食物酵素で肌荒れを解消!食べてキレイを目指すインナーケア

  • 2022年8月27日
  • 2022年9月4日
  • BEAUTY, FOOD
  • 66view
カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

今回は、食べて体の中から肌荒れを解消するインナーケアについてお話します。

洗顔や保湿・美容液、美顔器などのケアを頑張っているにも関わらず、肌荒れが一向によくならないのは、肌そのものを作り出す機能が低下しているせいかもしれません。ぜひ、最後までお読みください。

酵素不足が影響する肌荒れとは?

吹き出物やニキビ、毛穴の目立ち、かゆみ、乾燥・皮剥け・粉ふき、くすみなどの肌荒れで悩んでいる方は、代謝機能を向上していく必要があります。代謝というのは、酵素というタンパク質が起因となって働き始めるため、代謝が低下するのは酵素が不足している可能性が考えられるのです。

①吹き出物(ニキビ)
②毛穴の目立ち
③かゆみ
④乾燥・皮剥け・粉ふき
⑤くすみ

酵素が不足するとお肌や体内ではどのようなことが起きているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

①吹き出物(ニキビ)

吹き出物やニキビの原因は、皮脂分泌のコントロール機能が乱れです。コントロール機能が乱れることで皮脂が過剰に分泌し、吹き出物やニキビができやすい脂っぽい肌質になるのです。

そして、皮脂分泌のコントロール機能が乱れる要因の一つが代謝の低下によるもので、代謝の低下とは代謝酵素の働きが低下している状態を意味します。

代謝酵素の働きが低下する以外にも、冷えやホルモンバランスの乱れが吹き出物やニキビが発生する要因にもなっているため、代謝酵素の働き活性化・冷え対策・規則正しい生活などを送ることで解消・改善が期待できます。

②毛穴の目立ち

鼻のポツポツや頬の毛穴が気になるのは、肌の新陳代謝が乱れている可能性があります。

毛穴が目立つ主な要因は角栓で、角栓は代謝の乱れによって過剰に分泌した皮脂が、毛穴の中にある汚れと混ざり合って発生します。角栓が毛穴に詰まると、鼻のポツポツや頬の毛穴開きといった毛穴の目立ちにつながるのです。

肌の上にある汚れとは、空気中にまうホコリなどの他、毛穴から排出される体内の老廃物も該当します。体内の老廃物を排出する機能も代謝の1つですが、代謝が低下していると老廃物排出の機能も低下し、本来であれば剥がれおちていくはずの古い角質が取り除かれないまま毛穴の中に残ってしまいます。

つまり、代謝の乱れは皮脂を過剰に分泌させる要因となるだけでなく、体内の老廃物を排出できず汚れとなって毛穴に残ってしまうという負の連鎖が続いてしまうのです。

③かゆみ

かゆみの原因の一つにも、代謝の乱れが影響しています。かゆいからといって肌をかきむしってしまうと、表皮が傷つくだけでなく、かゆみの原因である神経ペプチドが発生する要因となり、もっとかゆくなってしまいます。

かゆみは乾燥によっても引き起こるため、新陳代謝をあげつつ、保湿ケアも行ってくださいね。

④乾燥・皮剥け・粉ふき

肌の乾燥や乾燥による皮剥け・粉ふきも、新陳代謝の乱れが考えられます。

通常、肌の代謝=ターンオーバーは、約28日周期で行われます。肌が乾燥する原因は、肌の角質層の機能が低下していることによるものです。角質は、皮脂・角質細胞間脂質・天然保湿因子によって水分量が維持されているのですが、肌のターンオーバーが乱れることによって通常の周期よりも早い段階で皮膚が剥がれてしまうため、水分を維持する働きがきちんと機能しなくなってしまうのです。

さらに、まだ完成しきっていない皮膚が表面に出てしまうことも、乾燥肌となる要因の一つですので、代謝を正常に戻してあげることが重要です。

⑤くすみ

肌のくすみにはいくつか種類があります。乾燥によってできた影によってくすんで見えるもの、メラニン色素の排出がうまくいかず色素が沈着することによってくすんで見えるものが多く見られる肌のくすみです。いずれも代謝の乱れが原因ですので、代謝機能を上げることで解消される可能性があるでしょう。

洗顔のしすぎや湿度の低下、紫外線、摩擦などによってもくすみが起こりますので、室内の環境や肌のお手入れにも気をつけるようにしてください。

食物酵素の役割と取り方

肌荒れを解消する=代謝効率を上げるために意識してとりたいのが食物酵素です。

「酵素は食べても補給できないと聞いたけど?」

「食物酵素の取り方は?」

という疑問を持たれている方も多いかと思いますので、酵素や食物酵素の役割、食物酵素の取り入れ方についてご紹介します。

酵素とは?

酵素は、私たちの体の中で起こるさまざまな化学反応をおこすきっかけとなるタンパク質です。

酵素には、「消化酵素」「代謝酵素」という体の中で作られる酵素と、食べたものから得られる「食物酵素」の3種類にわけられ、消化酵素は食べたものを消化する働きを、代謝酵素は古くなった細胞を新しい細胞に変える代謝の働きを、そして、食物酵素はこれらの体内酵素をサポートする働きがあります。

体内酵素は加齢やストレスなどの影響で生成される量が減少していき、消化や代謝の働きが低下する原因となります。体内で生成される量には限りがあるため、食物酵素で補っていくのが大切だとわかりますね。

食べる酵素「食物酵素」とは?

食べて取り入れる食物酵素は、体内酵素の働きをサポートするだけでなく、体内酵素の節約にも役立ちます。

食物酵素は食べ物の多くに含まれますが、加熱によって働きが低下する可能性があるので、生や非加熱の状態で食べなければなりません。

食物酵素の取り方

食物酵素は、新鮮な生の野菜や果物、肉、魚、発酵食品に多く含まれます。そのため、次のような食べ方がおすすめです。

・新鮮な野菜や果物を生のままで食べる
・新鮮な魚を刺身やお寿司で食べる
・発酵食品を食べる

毎日これらの食材を食べるのが難しいという方は、食物酵素が手軽にとれる酵素サプリメントも活用できます。最近は、飲みやすさを重視したドリンクタイプやビタミン類などの栄養素も一緒にとれるタイプなどもあるので、手元にあると心強いです。

エトスでは日本国内で栽培された有機野菜・果物のみを使用した、糖類・添加物を一切使用せずに酵素エキスを凝縮したタブレットタイプのオーガニックサプリメントを自社開発しました。ぜひお試しくださいね。

【まとめ】肌荒れは酵素不足のサインかも?酵素ライフを始めよう

丁寧なスキンケアをしても解消されない肌荒れは、酵素不足のサインかもしれません。

食物酵素を取り入れて体の中から肌をケアするインナーケアで、悩みのない健やかな肌を目指していきましょう。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]