酵素は食べ物で補える?食物酵素の役割とおすすめの食べ物を紹介

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]

こんにちは。

今回は、体内の酵素は食べ物で補えるのか?というテーマについてお話します。

食物酵素の持つ役割や、食物酵素を補える食べ物についてご紹介していますので、「健康・美容のために食生活を改善したい」「不摂生を改善したい」という方はぜひ参考にご覧ください。

酵素は食べ物で補える?食物酵素の役割

食物酵素とは食べ物に含まれている酵素で、酵素を食べ物で補うというのは食物酵素を取ることを意味します。

食物酵素を取り入れると体の中にある消化酵素を節約でき、代謝酵素の量を増やせます。また、代謝酵素の働きもサポートする役割も果たします。つまり、食物酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」2つの酵素の役割を担っているのです。

・体内の消化酵素を節約して代謝酵素の量を増やす
・体内の代謝酵素の働きをサポートする役割が食べ物に含まれている

消化酵素と代謝酵素の働きが鈍るとどのような影響があるのか、食物酵素を取ることがどう影響するのかをご紹介します。

体内の消化酵素を節約する

体内で作られる消化酵素には限りがあります。うどんやお粥は消化が良いと言われますが、反対に食物繊維が豊富な根菜類や天ぷらなどの揚げ物、ステーキやハンバーグなどの脂っこい食べ物は消化が悪く、このような食事を続けていると消化酵素の産生が追いつかず、消化不良を起こす原因となります。

消化不良が起きると、胸焼けや吐き気、食欲不振といった消化器症状だけでなく、ニキビや吹き出物、皮脂分泌の増加、肌の乾燥と痒みといった症状が出ることもあります。

普段から消化の悪い食べ物ばかりにならないよう気を付けることに加え、食物酵素を取り入れて体内の限りある消化酵素を節約すれば、上記のような消化不良による不調の改善につながり、消化吸収率もアップするので体が栄養で満たされます。さらに、消化酵素を節約すれば代謝担当にまわることができるので、代謝による不調改善にもリンクするのです。

代謝酵素の働きをサポートする

代謝とは古いものと新しいものとが入れ替わることで、代謝が悪いと体温が下がり、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。これは、冷え性や低体温の他、低血圧、肌荒れ、疲労、生理不順、便秘といった症状の原因になるとされています。

また、血流の悪化を改善させるため体が皮下脂肪を蓄え始めて体を温めようとするため、太りやすい体質になってしまうのです。

食物酵素には代謝酵素の働きをサポートする働きを持ちます。代謝がアップすると上記のような不調を軽減できるだけでなく、何をしなくても消費するカロリーが増えるため、太りにくい体質を目指せます。

食物酵素をたっぷり補える食事

酵素は熱に弱いため、加熱調理した食べ物では食物酵素が働きません。食物酵素を効率よく取るには、生野菜や果物、発酵食品、酵素補助食品などがおすすめです。

生野菜・果物

食物酵素はおよそ60℃の熱を加え続けると死滅します。食物酵素を意識して野菜や果物を食べる際には、サラダなどにして生のまま食べることがのぞましいです。食物酵素は細胞が破壊してはじめて働き出しますので、スムージーやすりおろすことで酵素の量が約2〜3倍にアップしますし、消化酵素の節約にもつながります。それに、胃にも優しいと言えますね。

血流の改善を促すには、体を温める香辛料と一緒に食べるとより効果的です。生姜やねぎ、胡椒、唐辛子、山椒、にんにくなどは、サラダのトッピングとしても味のアクセントになりおすすめです。

発酵食品

発酵食品には食物酵素が豊富に含まれる他に、腸内フローラの環境を整える働きも持ちます。発酵食品に含まれている微生物は腸内で食べたものを分解・発酵する働きをしているのですが、これらの働きの中で新しい酵素が産生されたり、微生物自体が健康に良い影響を与えるものが多いのです。また、体内で食べ物が発酵すると栄養の吸収率がアップするとされています。

さらに、発酵食品には生きた菌も豊富も含まれており、腸内に住んでいる善玉菌の働きをサポートしたり、腸内環境を改善したりといった効果も得られます。

酵素補助食品

酵素を補助する栄養補助食品、いわゆるサプリメントを利用すれば効率的に食物酵素を補うことができます。

酵素サプリメントのメリットは、こだわりの原材料・徹底した管理下での製造を行っているため、時間が経って腐りかけている生野菜や果物を食べるより、安心して質の良い酵素が得られる可能性もある点です。

酵素サプリメントのタイプは「タブレットタイプ」「ドリンクタイプ」「ペーストタイプ」の3つが主流です。いずれも、生野菜や発酵食品を毎日食べ続けるより続けやすく、意外とコストも削減できます。

酵素サプリメントを選ぶ際の注意点としては、飲みやすくするために糖類を添加していないか、という部分です。ダイエットしようと食物酵素を意識した食生活を送っていても、こういった見えない糖類を取っていると効果が得られにくいでしょう。酵素サプリメントを購入する際は、原材料や製造方法をしっかり確認しておいてくださいね。

【まとめ】食べ物で食物酵素を補い体内酵素をサポートしよう

食物酵素は食べ物で取り入れられる酵素で、体内酵素の働きをサポートする働きがあるとわかりました。生野菜や果物、発酵食品といった食物酵素が豊富に含まれる食べ物をルーティン化しつつ、「今日は食事する時間が取れなかったな…」という日は酵素サプリメントで補うなど、臨機応変に酵素ライフを楽しんでみてくださいね。

エトスでも、新鮮な有機農産物から抽出した酵素をタブレット化した酵素サプリメントを自社開発しています。原材料である有機野菜や果物と加工後のタブレットの両方で有機JAS認証マークを取得した、日本初の有機JAS認証酵素サプリメントです。添加物は一切使用せず、有機野菜・果物100%の酵素サプリメントですので、妊婦さんでも安心してお召し上がりいただけます。

カレンCBDオイル KAREN -[カレン]