します。

オートファジー中に生野菜はOK!無理のないダイエット計画を

オートファジー中の生野菜は、ドカ食いしなければOKです。無理のないダイエット計画をたてて、ダイエットや不調の改善を目指していきましょう。

栄養の偏りが気になる方は、サプリメントでの補給もオススメです。エトスでは国内で栽培された有機野菜・有機果物だけを使った酵素サプリメントを自社開発しました。有機にこだわるエトスならでは酵素サプリで、調子の良さを体感してみてください。オンラインストアとエトス店内で販売しています。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]