酵素で風邪を予防できる?免疫力と酵素の関係とオススメ食材

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

回は、「酵素と風邪」について深堀りしていきます。秋から冬への移り変わるこの季節、体調が優れないという方も多いのではないでしょうか?冬本番に向けて風邪にかかりにくい体を作るため、免疫力と酵素の関係にフォーカスをあてて、酵素の役割や、おすすめの食事内容をご紹介します。

ぜひ参考にご覧ください。

酵素で風邪を予防できる?免疫力と酵素の関係

風邪をひいてしまう原因の1つが、免疫力の低下です。免疫力とは、免疫細胞の活動力であり、免疫細胞のおよそ70%は腸の中に存在しています。つまり、風邪などのウィルスや細菌に強い体を作るには、日頃から腸内環境を整えておくことが重要なのです。

腸は、消化・吸収を担当している部分ですね。

腸内環境が乱れていると、免疫細胞が活動しにくいだけでなく、栄養素を体に送ることにも支障をきたしてしまうため、免疫力の低下だけでなく、肌荒れや湿疹、頭痛、疲労など、原因がよくわからない体調不良に悩まされることになります。

消化・吸収のスターターとなる栄養素が「酵素」というタンパク質です。ある成分を分解したり、分解して血液中に送るための新たな成分を作り出すための”きっかけ”となるのが酵素で、酵素がなければ私たちは生命を維持することができません。

酵素は体内酵素と食物酵素に分けられ、体内酵素は文字通り体内で産生される酵素で、さらに「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分類されます。食物酵素はこれら体内酵素の働きをサポートする働きを持ちます。

体内酵素は加齢やストレスといったさまざまな環境の変化で産生される量が徐々に少なくなっていくため、食物酵素で足りない酵素を補っていく必要があり、そこで注目されているのが、酵素を豊富に含む生の食材や発酵食品です。

これらの食材には体内酵素の働きをサポートする食物酵素を含むだけでなく、腸内環境を正常化する乳酸菌なども多く含まれるので、免疫細胞が働きやすい環境づくりにピッタリなんです。

風邪の予防・ひき始めにオススメ!酵素たっぷり食材

風邪の予防やひき始めにオススメの、酵素たっぷり食材をご紹介します。

納豆

納豆は植物性タンパク質を豊富に含む大豆に納豆菌を加えて発酵させた加工品です。胃液に強く、成分が生きた状態で腸内までに届くという特徴を持ちます。

納豆には、ナットウキナーゼと呼ばれる特有の酵素を持つ他、便を正常に排出するために働く不溶性食物繊維や新陳代謝を促す亜鉛、抗酸化作用のある大豆イソフラボンが含まれています。

また、免疫細胞の働きを活発化するサポニンという成分も含まれているため、風邪予防・風邪のひき始めにピッタリな食材なんですよ。

味噌汁や味噌味の食べ物

納豆と同じく大豆からできている味噌は、納豆菌ではなく麹菌で発酵させています。

味噌汁にすれば、野菜や海藻などをたっぷりとることができる上、調理も大変簡単。風邪予防や風邪のひき始めに特におすすめなのが、免疫細胞を活発化させるキノコ類や抗酸化作用があるにんじん、ビタミンや食物繊維が豊富な根菜類や海藻です。

キムチ

白菜などの野菜を唐辛子やにんにくなどに漬け込んだキムチは、乳酸菌によって発酵が進みます。キムチは酵素+乳酸菌が豊富な食材ですので、風邪予防やひき始めにピッタリなんです(のどやお腹の調子が悪い時はお控えください)。

そもそもの食材や野菜ですので、野菜それぞれが持つ栄養素もたっぷりとれるのも魅力です。白菜の他にも大根やきゅうり、長芋など、さまざまなバリエーションのキムチがあれば毎日飽きずに食べられる他、これから寒くなるシーズンですので、唐辛子に含まれるカプサイシンが体温をあげてポカポカと血流の良い体にしてくれます。

ぬか漬け

日本の代表的な加工品「ぬか漬け」も、風邪予防・風邪のひき始めに食べたい食材です。

きゅうりなどの野菜をぬかに漬け、乳酸菌で発酵させるぬか漬け。腸内環境を改善して免疫力アップにつながる乳酸菌の他、火を通していないことで生きた酵素が含まれています。

胃酸に強い特徴を持つため、栄養素が生きたまま腸に届きやすく、野菜が持つビタミン類は免疫細胞の活性化にも一役買います。

ヨーグルト

発酵食品の代表格の1つ、ヨーグルトにも乳酸菌と酵素が豊富に含まれています。ヨーグルトは腸内で有用菌を増やす働きがあり、腸内環境を正常にするだけでなく、腸や免疫細胞の活動を促す働きも持ちます。風邪予防・風邪のひき始めに嬉しいだけでなく、アレルギー症状の緩和にも効果があると話題になっています。

チーズ

チーズは、乳酸菌や酵素によって発酵・凝固させた加工品です。タンパク質や脂質、ビタミン類も含むため、できれば毎日のルーティンとして食べたい食材です。

また、免疫細胞が正常に活動するには、酵素や乳酸菌だけでなく、カルシウムも重要な働きを担います。子供の頃は、給食で毎日牛乳を飲んでいた方も多いと思いますが、大人になって牛乳を飲む機会がめっきり減っていませんか?コーヒーに少し入れる程度…であればカルシウムが不足している可能もあります。チーズであれば、お酒のおつまみやおやつ感覚に気軽に食べることができるので、ぜひ毎日の食事習慣にプラスしてみましょう。

甘酒

寒い季節になると飲みたくなる甘酒は、お米と水に米麹を混ぜて発酵させた発酵食品です。酵素の他にも、食べ物でしか補うことのできない必須アミノ酸が9種類も含まれており、「飲む点滴」とも呼ばれています。

甘酒も胃酸などの強い性質を持つため、栄養素が壊れずに腸内に届きやすく、腸内では有用菌の増加や整腸作用も促します。

【まとめ】酵素の力で風邪に負けない体づくりを目指そう

酵素と免疫力の関係、風邪予防・風邪のひき始めに食べたい酵素食材についてご紹介しました。

ぬか漬けや甘酒、お味噌汁など、日本人が古来から食べていた食材は、今の時代のように医療や食生活が進歩していない時代にとって「薬」のような存在で、生きる知恵だったのかもしれません。キムチやチーズなども同じことが言えますね。

いわゆるインスタ映え・Youtube映えするような見た目も味もインパクトのある食事についつい目が行きがちですが、古くから愛されている酵素たっぷりの食事で風邪予防してみませんか?

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]