ビーガンとハラールの違いは?食べられる物・食べられない物を解説

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

最近耳にする機会が多くなった「ビーガン」と、ビーガンと似たような食事制限のある「ハラール」という食生活スタイルがあります。

今回は、ビーガンとハラールの生い立ちや概要を紹介するとともに、ビーガンで食べて良いもの・いけないもの、ハラールで食べて良いもの・食べてはいけないものについて詳しく解説します。

ビーガンとハラールの違いについて紐解いていきましょう。

ビーガンとは完全菜食主義者

ビーガン「vegan」とは、ベジタリアン「vegetarian」が省略された造語で、1944年にイギリスで生まれました。つまり、ビーガンはベジタリアンの一種ということです。

ちなみにベジタリアンは野菜「vegetable」が語源だと思われがちですが、ラテン語で“健全な”という意味を持つ「vegetus」が由来となっています。

ビーガンは動物愛護の精神に基づき、動物性食品を一切口にしないライフスタイルを持つ人のことを言います。動物を育てるには大量の飼料を必要とし、動物が消化する際に発生するオナラとゲップには多量のメタンガスが含まれています。中でも牛から発生するメタンガスは地球上の交通インフラから発せられるそれより多いとされており、地球規模で問題視されているのです。

また、動物に食べさせる飼料を確保するために、人間の食糧危機に陥っている国や地域もあるほどです。ビーガンは動物保護だけでなく、地球環境や飢餓問題の解決にもつながるのです。

ビーガンを始める理由は幅広く、ビーガンのモットーである動物愛護や地球保護、飢餓問題の解決に関心を持つ人々だけでなく、体質改善や宗教上の理由、ライフスタイルへの憧れといった理由でビーガンになるケースも増えています。

ビーガンが食べて良いもの

ビーガンは、動物由来の食べ物を口にしないため、すべて植物由来である必要があります。

【ビーガンが食べて良いもの一例】

  • 野菜・果物
  • 米・穀物類
  • ナッツ類
  • 大豆及び大豆加工品
  • 海藻類
  • こんにゃく及び蒟蒻芋加工品
  • 小麦粉加工品

味噌や砂糖、醤油、酢、塩などの調味料も植物由来ですし、私たち日本人が主食として食べているお米や、小麦粉からできたうどんやラーメンなども植物由来です。植物油もその名の通り植物性の油ですので、炒め物や揚げ物も食べられます。

厳しいイメージのあるビーガン食ですが、実は食べられるものはとても多いことがわかりますね。また、最近では植物由来のタンパク源として大豆ミートや昆虫食なども話題です。

ビーガンが食べてはいけないもの

ビーガンのライフスタイルで難しい点は、調理に出汁が使用できないことです。鰹やにぼしなどの魚類はもちろん、豚や鶏も使えません。また、卵や牛乳などの乳製品を使用できないため、お菓子を選ぶ際も注意を払う必要があります

【ビーガンが食べてはいけないもの一例】

  • 肉(牛・豚・鶏など)
  • 蜂蜜

動物由来の食材を使用していないように見えるドレッシングにも調理工程の中で動物性食品を使用しているものがあったり、コンソメや出汁で味をつけているスープもNGです。

小麦粉由来のパスタも卵を使用している場合がありますし、炒め物の油もラードを使用している場合があるため、特に外食時は都度確認しなければならないでしょう。

ハラールとはイスラム教の食生活スタイル

ハラールはアラビア語で「許されている」という意味で、「ハラールフード」はイスラム教で「許されている食事」のことを指します。イスラム教には生活全てにおいて厳しい戒律があり、食生活にも食べて良いものと食べてはいけないものが事細かに決められているのです。

具体的に食べてはいけないものは後ほどご紹介しますが、ハラールの規律は次のモットーを重んじています。

  • 清潔であること
  • 安全であること
  • 高品質であること
  • 高栄養価であること
  • 健康的であること

これらに基づいた厳密なルールがあり、それを証明するために「ハラール認証」と呼ばれる認証システムが導入されています

ハラール認証は、イスラム教の教えと食品科学の双方からハラールフードであると保証する制度で、1970頃からスタートしました。イスラム教徒が外食する際、ハラールの規律を守っているかどうか知るのは困難です。

そこで、ハラール認証を受けているレストランかどうかという点は、イスラム教徒にとって店や食品を選ぶ際の大事な指標となっているのです。

ハラールで食べて良いもの

ハラールで食べても良いものは、ハラールで禁じられていない食材となります。基本的にはベジタリアンやビーガンが口にする食材はOKです。

【ハラールで食べて良いもの一例】

  • 野菜・果物
  • 米・穀物類
  • 魚介類
  • 卵・乳製品
  • 豚以外の肉類

動物由来の食材を一切口にしないビーガンに対し、ハラールは適切に処理さえしていれば豚以外の動物及び動物由来の食材を食べても良いとされています。中には、うなぎやアンコウのような鱗のない魚は食べない人・生魚は食べない人もいますが、その人の価値観に委ねられているようです。

栄養素が偏りがちなビーガンに比べて、タンパク質やビタミン類もしっかり食べることができます。

ハラールで食べてはいけないもの

ハラールには厳密なルールがあるのですが、全面的に禁止されているのが豚肉とアルコールです。

【ハラールで食べてはいけないもの一例】

  • 豚肉
  • アルコール

豚肉そのもの・アルコールそのものだけでなく、調理過程で豚肉やアルコールを使用しているもの、豚肉やアルコールが含まれる飼料で育った豚以外の家畜や農産物、豚肉やアルコールの運搬・保管に使用している冷蔵庫やコンテナを使用した食材など、豚肉とアルコールに直接的・間接的に関与するものは一切禁止されています。

豚肉の加工も行っている食品工場で作られた加工品はアウトですし、「隠し味に豚の背脂を使っています」といった飲食店ももちろんダメです。

ネット通販や食材の宅配においても、豚肉やアルコールに関与する物販と一緒のトラックで運搬されたものは規律違反ですし、海外からの輸入方法にも細心の注意を払う必要があります。そのため、直接農家さんから仕入れるか、ハラール専用の物流システムを利用しなければなりません。

(例)日本通運のハラール物流

くわえて、豚由来の成分・アルコール成分を使用した化粧品や医薬品の使用も禁じられています。化粧品でよく使用されているエタノールはアルコールのことですので、アルコールフリーを選ぶ必要があります。

【まとめ】ビーガンとハラールの違いは生き方そのもの

ビーガンには動物愛護や環境保護という目的があり、ハラールにはイスラム教の教えを守るという目的があり、生き方そのものに違いがあるとわかりました。

日本国内ではハラール認証を受けた飲食店は非常に少ないため、ビーガンを重んじる飲食店であれば安心して食を楽しめるかと思います。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]